スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY Times No Knead Bread

09 29, 2008
在米のみなさん、No Knead Breadって目にされたことあります?

よく、Bakingのブログなんかを見ていると、このNY Timesに掲載された”一切捏ねないパン”というのが絶賛されていて、Holy Bread!だとか言っている人もいて、ずーっと、焼いてみたいなぁ~と思っていました。

でも、Cast Ironのお鍋がないと焼けないと思っていて、Cast Iron高いし、何に使うのかよく分からないし、アパート狭いし。。。と敬遠していました。ところが、NY Timesのオリジナルレシピをよくよく見てみたら、

Cast Iron、もしくはセラミック、パイレックスなどで蓋があればOKと書いてあるじゃないですか!

目をきらきらさせて早速トラーイ!だって捏ねなくっていいんですよぉ(手捏ねの人)。

蓋をして焼くと、スチーム効果で素晴らしい膨らみかたです!今まで一度もクープが開いたためしがない私は、この”割れ目”に小躍り。

My First Artisan Bread♪

P9250005.jpg

こんな、パイレックスで焼きます。

P9250004.jpg

そして、気になる”てくすちゅあ”。

P9250007.jpg

えっと。。。

パンをよく焼かれる方には一目でお分かりかも。
私はフランスパンの”てくすちゅあ”が素晴らしいと思う人なのですが、なんだかこう、どっしり?みっちり?澱粉のりパン?

これでいいの?アメリカのみんなはこんなの好きなの?

なーんて、えへへ~実はちょっとした苦労があり、一時発酵の後にまた粉をぶち込んだ私。あ、でもですね、ちょっと分量を間違えて、中種のようになったので、大丈夫(ほんとか?!)。でもテクスチャーは違うのかもしれませんね

正直に言いますと、私は好きじゃなぁい。
しかし、相棒は「最高のパンだ、まさにチェコで食べてるパンだよ。アメリカじゃ食べられないんだ(田舎だからよ、ダーリン)。」と言います。(彼は最近とても下手に出ます)

それで、今日はリベンジしました。今度はちゃんと分量どおりやったんですが、これまたこれで、なんだか”てくすちゅあ”が変そうな予感。。。だって、前回より水分多いはずですから。焼けども焼けども、焼けない!!だんだん色黒になったいく私のNK Bread。。。かっちんこっちん。。。今回は円形なのでフリスビーに使えそうです。

今、まさに後ろでぴきぴきなってます。これでNK Breadともさよならとなるでしょうか。。。

ぜんぜん関係ありませんが、この写真を↑の写真と較べてみてください。
気にしたことがなかった「コントラスト調整」をやってみたら、大変身。部屋の中が暗いことが多いから、きちゃない色調になっちゃうことが多かったんですよね。なーんだ。

P9250006.jpg

私が苦労した「粉の計量の話」を読んでくださる方は続きをどうぞ♪

続きを読む »

スポンサーサイト

油脂について考える(2)

09 28, 2008
前回に引き続き、今回は植物油について考えてみたいと思います。

実は調べると、次から次に興味深い記事が見つかって止まらなくなります(汗)。

油脂全般について、Harvard School of Public HealthのFat and Choresterolの記事が面白い内容でしたので、少しご紹介してみたいと思います。

要点は、
健康に良い油を選びなさい。
○トランス脂肪酸は最悪の脂肪である(飽和脂肪酸よりも有害)。
○だからと言って、飽和脂肪酸は人間が摂る必要のない油脂である(一刀両断。。。がーん。。。)。

大切なのは「量より質」、もちろん適切な摂取量はありますが、摂取量よりも、摂取した油の種類が健康に影響するそうです。 こちらの記事では、飽和脂肪酸を不必要と言い切っているんですね。前回の自分の記事と少なからず反する意見にショックでした。

人間は必要な飽和脂肪酸を自ら体内で生成するため、食べる必要がないものだそう(確かに!人間だって動物ですものね)。それに、飽和脂肪酸は、野菜、果物、穀物や魚介類など多くの食品にも含まれているので、その上お肉を食べたらあっさりオーバーフローということでしょうか。 中でも牛肉および乳製品は一番良くないとされるようですね。

