スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブアメリカンって?

01 31, 2008
インディアンという呼称は今は正しくないとされていて、彼らはネイティブアメリカンと呼ばれています。

全米の各地に保護居住区があり、一部カジノなどを運営して繁栄している場合もあるようですが、少なくとも私が訪れた、ネブラスカ州内の保護居住区は良い状態ではありませんでした。

州内の小さな街も、人口が100人にも満たない所がたくさんあり、開拓時代を彷彿とさせるような質素な雰囲気が残っていたりしますが、保護居住区の雰囲気は違います。

語弊があるかもしれませんが、突然最貧国へ足を踏み入れたかのようでした。人気がなく生気がなくそして停滞感がありました。

彼らの歴史がどのようなものだったのかは、教科書で習ったくらいの知識しかありませんでしたが、ここで初めて知って驚いた事があります。それは、彼らの多くがいまだに保護居住区という限られた場所で生活しているという事です。もちろん隔離ではないので、好きな街に住んでよいわけですが、文化や考え方の違いから、外の世界に馴染めない場合が多いと聞きました。

また、貧困はもちろんアルコール依存率と自殺率が高く大きな問題になっています。小さなコミュニティの中で仕事があるはずもなく閉塞感と無力感が大きいと聞きました。

授業で見たビデオで取り上げられていたのは、胎児性アルコール症候群の少女でした。妊娠中にアルコールを多量に摂取すると、胎児性アルコール症候群(顔に特有の変形が表れます)の子供が生まれるとの事ですが、その症状を持つ子供が、10代になり、自分も同じ症状を持つ子供を産んでしまいます。知識がないのです。教育が不十分だからです。

冬は-20度近くにもなるアメリカ大陸で独自に生活を築いてきた彼らは素晴らしい民族だと思います。なのに現代において私たちの住んでいる断熱効果の優れた暖かい家と保護居住区の粗末な家の差は何を意味するのでしょうか。冷え切った地中から伝わる冷気で融けない雪に覆われた平原に建つ家を見て身震いしました。
スポンサーサイト
Posted in アメリカな話

銃事件その他

01 29, 2008
アメリカ在住の日本人の方ならご存じだと思いますが、銃事件は身近にあります。
寝る前に住んでいる街のローカル局のニュースを見ているのですが、近所でも時々発砲・殺傷事件はありますし、全米ネットや国際ニュースにならない銃事件は数え切れないほど発生しているのだと思います。

2、3日前にOmahaでおきた事件。19歳の青年がライフルで、ドライブスルーに寄っていた21歳の女性を射殺しました。発射は無差別で理由は不明です。マイケル・ムーアさんの映画でもとりあげられています、銃がこれほど簡単に入手できなければ、防げる事件も多いはずですよね。

以前に学校の授業のために、犯罪発生率の国際比較を見てみたことがあります。国連の統計資料をネットで参照したのですが、もちろんアメリカは犯罪発生率全般が先進国中トップクラスでしたし、興味を引かれたのが薬物関連の事件の多さでした。確か日本の25倍ぐらいだったと思います。うろ覚えなので、興味のある方は国連のサイトで確認してください。

なぜ興味を引かれたのかというと、銃と同じくなぜこんなに簡単に手に入るのだろう?
と単純に疑問に思ったからです。まあそれはなぜこの国では犯罪発生率が高いのかということと同じ理由かもしれません。薬物も簡単に手に入らなければ、使う人も減りますよね。

アメリカ人が言うところの「貧しい人=poor people」というカテゴリーに入る生活水準の人々は日本には非常に少ないと思います。授業の一環で、ネイティブアメリカン保護居住区を訪ねたことがあります。ここは本当にアメリカなの?となんとも言えない気持ちになりました。

ネイティブアメリカンの保護居住区については次回!
Posted in アメリカな話

アメリカのキッチン その2

01 27, 2008
知人のお宅はこの辺りでは平均的な作りで、キッチンも特に豪華というわけではなく、キッチン&ダイニングで8畳くらいです。4人以上のお客さんを呼んで食事をする時には隣のリビングを使います。でも、天井が高いせいか収納には余裕があるように感じます。

日本でも最近のシステムキッチンは引出し型収納が多いと思うのですが、彼女のキッチンの場合はこんな感じ。

四面を取り囲むキッチンのサブになる一角。

大理石だぞ

キャビネットを開けて。。するっと。日本の引出し式キャビネットのほうが一手間少なくないと思いませんか?

