スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy halloween!

10 31, 2008
今日が終わるまでに、記事をアップしなくちゃ~と焦ってます。Wiltonのカップケーキ用アイシングデコレーションを衝動買いしたので、使わなきゃ~。

パンプキンスパイスケーキを焼いてみました。すごくいい感じで膨らんでたのに、オーブンから出したらかなりの勢いで真ん中が陥没した。。。(ToT) かぼちゃケーキって言うか、かぼちゃ。。。バナナケーキを焼いたときも陥没した。。。すごく悲しいです(涙)

端っこはちゃんと柔らかくて美味しかった。。。(余計に悲しい)

DSCN0006.jpg

友人の子供にくっついて、Trick or Treatに行こうかと思っていたのですが、色々あって止めました。ここ数日、また秋が戻ってきたかのように気持ちがいいので、夕方写真を撮りに公園に出かけ、帰りに車から見ていると、仮装した子供がわらわらいました。

必ず親が一緒に居て、庭で写真撮影が繰り広げられていました。子供が列をなしている家があったり。。。既にセールになったコスチュームを狙って、出掛けに店に寄り、そこで着替えさせている親とか。。。

さあ、次はクリスマスだ~!
スポンサーサイト
6 CommentsPosted in Sweets

Spring Creekの秋(1)

10 28, 2008
もうそろそろ霜が降りそうな勢いなので、その前に秋のスプリングクリークの写真を載せたいと思います。

スプリングクリークはアメリカ大陸の原生の草原(prairie)が保護されている場所で、アメリカの野鳥愛好家の団体が所有しています。こういう草原を普通に目にすることはもうありません。スプリングクリーク自体も牧場一つ分ほどの広さしかないので、そう広いわけでもありません。

それでも、野草の種類は驚くほどあり、自然ってすごいなぁといつも思います。

週末ごとに出かけていますが、1週間で草原の色合いがどんどん変わります。ありきたりな表現しか出来ない自分にがっかりするぐらい、日差しによっても印象を変える草原は息を呑むぐらい美しいです。悩みなんか風に吹かれて消えていきそうです(本当にこのまま消えたいと思うときも・涙)。

DSC_4476.jpg

DSC_4491.jpg

この日は薄曇りの夕方でした。風に吹かれるブルーステムはいつまで見ていても飽きない。
(体は凍ります)
DSC_4493.jpg

少し日差しが射すと暖かい黄色に。
DSC_4539.jpg

こんなパスを一人で歩いていると不思議な気持ちになります。
DSC_4573.jpg

ブルーステムばかりかと思うと、ところどころにこんなベリーも。可愛くて好きです。むしりとって家に飾ってあります(日本みたいに”野草を破壊しないように”なんていう規則はありません。多分人が少ないから・汗)。
DSC_4587.jpg

10 26, 2008
研修「もどき」で時々出かけるようになって、毎日の食事も作れなくなりました(笑) ためこんだパプリカが活躍しています。車で出かけるのも道順をよくよく調べたり、何をするにもいちいち時間がかかるんですね。。。ブログにも書きたいことは山ほどあるのに、溜まっていく一方。。。

昨日はまたOmahaまで、Costcoに買出しに行ってきました。彼の友達が行きたいというのでお付き合いしました。

その彼女はフルタイム+パートタイムで働いていて、4人の子供がいます。一番下は9歳。4人のうち3人はまだ車が運転できないので、彼らの送り迎えももちろん彼女の仕事。その上、週末は私たちとBirding(←バードウォッチングのことをこう言います)に出かけるんですから、一体どうやって時間をやりくりしてるんでしょうか(@_@)

外国人生活のハンディは大きいと思うことにしましょう(深く考えないぞ)。

今回は思い切ってナッツ類も買いました。ナッツ類を大量に買うのは迷ったけれど、最近グラノーラの作り方を覚えたし(手作り、すごくオススメです)、お菓子やパンにも使えるし、サラダにも良いと思って買ってきました。塩味がついていないので嬉しいです。

生クルミ1.5kg・・・・・13ドル
生アーモンド1.5kg・・10ドル
ドライチェリー500g・・・・8ドル
ドライイースト500g・・・・4ドル

今回は日本米がありました!11kgで20ドル。これが夏前は9ドルぐらいで買えたんですよ。お米は値上がりしましたよね。これは私のお米♪ ロンググレインライス(長粒米)との違いがわからない人には食べさせません(って、買ってもらってて偉そう・汗)。

冷凍ブルーベリーも2kgぐらいで10ドルほどでしょうか、欲しかったんですが、帰るまでに完全に溶けてしまいそうなのでやめました。次回はクーラーボックス持参だ!

