スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ麦パンの焼き方

01 27, 2010
もともと、パンを焼こうと思ったきっかけは、アメリカに来て美味しいパンが手に入らなくなったことが一番の理由でした。

東京に居たとき、駅から1分のマンションに住んでいて、その間に小さいけれども、美味しくて焼きたてのパンを売っているパン屋さんがあり、毎日立ち寄るのが日課でした。街に出かけても、街角ごとにパン屋さんがあり、たいてい、ちょっとコーヒーを飲めるスペースもあったりするのですから、もし、今も同じ環境にあれば、パンを焼かないような気がします。フランス在住の方が、パン屋さんのパンが美味しすぎて、家で焼く人が少ないと書いておられるのを目にしました。

もう一つのきっかけは、チェコを初めて訪れたとき、朝焼きたてのライ麦パンを食べて、その美味しさに感動し、これも手に入らないので、焼いてみたいと思ったことでした。

フランスやドイツに比べると、チェコのパンはそれほど優秀ではないと聞きますが、それでもやっぱりパン食の国ですね。

Rye Bread by PhotoScape3


最新の作品、そして今までで最高の出来だった、サワー種ライ麦パンです。
続きでは、このパンを焼くコツについて。

続きを読む »

スポンサーサイト

いちごアイスクリームとシャーベット

12 21, 2009
零下でアイスクリーム食べてます♪

さて、この季節、ブログもクリスマスの記事で華やか。
しかし、ワタクシ、書こうにもネタがないのです。車のみが列をなす“道路”はあっても、人ごみで賑わいを見せる“通り”もなければ、クリスマスツリーが飾られた広場などあるはずもなし。病院か学校にでも行けば、貧しい子供達からの“クリスマスプレゼント依頼”がぶら下がったツリーがあることでしょう。七夕の笹を思い出します。

去年、彼は、その毎年恒例のクリスマスプレゼント寄付に参加して、新品のブリーフを準備してあげていました。新品のブリーフをクリスマスプレゼントに希望する子供って。。。考えるだけでも身につまされます(涙)。まあ、ネブラスカには1日ご飯が食べられない子供が8万人いるらしいですから。1日の食事が卵一個とかね。この極寒の中、自分の職場に、サンダルしか履くものがない子供がいるといって、クラスメイトが子供の古着を寄付して欲しいとビラを配っておりました。

ますますクリスマスシーズンにそぐわない話題から始まってしまいマシタ。

さて、本題は冷凍いちごとブルーベリーの消費作戦第三弾。
ちなみに、今回ですっかりやる気を失い、今は、ブルーベリーもぐもぐそのまま食べてます。
一番美味しい(笑)。ブルーベリーって冷凍向きです。

マフィンから始まった一連のお菓子作りで、砂糖のジャーが空に(汗)。

blog20091220 (17)blog20091220 (17)blog20091220 (17)blog20091220 (17)

最後は、以前から作ってみたかった、手作りアイスクリームとシャーベット。
山本麗子さんの「101の幸福なレシピ」から。

続きを読む »

パンと折込シート編

12 18, 2009
今日は寒さが緩んで、なんと久しぶりの零下脱出。1度です(涙)。

さて、冷凍いちご&ブルーベリー消費作戦第二弾としては、Ziggyさんの記事で拝見して以来、いつか試したいと思い続けていた、いちごの折込シートパン(かなり以前ですよね、Ziggyさん・汗)。

話はそれますが、パンを焼こうと、パンのレシピサイトを見ていて、たまたま知った驚愕の事実。
私のしばしばの失敗原因はサラダ油にあることに気がついたのです。
そう、バターの代替を心がける私としては、油脂なら何でも良いのかと、時折サラダ油を使っていました。サラダ油(要するに液状の油脂)はパンが膨らむのを邪魔するのだとか!かえって何も使わないほうが膨らむそうです!だからソフト系のパンほど失敗が多かったわけですね。こんな失敗をするのは私ぐらいでしょう。