オーブン横のキャビネット

続きを読む »

Posted in 日々のこと

アメリカのキッチン その1

01 25, 2008
親しくしていただいているおば様がキッチンを改装されました。彼女のキッチンは居心地が良いです。キッチンテーブルは裏庭に面しているので開放感もあります。

彼女が新しく購入した、加熱用テーブル(ストーブと言います)が上に付いたオーブンです。ストーブとオーブンが一体型になっているのが一般的なデザインのようです。

オーブン

ストーブは一見IHのように見えますが違うらしいです。

「これはIHですか?」
「IHって何?これは★※?×よ。」

というやり取りを数回繰り返したあと、結局よく分からずあきらめましたが、あとでネットで調べたら、要するに熱源をガラス板の下に隠したタイプだったようです。この写真のように熱源がガラス板の下に隠れているものと、蚊取り線香のような形の熱線がむき出しになっているものがあります。後者のタイプは私のアパートに付いています。

単純と言えば単純な発想だけど、すごい思いつきと言えばすごい。。。力ずくっぽいところがアメリカらしい?!

オーブンは2段になっていて、彼女はここで、出来上がった料理を保温しておいたり、お皿を暖めたりもします。

次回は収納部分をご紹介します。

Posted in 日々のこと

鳥の家でランチ

01 23, 2008
日曜日は一番親しくしてもらっているおば様のお宅でランチをしました。
彼女は熱烈な野鳥愛好家なので、裏庭はよく整えられていて、野鳥のパラダイスと化しています。季節の鳥がやってくるので、野鳥愛好家にはたまらない場所のようです。

小鳥の種類は数え切れませんが、珍しいところだと、きつつき、鷹、ふくろうなども常連です。
エサにつられて集まるリスの数も半端ではありません。

キッチンの窓から一番近いエサにありついているリス。

リス

あなたは何匹見つけられますか?数えてみよう!

リス達

Posted in 日々のこと

アジア食品店の物色

01 19, 2008
金曜日の午後はアジア系食品店に行きました。たくさん欲しいものがあったのですが、野菜などは結局あまり買いませんでした。普通のアメリカンスーパーで買えない野菜があるのです。葉ものも高かったような。。。冬だからかもしれません。

最初は韓国系食品店。
納豆の素(ただのパック納豆です。私にとっては素)、キムチ用調味料などなど。お姉さんに教えてもらって、キムチの材料はすべてここで揃うことがわかりました。
不思議な事に、インド系の食材が急に増えていて、しかもお安い値段で入手できそうです。日本で入手するのは難しそうな、レアなものもありました。お米も、タイ米、韓国米、インド米と一通りあります。韓国米は玄米もありました。

そして、ご存知ですか?好きなんですよ、これ。日本より微妙に安いでしょうか。

辛ラーメン

次は一番良く行くベトナム系食品店。
なんと、ここでは生魚を扱っているのです!これは感動する事なのですよ。
この日はなんと「カニ」様まで見かけました。

しかし、魚の種類は日本にあるものとは違うし、なんだか大型魚が多いんですよね。。。
切り身じゃない魚を調理した事がない日本人の私と、生魚を買う事になれていない肉食君の二人は、でっかい1匹をどうしても買う勇気が出ないのです。日本のスーパーみたいにさばいてくれるサービスはないですし、どれもいやに大きいし、ベトナム語で名前言われても何の魚なのか想像もつきません。。。

肉食君はいやに鮮度にこだわります。

私としては今回は、鯖に似た中型の冷凍魚に挑戦する気満々だったのですが、恐怖心に満ち満ちた肉食君に拒絶されて、ずるずるとお店を後にしました。

でも、なんと初のはまぐりを入手!しっかりつかんで帰ってきたよ~。

貝

養殖されて、調理され、冷凍パックされているようです。
お値段は日本と変わらないと思うのだけど、アメリカの食材と比べると高価です。$2.99なり。

ところが、大きな落とし穴がありました。ご興味のある方は続きでどうぞ。

続きを読む »