そうそう、11kgほどのAll-Purpose Flour(日本の中力粉のようなもの)がたったの7ドル!今はスーパーで2kgほどで2.5ドルほどです。彼女は大家族だし、週に一回はお菓子を作るとのことで買っていました。私も次回は買うかもしれません。ただし保管方法を考えないといけないんですよね。

前回は白桃を見つけて大興奮したんですが、今回の喜びの1品はこれ!ちょっとハロウィン色ですね♪

DSC_4762.jpg

味も◎!アメリカでこんな美味しい柿が食べられるなんて幸せです(涙)。海外で暮していると、こういう小さな事で感激できるのはメリットでしょうか(私だけ?)。
次回はアメリカンスウィーツ系も試してみようかな。でっかいケーキやペストリーもありました。

話は変わりますが、こりもせず、またパプリカを買ってきた異星人が一人。。。しかも8個。今回は「自分で作ってね」と言い渡しました。昨日から取り掛かって、まだ完成していません(それみろ)。どれだけ手間がかかるか(量が多いからです!)しっかり体で体験してもらわないと、また買ってくると思うので、最後までやりとおしてもらうつもりです。

嫌気がさしているのが伝わってきます(にやり)。よしよし。

Halloween気分

10 20, 2008
彼の親友の女性が早めのクリスマスプレゼントにディナーとコンサートを用意してくれたので、土曜日に行ってきました。久しぶりにメイクをして、ドレッシーな装いをしましたが、なんだか化粧の仕方も忘れていて、時間がかかってしまいました。

彼がしつこくディナーを嫌がるので、最後には私も不機嫌に。

「ここが日本だったらそんなに嫌がる君となんか行かないんだからね。」と喉元まで出るところ。綺麗なレストランは女友達と行く方が楽しいです。そんな野生動物が横に居ても、コンサートは楽しめました。五感が刺激されました。

アパートに住んでいるせいか、ハロウィンのTrick or Treatを体験できません。今年は知りあいに頼んで、ハロウィン体験したいなぁと思っているところです。でも、多分そんな暇もなく過ぎていくような気がします。

可愛いWallpaperを見つけたので、デスクトップの上だけでもハロウィンにしてみました。

2005oct_bg.jpg



km_1024x768_22.jpg



こちらのサイトで”ハロウィン”か”halloween”で検索すると、他にも壁紙がダウンロードできます。素敵なイラストが沢山ありました。

パプリカの季節?!

10 16, 2008
最近の生活態度を反省して、「午前中はブログにアクセスしない」と誓いを立てました。
そうすると、午後になると家事をしたりして、ブログにアクセスする時間があっさり消えました(゜o゜)

働いていた頃は、どうやって一日にあれだけ沢山の事をこなせたのか不思議です。
アメリカに来て、しかも働かなくなってから、何をするのも時間がかかるような。。。
いけません。

料理もお菓子も、際限なく作りたくなってしまうので1日1つと決めて、じっくり計画を立てることにしました(←時間使ってる・汗)。

家事を一切しなくても、全く不満に思わない人と暮せて本当に幸せですが、私が料理をしないと、ここぞとばかりに嬉しそうにインスタントラーメンに手を出す姿を見ると、ちょっとね。。。男の人ってインスタントラーメン好きですよね?世界共通かと思いませんか?だって、マルちゃんのRamen Noodle、スーパーで見たときは驚きました。でも、我が家に大量に買いだめしてあったのにはもっと驚きましたが(T_T)

そんな、相棒も1年に1回くらいは、嫌がる私にしつこく料理をさせることがあります。
今回突如として浮上したのはパプリカ。

近所に新しいスーパーがオープンして大セール中なんですね。巨大パプリカが3つで2ドル。
お買い得品を見るとスイッチが入って、処理しきれないほど買ってくる相棒。
贅沢に使えるので、久々にパプリカのマリネを作ったら、前は嫌がって食べなかったくせに(未知の料理を怖がる)、なぜか今回は「おいしい~!!!」と大感激、連日買って来ては、「アレにして~」ときます。