さてその、健康に良い油として、植物油が登場します。

Fat and Cholesterolの記事でも、後述する一価不飽和脂肪酸(monounsaturated fat)が一番良いとされています。残念ながら、多価不飽和脂肪酸(polyunsaturated fat)の酸化によって生成される過酸化脂質の悪影響に関しては詳述されておらず、「傷みやすい油であること。油が傷むことが心配ならば、低リーノル酸の植物油も開発されている」と勧めているのみです。
(※)リノール酸→酸化しやすい多価不飽和脂肪酸の一つで植物油に多く含まれる(以下参照)。

では、自分のための整理をかねて油脂の特徴を簡単にまとめてみます。
All About Japan参照)

1.飽和脂肪酸
牛・豚肉等の肉類、バター、乳製品、ラードなどの動物性脂肪、植物油でもヤシ油やココナッツ油等には多く含まれます。

2.不飽和脂肪酸
「一価不飽和脂肪酸」・・・・他の脂肪酸と較べて酸化されにくく、過酸化脂肪酸を作りにくい。
 (オメガ9系) オレイン酸:悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを減らさない。
                      
「多価不飽和脂肪酸」・・・・酸化しやすく、体内に過酸化脂質を生成する。加熱には不向き。
 (オメガ6系) リノール酸:悪玉コレステロールを減らすが、過剰摂取すると善玉コレステロールも減らす。
 (オメガ3系) α-リノレン酸:悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす。
         
と、脂肪酸は上記だけではなく、またどの油脂も1種類の脂肪酸だけを含んでいるわけではありません。例えばオリーブ油はオレイン酸だけではなく、リノール酸やリノレン酸、その他様々や脂肪酸を含んでいるけれども、オレイン酸の割合が高いので健康に良いといわれるわけですね。

液体の植物油は上記2.の不飽和脂肪酸の仲間となります。
その中でも一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が酸化に強く、一般的に一番良いとされるようです。α-リノレン酸は、話題のオメガ3系脂肪酸としてその効用が取り上げられていますが酸化に弱いのが難点です。リーノル酸は過剰に摂取すると善玉コレステロールを減らしてしまう働きがあり、また酸化されやすく、加熱調理に向きません。これらの油脂の酸化によって発生する過酸化脂質ががんの原因となること、アレルギー症状を進めるので、アトビー性皮膚炎、花粉症などをふやしてしまうこと、などが言われるようです。

日本で検査された代表的な植物油脂の脂肪酸構成を引用してみました。
(財)日本油脂検査協会より-

oil.jpg
検査結果はJAS規格品の平均値です。
(※)オリーブ油だけは輸入品のみの検査結果でした。


結論として日常使用する油としておすすめなのはオリーブ油となたね油(Canola)となるようです。みなさんご存知ですよね。ただ、他の植物油でも、この表から推察するにオレイン酸の含有量を増やしたタイプが市場には既にありそうですね(私は知りません)。一価不飽和脂肪酸はその他ピーナッツ油、アボカドや大抵のナッツ類に多く含まれているとのことです。

話題のオメガ3系脂肪酸は、心臓系疾患、不整脈、高血圧などに良いとされていて、冷たい海に住む脂ののった魚(サケ、サバ、ニシンなど青魚)やフラックスシード(Flaxseeds)、フラックスシード油(Flax Oil)、 くるみなどにも含まれています。でも酸化しやすいので、例えば焼き魚やフライなどで150度以上で熱調理すると過酸化脂質を多く生成してしまうそう。製造法、保存法および使用法に気をつけて摂取すれば良いようですね。

以下、いくつか植物油の特徴を引用してみました。
ただ、あまりお店で見かけないものや、高価なものは日常基本の調理油として利用するには不便ですね。
(All About Japanより)