Posted in 日々のこと

肉肉しいハム

01 18, 2008
時々買うのが、肉の塊の形をしたハムです(多分名前があったと思います。はい)。塩分がきいていて、半生っぽくって、煮たり焼いたりしてから食します。

今回の塊は多分3~4kgでした。

これをクロックポットに入れて、低温で一晩置くと、ポットはハムから出た肉汁で一杯になり、肉はとろとろになります。

分解したハム

そう、おいしいのです~~ 。もちろん、我が家の肉食獣さまの得意料理です。

クロックポットというのは、低温調理鍋です。
初めて彼の肉料理を見たときは、なんと便利な、おいしいな~と感心しましたが、料理を選ぶと思うので、日本に住んで居ると使用頻度が低いかもしれませんね。

初めの頃、ハムの違いがよく分かっていなかった私は、日本でよく目にするタイプのハムを一晩クロックポットに漬け込んで、ぶよぶよに水ぶくれした溺死体を作ってしまいました。

知人がネブラスカにハムの買い付けに来る日本人ビジネスマンの話をしていました。

続きを読む »

いよいよ寒くなってきた

01 17, 2008
「例年になく暖かい12月だなぁ。やっぱり地球温暖化の影響ってすごい。時期はずれの洪水まで起きてるし、怖い怖い。」と思っていたのですが、やはりやってきました極寒の世界。1月から3月までが一番寒さが厳しいとの事。そうだったかなぁ~。

今朝は朝から吹雪いていました。こんなとき気温はー17度。
最低気温ー17度には妥協するにしても、最高気温ー9度はやめて。。。(TT)
雪は粉砂糖みたいで、さらさらです。量は沢山降りませんが、一旦降ると解けません。
お日様が出るとピーカンになるところが日本とは違い、日差しは結構強く、顔なんかは熱く感じるぐらいです。
が、気温は上がらないので、解けた雪が氷になり、その上にまた雪が降り。。。
「きれいな雪~」などとうっかり踏み込むと転びます。

風が吹くと寒さは最高!見えますか?北海道の原野みたい。。
外に出るのはやめましょう。

吹雪

そして、お日様がでると、こんな感じ。でもー9度。

ぴか

こんな時、お日様が溶かした雪は、したたるも、風に吹かれて氷となりにけり。
ちょうどいい感じで凍ってますね~。

つららる木

Posted in 日々のこと

アメリカのビール

01 15, 2008
アメリカのビールと言えばバドワイザーとかクアーズぐらいしか知りませんでしたが、地元の地ビールらしきものや、小さなメーカーのビールには色々な味があり、ベルギービールにあるような白く濁ったタイプや甘みがある濃い目のビールなどもあり美味しいです。

アメリカのフレーバーコーヒーにこんなに種類があるとは知りませんでしたが、ビールもフレーバービールが色々とあるように思います。ハロウィーンの時には「パンプキンスパイス」フレーバー(←これはまずかった)が売られていました。

でも、濃い味のビールはあまり好まれないような気もします。クラスメイト6~7人で近くのパブに行ったとき、全員が全員「濃い味のビールは好きじゃない」と言って、バドワイザーの、しかもライトを頼んでいました。私には水みたいでした。

ウィスコンシン州シカゴ周辺のビール屋さん。ウィスコンシンはネブラスカより寒い。

ウィスコンシンのビール

ネイティブアメリカンのマーク入り

Sunset Wheat

Lime Gingers クッキー

01 14, 2008
Better Homes and Gardensという料理&生活雑誌があって、ホリデーシーズンに特集号が出ていたので、ついつい買ってしまいました。本編の方ではクリスマスや新年のパーティ料理を特集しているのですが、私の買ったのはクッキー特集号。毎年恒例で特集号を出すようで、見ているだけで楽しいです。カラフルにデコレーションされたクッキーはアメリカのクリスマスには欠かせないみたいです。