今回はもちろんバターを使って日本の菓子パンに負けないしっとりふわふわなパンが久しぶりに焼けました。
感激(涙)。見た目もなかなか。

blog20091213 (12)


発酵中♪焼成できれいにボリュウムアップ。

blog20091213 (6)

と、このあたりまでは、一人、悦に入っていたのですが、

続きを読む »

パン考察 All Purpose Flour

12 06, 2009
アメリカにはAll Purpose Flourという小麦粉があり、強力粉と薄力粉の中間に位置するという説明をよく目にします。Bread Flourというパン用小麦粉も別にありますが、アメリカのイーストパンのレシピを見ていると、このAll Purpose粉を使ったものも目にします。

セールの時につい買い込んでしまったAll Purpose粉がたくさんあるので、これでパンが焼けるのだろうかと思って何度か試してみました。手作り風バケット類なら何とかそれらしくなるのですが、ふんわり系のロールやブレッドとなると“苦しいけど頑張ってグルテン膜張ってみました~”という小麦粉の声が聞こえてきそうな出来上がりです。

近所のスーパーで格安になることがあるのはたいていBreach(漂白)されたAll Purpose粉。まとめ買いしたのは確か5LB(約2.3kg)で98セント。お菓子を大量に焼くわけではないのに、小麦粉なら何でも同じだと思って同居人が買い込んだのです。

私がいつも使っている強力粉(左)とたくさん買ってしまったAll Purpose粉。
Gold MedalのBread Flourを使う理由は単に一番安いからです。他のブランドも試してみるべきか。。。

blog 20091206 (4)

続きを読む »

Muffine? Pancake? Crape?

12 02, 2009
ここのところパンを焼く時間が取れなかったので、Whole Wheat(全粒粉)が消費できずだんだん古くなってきてしまいました。

何とか消費するため週末の朝食にパンケーキでも焼こうかと考えていて、またまたフランス在住の方のウェブサイトからヒントが。クレープって朝食用ではないのかもしれないけど最近のお気に入りです。ジャム類が消費できるのも良し。

DSC_0020.jpg

一時期アメリカンマフィンとパンケーキをマスターしようとせっせと作っていた時期があるんですが、実は両方ともそれほど好きじゃない。もともとは彼が近所のスーパーの甘ーいマフィンをしょっちゅう買ってくるので、そんなに好きなら少しでも体に良いものをと思ってレシピを色々と試し始めたのです。

ところが、悲しいことに彼は私のマフィンやパンケーキには見向きもしません。
スーパーの甘い、得体の知れない(?)油脂類でしーっとりしたマフィンがお好みのようです。

そこで、仕方なく自分で消費していたらしっかり体重増加につながりました。
でも、彼は私のマフィンやパンケーキに攻撃に嫌気がさしたのか理由は不明ですが、ぱったりマフィン類を買うのを止めてしまったので良いのですが。

ちなみに今使っているWhole WheatはHodgson Millというブランドのものなのですが、粒子が粗いというか固いというか使いずらいんです(涙)。パッケージにあったレシピでクッキーを焼いてみたら食感的に苦しいものがありました。パンケーキにも使ってみましたが。。。マズかった(涙)。きっと好みと用途だと思うんですが、他ブランドのものが美味しかったです。不思議とクレープはOKです。多分薄まるからでしょう。

コスコで25パウンド(だったと思う)で7ドルほどのBread Flour(パン用強力粉)を見かけました。小麦粉安いですねー。パンを焼くためにBread Machine(ホームベーカリー)かスタンドミキサーかフードプロセッサーが欲しいとは思っているんですが、残念ながらキッチンに置く場所がないんですよね。同僚の一人(男子・独身暦長し)はいつもThirft Store(町のあちこちにあるセカンドハンドショップ)で5ドルぐらいの中古のBread Machineを買って自分でパンを焼いているそう。「手軽だし美味しいし、スーパーのパンはずっと買ってないよ。」と言っています。5ドルなら試してみても良いかなぁ。
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。