■グレープシード油
リノール酸が脂肪酸のうち70%と多いのですが、ビタミンEが豊富なため酸化しにくいのが特長。コレステロールがない。加熱・生食用どちらも可。
■しそ(エゴマ)油
a-リノレン酸が55%と油の中で最も多いのが特長。アトピー性皮膚炎によいと注目されている。酸化しやすいので、ドレッシングなどの生食向き。
■米(ぬか)油
オレイン酸、ビタミンEが豊富。さらりとした風味で、保存性も高い。加熱・生食用どちらも可。
■椿油
オレイン酸はオリーブオイルよりも多く、全体の中で80%の含有率。便秘、皮膚や髪の手入れ、老化予防に日本でも古くから使用されている。消化がよく、酸化しにくい安定した油。揚げ物を何回してもだれにくいのが特長。
■茶油
中国で古くから使用されている。茶油も、オリーブ油よりもオレイン酸が多く、抗酸化作用のあるカテキン、タンニンも含まれ、血液サラサラ、肥満防止、胃腸の調子がよくなるなどの作用が知られている。

余談ですが、植物油の精製過程では石油系化学溶剤のノルマルへキサンを使用して抽出が行われます。また、脱臭過程において少量のトランス脂肪酸が発生します(植物油の精製過程)。健康食品店などにある直絞りの植物油が使えれば最高なのでしょうが、日常使いには高価すぎますよね。やはり油脂については摂取量自体を適量に抑えるのが大切かな、と思います。

過度に敏感になったり、厳しい食事制限をしたいとは思いません。
でも、長生きするだけでなく、健やかに生きることが大切さだと父の看護をしながら考えるようになりました。自分が健康なときには、そのままの生活がずっと続くと心のどこかで思ってますよね。私だけかもしれませんが^^;

続きは、Harvard School of Public HealthのFat and Cholesterolの油脂に関する記事の続きです。
特に在米の私には興味深い調査結果でした。

次回の記事では、日常生活で油脂を摂る際のポイントをMayo Clinicの健康情報から引用してみたいと思います。忘れないように実践を心がけたい!

続きを読む »

ナスの季節

09 26, 2008
アメリカのナスって大きいですよね。
初めて買ったときは、どうしてよいやら悩みました。日本のナスにくらべて水分が少なく、調理するとねっとりするような気がします。揚げ物はしたくないし(汗)。

しばらく敬遠していたんですが、季節になって巨大なナスがスーパーにお目見えしたので、大きさにつられて買いました。

P9090023.jpg

たまたま日本人の方がアメリカ人に向けて和食のレシピを公開しているサイトで、簡単で美味しそうなレシピを見つけて、そのレシピで田舎煮にしてみたら大正解!

アメリカに来てからはみりんや日本酒が高いので、こういう料理はほとんど作らなかったんですが、「なーんだ、お醤油とお砂糖だけで結構美味しいんじゃない!」と感心しました。

和食の腕も怪しい私ですが、作ってみたところポイントは「この切り方」と「落し蓋をすること」かなと思いました。とろけるような食感です。お出汁を入れたり、しょうがを入れたり、ひき肉とあわせたり、好みで変えれば美味しいと思います。

下の写真、隣は普通のサイズのりんごですよ。

egg plant2 egg plant1

まだまだナスが余るので、この後、ナスとトマトとチーズの重ね焼きを作り、これに併せて簡単フォカッチャを焼きました。重ね焼きのほうは、今ひとつの出来(笑)。でもこのフォカッチャがいけました!ジャガイモ入りのレシピです。「少しのイーストでゆっくり発酵パン」から。日本で選びに選んで買った本の一つで、不思議とどのレシピも上手に焼けます。

P9110024.jpg

この後、ジャンバラヤも作ったんですが、なぜか私はジャンバラヤと相性が悪く、どのレシピを使ってもうまく行かないのです。その中でも今回は驚くほど最悪の出来(゜o゜) どう見ても反芻した(失礼!)食物!うーん。。。一つの理由は残り物の「まずい」チリビーンズをぶち込んだこと(笑) 後はおコメの炊き方失敗したんですね~。あーあ、がっかりです。しかも、二人とも空腹だったので最悪の気分。あまりのまずさに空腹も吹き飛びましたー!