クッキー特集号

私自身はアイシング(デコレーションに使う糖衣)も好きじゃないし、土台になるシュガークッキー(と呼ばれる基本の白いクッキー)の味も口に合いません。

そこで、違うタイプのレシピを2つほど試してみました。一つは「う、だましたな~」という出来でしたが、もう一つのLime Gingersは美味しかったです。ライムの風味がとっても効いていて、初めてのテイストです。

Lime Gingers クッキー

アメリカでは御馴染みのBetty Crockerのクッキーミックスが広告ページに載っていて、まんまと惹かれて買ってみたのですが、これはどうにもこうにも甘すぎてしつこすぎて、「×」を五つマークしたいくらいでした。

この特集号に紹介されていた製菓用具のオンラインショップがいくつかあったのですが、ここのクッキーカッターは「犬の抜き型」の種類がびっくりするほどありました。秋田犬もあった。ファンにはたまらない?!
Posted in Sweets

ステーキに挑戦♪

01 13, 2008
最近おいしいと気づいた食べ物がテンダーロインのステーキです。
テンダーロインは本当においしい!脂身は全く無いのに極上のやわらかさ。赤身の肉は固いもの、と信じていた貧乏人の私は目からうろこでした。しっかり焼いても、不思議なほどやわらかいまま。もちろんミディアムレアで楽しんでます。

とはいっても、私たちが高級なフィレなどを買うはずはなく、私が堪能しているのは、投売りだった1kg、$2,3ドルの味付きパック肉。キーライム味とか、☆☆ペッパー味とか、楽しいフレーバーです。それをさらに冷凍保存してあり、ちびちび食べています。

それでも美味しい☆

テンダーロイン

厚さ3cmです~♪

ミディアムレア

今まで何度か、”ステーキ”と称するものを、BBQとか、知人宅でご馳走になった事があるのですが、肉はかちこちになるまで焼いてあるし、切るのも力が要るほどだったので、「うわさ通り、アメリカのステーキはまずい。。。」と思っていました。

何人かのアメリカ人に聞いてみたのですが、レアとかミディアムレアなどの中身がまだ少しピンク色でジューシーな焼き方は避けるというのです。バクテリアが怖いそう。料理の本などを見ると、レアな焼き方が説明してあるのですが、必ず温度計をつっこんで温度を確かめるように書いてあります。

さて、この超お買い得テンダーロイン、全部で5パックあったのですが、全て私のものみたいで、同居人は食べません。理由にご興味のある方は続きでどうぞ♪

続きを読む »

手作りキムチ

01 12, 2008
キムチは和食ではないけれども、日本人には身近ですよね。子供の時から大好きです。
探してみると、ありがたいことにキムチもネット上で色々とレシピが見つかります。本物は塩辛や韓国調味料が必要なようなのですが、魚介類のうち入手できるのは冷凍のエビだけ。エビを解凍して生のまま漬け込むのは勇気が要りました。アメリカのスーパー、たまに腐ったものもそのまま置いてあるし、中西部だし、どこからどう輸入してるものやら。。

でも、出来上がったキムチは、しっかり懐かしの味。今のところおなかもこわしてないし。ひとまずバンザーイ!!です。

しかし、やっぱり魚介類は寄○虫が気になります。塩辛が入手できたにしても、アメリカ産も中国産も韓国産も不安。。。日本だと生食用の魚介類は寄○虫の処理がしてあるとも聞いたのですが、ここでは事情が違いそうです。加熱調理すれば、寄○虫もだだのたんぱく質になってくれると思うけど、生はいけない気がします。

次回は違う代替材料を探します。白菜はChinese Cabbageという名前でスーパーにありますが、あまり買っている人を見かけません。。。いつもしなびれてて、なのに1個400円以上もしてお高いです。

リスキーなキムチ

自家製キムチ

毎日白いご飯にキムチ♪キムチを見ると唾液腺が刺激されます。
Posted in 和食修行

納豆手作りしませんか?