スーパーうろ覚えなナスのレシピは続きでどうぞ。

続きを読む »

ホットコーヒーの季節

09 23, 2008

朝晩、随分涼しくなってきました。
お日様が照っても、日向に出ても、もう暑いと言うことはなくぽかぽかして気持ちがいいです。

アメリカに戻ってきてしばらくはまだアイスコーヒーがおいしくて毎朝飲んでましたが、もうホットコーヒーがおいしい季節ですね。

P9090009.jpg

レモンとポピーシードのクッキーを焼いてみました。

P9090016.jpg

アメリカのお菓子のレシピでレモンとポピーシードの組み合わせってよく目にします。
この組み合わせも好きですし、レモンの風味の効いたお菓子が好きです。 レモンの味が思いっきり効いたレモンとポピーシードのパウンドケーキが食べたくなりました。

ですが、トランス脂肪酸のことがきっかけで油脂全般ことも色々と調べ、お菓子であってもできるだけ体に良いものにしたいなと思ってレシピを色々と見ています。あまりこだわりすぎると、現代人の食べ物は危険だらけですし、厳しい食生活をするつもりはありませんが(誘惑に弱いので無理です)、勉強することは大切ですよね。

ice coffee cardamon.jpg

左の写真は、もう少し暑かったときに作っていた水出しコーヒーです。
前の晩に、1/3cupのコーヒーの粉に、1・1/2cupの水を加えて置いておき、朝ペーパーフィルターで漉します(smitten kitchenからのアイデア)。
右の写真は、Starbucksのドリンクの空き瓶に入ったカルダモンです。カルダモンって本当にいい香りですね。近所のOriental Groceryにインドのスパイスなども少し置いてあり、アメリカのスーパーでは手に入れにくいスパイスなんかも手に入ります。今はこれを使ってチャイを作るのにはまっています。

Costco & Whole Foods in Omaha

09 21, 2008
初めて行ってきました! CostcoとWhole Foods!
ネブラスカ最大の都市がOmahaなのですが、Costcoは昨年、Whole Foodsは3年前にできたようです。1年前から(随分前ですよね)行きたい行きたいと思っていて、なかなか腰が上がりませんでした。

Omahaまではインターステイトで1時間以上かかるので、私たちは特別な用事がない限り行きません。年に数回くらいです。この辺りでは長距離通勤者も沢山いて、毎日通ってる人も多いと思います。

全く興味がなく、しぶしぶ連れて行ってくれた同居人ですが、Costcoの安さを目の当たりにして大興奮。割引に目のない彼にとっては、かなり衝撃的だったようです。気味の悪い笑いを浮かべながら次に来るときは何を買うかを話していました。商品の種類が多いわけではないので、何があるのかを隅から隅までチェックした私たちは、「次に○○を買うときはCostcoね!」となりました。

私は、日本米がないか少し期待していたのですが、ありませんでした。冷凍のブルーベリーも格安!冷凍のホタテを「ついに」発見して興奮しました。小麦粉類も欲しかったのだけど、サイズが大きすぎて断念(笑) 相棒はチーズのコーナに目をきらきらさせながらへばりついていました。

私の街ではアジア食料品店でぼろぼろの物しか目にしたことのない「白桃」を発見。サンドライトマトが500gで$2.94。たまたま発見したバニラビーンズは2本セットでたったの$11。私は掃除にベーキングソーダを使うので、欲しかった大袋5.5kgも見つけました。

P9220014.jpg

相棒はCostcoですっかりご満悦して、目と鼻の先にあるのにWhole Foodsにはすっかり興味を失ってしまいました。そこをなんとかなだめて向かったのはいいのですが、Costcoを出た時点であっさり反対方向に進路をとりパニック。「僕にはたどり着けないと思う」とあきらめようとするのを無視して、何とかたどり着きました。確かに車線が多いし、信号がないぶん分岐になっていたりして、道を知らないと運転難しいですよね。ぎゅんぎゅん車線変更をしなければならずちょっと怖かったです。

Whole Foodsでは、(相棒が)間違えて一つ$5(↓ベーキングソーダの横)もする石鹸を買ってしまいがっくり。手作り化粧品の素材も少しだけでしたが置いてあり、エッセンシャルオイルのドロッパーもついでにここで買えました。

P9220017.jpg

そして試してみたいと思っていた、Soya Topping Cream(大豆原料のホイップクリーム)を発見して大喜び。Vegan(ベジタリアン)用の食品も置いてあるんですね。

soy whip

Ziggyさんのブログでお寿司のデリがあると聞いていたのでそれが楽しみのひとつでした。Omahaの店にはないかもねと、半分あきらめていたのですが、ちゃんとありました!しかも結構おいしそう。うにやいくらのセットもあって立派!

ところが、相棒の大好きなChina BuffetがOmahaにあり、ランチは絶対そこへ行くと決心が固いので、今回はお寿司はあきらめました。そのかわり、China Buffetで海老を死ぬほど食べて(軽く20匹は食べた)、食べすぎで疲れきり、家に帰って3時間も昼寝をしたあげく、また10時には寝てしまいました。。。

実は研修のことで前日から色々あり、すっかり消耗していたせいもあります。
でも、Omahaでのお買い物ですっかり気力を取り戻したのでした。

続きは、その憤りの研修先について。

続きを読む »

お月見団子

09 17, 2008
2日遅れでしたが、満月を見たらお月見団子が食べたくなり、少し残っていたMochiko(※)と残り物の豆腐を使ってお月見団子を作りました。
(※)アジア系食料品店等においてある粉末のもち米です。アメリカのスーパーでも置いてある事があり。

小豆も食べたくなって、トッピング(?)は小豆と甘辛醤油ダレの2種類。

P9170044.jpg

最近はネット上に素晴らしいレシピサイトが溢れているので、持っている事さえ忘れていましたが、生まれて初めて自分で買った古い「和食の基本」と言う本を引っ張り出してきて見ると、ちゃんと「行事食」のカテゴリーにお月見団子の作り方が載っていました。小豆の炊き方もきちんと載っていて、その通りに作ったら上手に作れました。

基本って大切ですね(^^)

これまた持っていることを忘れていた中国の家庭料理の本があり、今風の薄くてお洒落な本なのですが、中国の食文化のことにも軽く触れていて気に入っています。この本からよく作っていた中華のスイーツもどきも久しぶりに作ってみました。

中華のスイーツと言っても簡単で、中国の女性が美容と滋養のために食べるという甘煮のぜんざいのようなものです。蓮の実、クコの実、なつめ、白きくらげなどを適当に柔らかく甘く煮て食べるようです。どれも中国伝統の女性の美容食らしいです。

家にあったのは蓮の実だけなので、蓮の実とお月見団子のために炊いた小豆に黒砂糖を混ぜておやつにしました^^

P9180047.jpg

私の義姉は中国の出身ですが、本当に同じようなものを食べていました。
彼女は自分の好きな豆類、ナッツ類なども適当に入れていたので、皆さん好みでアレンジされるんでしょうね。

渡米してから、ネットで必死に探していた餃子や肉まんのレシピが載っている(゜o゜)

中国の漢方や医食同源なども興味深いですねー、今は何かと悪評高い中国ですが。

話は飛びますが、少し以前の台湾映画で料理のシーンを中心に展開していく家族ドラマを思い出しました。
引き込まれる映画だったので、改めて調べてみたらアン・リ-監督の映画だったんですね。
「恋人たちの食卓」 調理のシーンもなかなか秀逸です。

週末は買出しにOmahaに行きたいなー。。。CostoもWhole Foodsもあるし、Oriental Groceryも大きいし。。。アライグマ(←同居人)にお願い中です。

Full Moon in Prairie

09 16, 2008
日本は14日が中秋の名月だったんですね。
昨日は、夕方にSpring Creek(原始草原の保護区)へ出かけたのですが、あまりの月の美しさに目を奪われました。