01 11, 2008
2006年10月にアメリカに来て以来試してみたかったこと、それは納豆の手作りです。
日本では毎日食べていた納豆が、アメリカでは食べられないというは悲しいことの一つでした。ところが、海外在住の方のHPを見ていて、手作りする方が多いことを知ったのです。

早速(とは言えない^^;)、半年ほど前にアジア食品店で冷凍の納豆を購入し、冷凍庫に放置してありました。1パックが$1もするから常食にする気にならないし、なんだか古そうだし。

なんと大豆(らしきもの)もベトナム食品店でたまたま発見!これも半年ほど放置してありました。2kgで2ドルくらい、これは安いかもしれません。

なかなか勇気がでないまま、冷凍納豆は乾燥していくし、大豆も虫やカビがついていないか心配しつつ今日まで来てしまいました。しかし、冬休みも終わりに近づいて、「今作らなきゃ、また1年経っちゃうかも」と意を決して作ってみました~。

”アリスブランドネブラスカ納豆” LOVE

今ひとつ大豆かどうか自信がなかった豆は、一晩水につけたら立派な大豆に変身し、「死滅しているかも」と不安だった納豆菌もちゃんと生きていましたにっこり あっけないほど簡単に1パックの納豆が大量増殖。電気パッドにくるんで24時間、大豆の味から納豆の味に変わる瞬間がありました!涙 なつかしい納豆の味。

大公開!(待ちきれずに既に食べた)

大豆600g分

ねばねばだしてみた。

ねばねば

しかし、お気づきになったあなた、そう糸の引きが甘いです。。。

続きを読む »

Posted in 和食修行

誕生日プレゼントのお礼

01 10, 2008
先日、誕生日を祝ってくださった方々のうち、75歳のおばあちゃんにサンキューカードを送ろうと思いました。でも、よく見ると住所が郵便局の近くでした。大通りを通らなくてよいし、シナモンロールを手土産に届けに行く事にしました。もちろん車でねっ jumee☆peace1

そのおばあちゃんは高齢者用アパートにお住まいです。小型でこじんまりしていて、日本のアパートに雰囲気が似ています。この辺りのアパートは敷地が広くて、人口密度も低く、人気をあまり感じません。出会う人間は車に乗っています。

年を取ったら、公共交通機関がないに等しく、自家用車が基本の街では、友人や家族・親戚をたずねる事もままならなくなると思います。車が運転できなくなったら、半径一キロ以内のスーパーに行くのが関の山で(おほほ~それ私 jumee☆shy2 )、生活の範囲も楽しみも、かなり”終わって”しまうでしょう。

親子は別居が基本で、家族と暮らすおじいちゃんおばあちゃんは知り合いにいません。広い場所が好きなアメリカ人とて、居住者同士が交流の持てるこういう場所に住みたくなるのではないでしょうか。

この辺りの人は、車の運転が自立の第一歩だと強調しますが、そういうご本人達、「あと10年後にはどうやって生活するつもりだろう?」と思います。テレビで目にするようなフロリダの引退生活なんて、大抵の人には現実的ではないと思うし、地元意識の強い人々は他の街なんて興味ないようだし。。

「かもめ食堂」のレシピを探して作ったシナモンロール。
アメリカンシナモンロールとは違う味でした。

かもめ食堂シナモンロール

こちらはWiltonという製菓用具メーカーで買ったクッキーカッター。
製菓&製パン用品は日本のほうが安くて種類も豊富です。手作りを楽しむ人が少ないせいか、まず普通のスーパーでは手に入りません。

Wiltonクッキーカッター

Posted in 日々のこと

早かった冬休み

01 09, 2008
もうすぐ冬休みが終わります。
ワインも楽しみにしていたわりには、ちょっと飲むとすぐへたばってしまい、それほど飲みまくることはできませんでした。三週間でたったこれだけ。。。墓ドロドクロmoz 同居人が帰ってくる前に捨てなくては。

空ボトルたち

私がひとりでお酒を買うと、レジで身分証の提示を求められました。気がつくと、「30歳以下の方は全て身分証の確認をさせていただきます」との掲示が。

30歳以下?30歳以下?30歳以下?