油脂の話題で飽和していた頭に少し休憩です(^^)

昨日の月は満月だったのでしょうか。

風にゆれるブルーステム。

DSC_4421.jpg

1秒ごとにその色合いを変える夕暮れの草原(prairie)。

DSC_4423.jpg

ブルーステムは幾種類もあります。

DSC_4412.jpg

地平線から顔を出して少しずつ光を放ちだした月。

DSC_4437.jpg

金色になりました。

DSC_4442.jpg

この時期の月が一番美しいと言うことを西の国の人々は知っているんでしょうか。
私は忘れかけていました(^^)

続きは、最近心を曇らせるちょっとしたトラブルについてです。プライベートなことなので飛ばしていただいて結構ですよ。

続きを読む »

油脂について考える(1)

09 14, 2008
クッキーを作り出したら止まらなくなり、そして気になるのはバターの使用量。。。

以前にマクロビオティックのレシピでお菓子を作ったことがありますが、経験不足のせいか何ともイタダケナイ味でした。でも、ネットで検索していたらバターの代わりに植物油を使用して「さくさくクッキー」を作るテクニックをいくつか見かけて、早速試作してみましたが、やっぱり期待はずれ。。。

まあ、技術によるものかどうかは今後の課題として、バターを使わないクッキーのレシピを色々と見ている中で、ココナツ油を使ったものが気になりました。と言うのも以前に読んだ「癒す心、治る力」の中で確かココナツ油を避けるように書いてあったように思ったからです。

また、マーガリンやショートニングはその製造過程で「トランス脂肪酸」を生成するため体に良くないとされています。また、そういった加工油脂だけではなく、「液体の植物油を熱調理するとトランス脂肪酸が生成される」という記事を目にしたこともあります。健康の面からいうと、果たしてバターとどちらが良いのだろうと考え込んでしまいました。

そこで、改めて少し調べてなおして見ました。

続きを読む »

さようなら、Dr. Bronner

09 10, 2008
前から一度使ってみたかったのが、Dr. BronnerのCastile Soapシリーズ。
100%天然&オーガニックの原料を使用した石けんで、驚異の洗浄力を誇るという噂でした。

P9050005.jpg

アメリカに来て、石けんでシャンプーをしようと試みてひどい目にあったのですが、この液体石けんなら硬水でもうまく泡立って髪も洗えるのかもしれないな。。。と前々から気になっていたのでした。

そもそも石けんシャンプーや重曹、お酢を使ったお掃除に興味を持ったのは、「天使は清しき家に舞い降りる」(原著:Clean House Clean Planet)を以前に読んだことがきっかけでした。

この「Clean house Clean Planet」の中で、お勧めの液体石けんとして紹介されていたのが、Dr. Bronnerでした。日本でもソニープラザなどで見かけましたが、普段使いできる値段ではありませんでした。

アメリカだとセールで、32oz(912ml)で10ドルぐらいで買える時もあると思いますが、ネットで口コミを見ても賛否両論だったので、私は8oz入りの小さなボトルで試してみることにしました。Directionには、0.5ozを2gallon(7.52L)に薄めて体と髪を洗えと書いてあります。これで、アメリカでも石けんシャンプー生活かしら~と期待にわくわくしながら、髪を洗ってみました。

私の結論。

アメリカ(の私の住む地域)で石けんシャンプーは無理。

Direction通りに薄めると、Dr. BronnerのCastile Soapは少し白く濁ったただの水、という感じです。そう、石けんらしいヌルヌル感は泡立ちはゼロ。でも、確かに洗浄力抜群の石けんなのだと思います。その証拠に、体も顔の毛穴もすっきり!
だから、使い方としては、バスタブに少しお湯を溜めて、Dr. Bronnerを薄めて体を撫でてあげればよいのだと思います。逆にタオルに原液をつけても泡立たないらしいし、濃すぎると体が乾燥してしまうそうです。

でも、このDr. Bronner、シャワーで済ませたいときや日本式のお風呂で使いやすいのかな?と疑問に思いました。日本で石けんシャンプーを使うときは「よく泡立てましょう」と言われるし、なにせ、「ただの水」のような感触だから、バスタブに溜めて洗わないと洗いにくいと思うんですよね。

それに。。。髪を洗うのはやっぱり難しいのです。

石けん水の濃度を変えたり、リンスのお酢の濃度を変えたり、と4回ほど使ってみましたが、どうやっても石けんで髪を洗った時特有の不快指数100%のベトつきが取れません。

アメリカでも軟水の地域なら、少量の水で髪も体もすっきりでエコにもつながるといえるかもしれません。でも、いくらエコでも、私はこれ以上石けん成分の残留する不快感に耐えられません!髪の乾きも悪くなって、感触は最悪です。

さようなら、石けんシャンプー。さようなら、Dr. Bronner。

私が石けんで髪をうまく洗えない理由は、洗い方に問題があるのではなく、水の硬度だろうと結論しました。アメリカの硬度情報にご興味のある方は続きでどうぞ♪

******9/11の追記です。
Salaさんから、「洗顔に使用している」とのコメントを頂き、早速使ってみました。
2、3滴の原液を泡立てスポンジにつけて使いましたが、なんと豊かな泡立ち&健やかな洗い心地。。。まあ、これならば、特に軟水地域だったら立派にシャンプーとして使えそうです。ただ、濃縮石鹸なので原液をシャンプーとして使うと経済効果に不安が残りますが。。。

原液でもシャンプー実験してみたいところですが、やっとべたべた頭から解放されてほっとしているので、またの機会にチャレンジしてみます(弱腰)。

続きを読む »

Slice-and-bake Cookies

09 07, 2008
クッキーは好きなので時々食べたくなりますが、いつもレシピの半分の分量で作って、さらに食べる分だけ焼いて、残りの生地を冷凍保存しておきます。ですから、必然的にアイスボックス系になっちゃうんですね。。まあ、このタイプのクッキーが好きなので良いのです。

今のところ私の中で定番になっている、お気に入りのアイスボックスクッキーの基本生地があるのですが、色々なレシピを見るのも楽しいし、今回はsmitten kitchenで見つけたものを使ってみました。実は少し前に大量に作ったしょうがの砂糖漬けをクッキーに使ってみたいと思っていて、このレシピのバリエーションにたまたまCandid Gingerを使ったものがあったので、惹かれたのです。

P9070018.jpg

それにしてもこのしょうがの砂糖漬けを作ったときには大変な思いをしました。
本当はCrystalized Gingerを思い描いて頑張ったのですが、これって自家製できるものじゃないんでしょうかね。。。昨日スーパーでCrystalized Gingerを発見したのですが、前に探した時にはどうしても見つからなかったんですよね。季節ものなのでしょうか。ということは今のうちに買いだめしておいた方がいいのかも。でも結構高いです。レモンピールもオレンジピールも日本にあるような「半生」風のものは見かけたことがありません。

candid ginger ginger cookie

味は合格!これはこれでとても美味しかったのですが、私の中ではやっぱり定番にしている基本生地の方に軍配が上がりました。単純な配合なのに、少しのことで食感が変わるんですよね。Candid Gingerはこの配合量だと風味がマイルドなので、もっと量を増やしてもいいように思いました。

私は生地を成型するときに、何とか綺麗な丸にしようと奮闘していたのに、smitten kitchenの成型は意外とラフな感じで好感が持てます(^^) 厚さを1cmに切る所も良かったです。もっと厚くしたかったら焼成時間を長くすれば良いとのことで、言われて見ればその通りと妙に感心しました。

日本に帰省したときに以前から気になっていたお菓子の本「おいしい!生地」」(小嶋ルミ著)を購入したので、アイスボックスを作ってみたのですが、私の好みではありませんでした。レシピによっては、焼き上げた後に表面に薄いバターの膜が張ったようになってしまう配合があって、こういうクッキーは「ほろほろ」でも、食べた後に口の中にバターが残る感じがして好きじゃないんです。

ちなみに今回のレシピと配合を較べてみたらほぼ同じでした?!ですから、これは使う砂糖の種類とか、小麦粉の種類などで変わるほど微妙なものなのかな?と思ったりもするんですが、「定番」は不思議とハズレがないのです。

アメリカのレシピは基本生地にまぜるドライフルーツやナッツなどのバリエーションが楽しいものが多いので、「定番」生地を使って色々試してみるつもりです。
8 CommentsPosted in Sweets

Google使って一緒にBiking!