おっーほっほ~。良い子達じゃないの~レジのお兄ちゃんお姉ちゃん~。でも、今日のおばさまは私の顔を一瞥するとにっこり微笑んでうなずき、身分証を求めませんでした。
「ちっ、見破ったな」(当たり前よね。。。)と、ちょっぴり現実に引き戻されました jumee☆shy2
Posted in 日々のこと

12km走破

01 08, 2008
誕生日に食事をしたあと、「今日は何するの?」と聞かれて、本当は車の運転が心配でただひたすら家にたどり着きたかったのだけど、なにか予定を言わないといけないような気がして、「ス、スーパーターゲットに寄ろうかな。。。一本道だし。。」と口走ってしまいました。

Targetはアメリカの大手スーパーでちょっぴりおしゃれ感があります。その名もSuperがつくTargetはひと回り大きいのです(そのまんま)。

「わ~そうなの~いいじゃない~」と私の自立(=車の運転)をみなさんが喜んでくれるので、引くに引けなくなりました。実は数日前に、散々Google Mapで確認したあげく、どうしても理解に苦しむロータリーがあり、びびって出かけるのをやめたのです。。。

怖い 「で、でも、結構距離あるし。。(ほんとは行きたくない)」
キラキラ 「すぐすぐ。ほら地図書いてあげる!」
怖い 「わ、わたしには難しい道じゃないかな~(一本道だろ)」
にっこり 「あ、私同じ方向だから、ついてくればいいわよ」 
怖い (わー余計な事を言うな~)「そ、そうだね。ありがとう~(ひえ~いやだ~)」

そして、必死の思いで彼女の車の後について、不可思議ロータリーを乗り越え、なんとかたどり着きましたSuper Target。

狙っていたババシャツがセールで$6になっていてラッキー、女児用のババシャツ&パッチ(パッチって共通語でしょうか?)が私が着られるサイズで$6で入手できました。両方とも防寒能力バッチリです。

たまに(この私でも)お子様サイズでお得に購入できるのは嬉しいです。

女児用ババシャツ&パッチ

帰りの運転が憂鬱なので、ぐずぐず長居をしましたが、なんとか帰ってきました。しかし、12km一直線っていうのはすごい事です(だったら、そんなに怖がるな)。時速60kmで走らないと「いけない」ってのがこわいんですよぅぅぅ。
Posted in 日々のこと

Happy Birthday to Me♪

01 07, 2008

誕生日といえば幼少の頃から刷り込まれているのは「デコレーションケーキ食べたい」 ハート

スーパーには色とりどりの巨大なデコレーションケーキがならんでいるけど、見ると食欲の失せる色とデザイン。誕生日は日本のデコレーションケーキじゃなくちゃね。

ということで、あやしい手作りにトライしました。シフォンケーキのレシピを試したのですが、あるべき姿の5分の1くらいしか膨らまなかった~。食感はショートケーキとは言えなかったけど、味だけは懐かしいショートケーキの味がしました。

アメリカではフレッシュな生クリームでデコレーションされたケーキがないので、失敗ケーキでもこれだけは自分で作ると楽しめます。

アメリカにある材料で日本のケーキ屋さんみたいなふわふわしっとりのスポンジケーキを作れるというレシピをネットで見つけたのですが、ハンドミキサーが必要だし、ハンドミキサーを買ってまで作ってもアメリカ人の知人達に受けるかどうか未知数ですし。

今回の成果(笑)。

ピーチブラックベリーラズベリー


ピーチブラックベリーラズベリー

Posted in 日々のこと

サプライズバースデー

01 05, 2008
Audubonという全米にまたがる野鳥の会があります。
Christmas Bird Countingというイベントがあって、知り合いに誘われて参加しました。今までおよそバードウォッチングとは縁遠い人生を送ってきましたが、意外と楽しいのです。

実は、狙った鳥を双眼鏡でキャッチするのだけでもとっても難しい。ガイドがいないと私には無理。なので、自分で見つけることができると嬉しいのです。そこが面白い人も多いのではないかと思ってます(私だけ?)。

今日は4人で近辺の公園や小川をチェックし、見つけた鳥の種類と数を数えます。正確に数える必要があるわけではなく、全体のデータを集めて、この時期にどういう鳥がどれくらい観察されたのかを調査することは生態系の変化などを知るのに有効です。しかし、さすがネブラスカ。小川は完全に凍っていたりします。

なんだかまぬけな人影は私

凍る小川

あまりに寒かったので、そうそうに引き上げてきた私たちの楽しみはランチ。友人の一人が持ってきてくれたミートボールが美味しかったです。甘味を付けるのにジャムを使っているそう。

美味しいので、おかわりをしようかと考えていたその時、「Happy Birthday to You~」とケーキが登場したのです。。。 友人の一人が誕生日を覚えていてくれたのでした。。。プレゼントまで頂いて、感謝の気持ちで一杯になりました 涙

アメリカの悪口ばっかり(陰で)言ってごめんなさぁーーーい。周りは良い方ばかりで、本当に恵まれてます(ちょっと反省)。
彼らはみなさん、同居人の友人なのです。
Posted in 日々のこと

Coffeeshop Meadowlark

01 04, 2008
同居人の友人の一人が同じく冬休み中なので、時々街に連れ出してくれます。昨日は地元の美術館とMeadowlarkというコーヒーショップに一緒に行きました。

彼女は看護士さんですが、4人のお子さんがいて、なおかつMaster's Programで上級資格を取得中です。そのバイタリティにも驚きますが、いつも、くらくらするほど、”性格良し”のオーラが全開です。看護士さん天職でしょう。

Meadowlarkというのは、ネブラスカの州鳥です。
同居人の研究対象でもあり、夏の間はレコーダーを持って(もちろん同居人が)追い回していました。

地元のコーヒーショップにはおいしくて安いところがいくつかあります。この辺りのお店は外観がぱっとしないので目に留まりにくいのだけど、中に入ると良い雰囲気で、おいしくて安いです($1くらいでお代わりOKとか)。近所にStarbucksもあるのですが、悪くはないけど、高いし、味はOKレベルです。

アメリカに来て意外だったのが市販の安いコーヒー豆でもそこそこおいしい事です。フレーバーコーヒーは種類が豊富で見ているだけでも楽しいですよ。

ネットでレシピを見つけたミルクティーパンはとてもおいしかった。
おいしかったので、プレゼントにするのはやめて、BettyCrockerのSugarCookieMixで作った、いまいちクッキーをお土産にする事にしました(だってアメリカ人はこっちの方が好きだと思うし、いいよね)。

ミルクティーのちぎりパン

ふっわふわ~。

ふっわふわ

Posted in 日々のこと

2008年良い年になりますように。。

01 01, 2008
年末に買った「Mochiko」を使ってお餅をつくりました。

水で耳たぶぐらいの固さに練ってから、丸めて蒸し、あつあつのところをしばらく練ります。濡れた手で丸めて、コーンスターチをまぶしました(このあたりでは片栗粉を見かけない)。
半信半疑だったけど、これが結構満足の行く出来上がりでした jumee☆shy2

もちこもち

お雑煮にしてみた(ただの味噌汁だけど)

お雑煮

食感は少しさくい感じですが、味はしっかりお餅!
おいしくて、ぺろっと食べてしまいました。大根は”Daikon Radish”という名前で売られていて手に入るのですが、あまり買う人がいないのかしなびれている事が多いです。在庫が入れ替わってフレッシュなときを狙って買います。
ですが、うっかり(というか、あまりに寒くてベランダに出るのがイヤだった)外の倉庫に放置しておいたら凍ってしまいました。冷凍庫より寒いんですよね
日本にいた時は餅つきなんて関心ありませんでしたが、思い出してみるとうすときねでついたお餅って本当においしかったです。。日本に帰国することになったら、うすときねをゲットしてお餅をつきたいと思いました。
素晴らしい日本の伝統食、大切にしましょう♪お餅つき大賛成!

追記:続きをご覧ください。

続きを読む »

Posted in 和食修行
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。