09 04, 2008
火曜日の朝は、ちょうど良い感じで晴れて、でも涼しくて最高だったので、街をぐるっと自転車で走ってきました。

こんな手袋までしています。
P9010010-1.jpg

一応目的地は、街に一軒だけある小さなオーガニック食料品店でした。
手作り化粧品の素材も少し置いてあるので、どういうものを扱っているのか見ておきたかったし、ヘナの品揃えをチェックしたかったので。ハーブやスパイス類の量り売りもあります。

頑張って坂をいくつも越えて、一回りして帰ってきてから、距離を計算してみようと思いGoogleマップでチェック。

私が最近喜んで活用しているのは、このGoogleマップのStreet View機能です。

この、Street Viewを使うと、このマウスを使って360度見回せますし、道路に沿って進めます。
この街は道路も広いし、建物もどかーんとしているので、敷地内の奥にあると、道路から見えなかったりして、私には探しながら運転ということが難しいです。ですので、衛星画像と、このストリートヴューを駆使して、事前に確認確認なのです。

こんな風に街の風景まで地図で体感できるなんて、Googleってすごい!
遠く離れたお友達にこうやって自分の街を紹介してみるのも楽しいかもしれないですね。
(※東京はStreet Viewが可能でした!地方都市(実家)はダメ、プラハもロンドンもダメでした。。。)

ちなみに、別のソフトGoogle Earthでは、イースター島のモアイ像なども見て喜んでいます。

さらにお時間のある方は、私のGoogle活用法を続きでご紹介していますのでよかったらどうぞ♪

続きを読む »

私のご馳走

09 01, 2008
我が家の食料庫はどのキャビネットも溢れんばかりです。

多分理由は、
1、同居人のセール品買いだめ癖
2、二人の食文化が違うため

実はアパート備え付けの食器洗い機は既に食料庫と化しています。
(これについては一応理由があります。ご興味のある奇特な方(^^)は「続き」でどうぞ。)

先日、「ちゃんと消費しなきゃなぁ」とキャビネットを眺めていて、1年越しのホタテ缶が目に付きました。
二缶。

アジア食品店を含めて、この街のどのスーパーでもまだホタテ缶を目にしたことがないのです。
とっても貴重です。
一缶はホタテしょうゆバター味のパスタにして同居人に食べさせましたが、反応が今ひとつ薄く、ホタテ缶の甲斐がないように感じました。

そこで、残った一缶をどうしようかな~と考えて、ベトナム青しそ(多分違うものだと思う^^;なんのハーブか不明なまま。。。)もあることだし、「ホタテしそご飯!」にして一人で食べちゃおうと思ったわけです。だって、この旨味成分を感知できない人種に食べさせてももったいないじゃないですか。

そう言えば、冷蔵庫にSweet Potato(日本のサツマイモとは違います)があったな~と思ってサツマイモのお味噌汁をお供にしてと。

こういう食事、やっぱり落ち着くんですよね、うーん、おいしい。
P8290008.jpg

残りは、同居人がチリをかけて食べたりしてしまわないよう、隠して一人で数日間楽しみました。
折角のホタテ風味の甲斐のない食べ方をされると無念ですから。

ケチ(^◇^)

日曜日は結局Bikingには行かず、家で大人しくしていた甲斐あって月曜日の朝は少し近所を回り、午後には喉風邪は完治しました。
ばい菌君が体にいると、なんにもやる気が無くなってしまいますね。
でも、ばい菌君が去っていくとともに、じっとしていられなくなりました。
無気力症ではなかったようです(^^)

続きを読む »

Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。