最初は私も面白がっていたんですけど、この人限界点を越えるんですよね~。
「今日も買ってきていい?」と聞くので、ハイハイと言ったら、なんと12個も買ってきた(T_T)

1個300gはあります。

PA150037.jpg
PA150040.jpgPA160054-1.jpg
このタッパー4っつあります。。。

その日の夜はマリネ作りに費やされてしまい、3時間はかかったでしょうか。。。
途中まで、機嫌よくマリネを作る工程なんぞを写真に撮るつもりだったのですが、だんだん疲れてきて最後には必死(汗)。

もし、「明日も買って来ていい~?」と言おうものなら。。。とメデューサに変身している私の気配を察したのか、「手伝う~?」と寄って来たので、(ふん、できるもんならやってみな)とにんにくをみじん切りさせました。

驚いたことに、一応出来ましたよ、みじん切り。ちょっと粗めでしたけど(笑)
(西洋人には出来まいと決め付けていた私)

「もう一晩、マリネに費やすつもりはないからね。」と言うと、「当たり前だよ。冷蔵庫に一杯あるもんね。」と言ってましたが、しばらくしたら、「あのさ~、瓶詰めしたらいいんじゃない?もっと作ってもいいんじゃない?」だと!

おのれ~(ーーメ)

目が真剣なのが怖いです。この人って一体。。。

計20個以上の巨大パプリカはマリネとなって冷蔵庫を占拠しています。
でも、パン、ハムやチーズと一緒に食べると、実はこれが本当においしい!!
これだけで十分です。

PA160048.jpg

「マリネ液なんて、ドレッシングを使ってよ~。ぼくの好きなドレッシング~。」と言うので、タッパー1つ分をドレッシングでマリネしたら、「やっぱり、マリネ液の方が美味しい~。」と言って、ドレッシングで合えたものには見向きもしません。

おのれ~(ーーメ)

外国人であること

10 09, 2008
8月の中旬にアメリカに戻ってから、2ヶ月間研修先が確定しないまま過ごしてしまいました。まだまだ問題はありますが、やっとなんとか目処が立ちそうなので少し気持ちが落ち着きました。

今回の研修に関するトラブルは、色んな意味で勉強にもなりました。どなたかの参考になればという気持ちと、自分の反省を含めて文章にしたいと思いました。

(※)私はF-1という学生ビザで留学しており、ここで言う研修とは学位取得の必須単位となる研修(インターンシップ)です。私の専攻では無給のケースが多いのですが、有給もあり得ます。
(※)以下で問題になったSocial Security Numberの発行についてですが、SSNは就業以外の目的で発行されません。したがって、F-1ビザの学生がSSNを取得できるのは、キャンパス内で働く場合とOPTの場合だけです。

まず、今回の概要ですが。。。

 8月から研修を始めたかったので、5月に入って研修先を探し始めました。その時はすぐに第一希望だったところに内定をもらったんですね。夏休みを終えて、アメリカに戻ってから具体的な手続きを始めました。その際に、私が留学生でSSNがないので、どうやって身辺調査を進めようかという相談があり、ビザの番号で対応してみようということになりました。ところが、対応してくれていたスーパーバイザーが急に解雇されてしまい、その後の責任者に対応を黙殺されてしまったんですね。

 この、「対応を黙殺」がつまづきの第一歩でした。アメリカ人は何かの理由で対応したくない時、職責であっても黙殺する人がいるんですね(一応”人がいる”としておきましょう)。私自身や大学のAssisstant Dean(兼アドバイザー)に頼んで連絡をしてもらっても、「完全に無視」状態になってしまいました。それでも、なんとかその施設の別の部門にコンタクトをしたところ、SSNの問題が原因でペンディングになっているという回答でした。留学生事務局から、「私のIdentityはビザの番号で確認できるはずだ」とアドバイスをしてもらって、やっと「身辺調査を進める」との回答はありました。ただ、私の研修の責任者が完全にNo Responseなのは、彼女がインターンを受け入れたくないからなのだろう気持ちは拭えませんでした(実際にそうだったことが後でわかります)。とにかく、素直に待っていても大丈夫な確証がないので、新しい研修先を探すことにしました。

 そして、何箇所か他の研修先に応募をしたのですが、たまたま私が応募したところは「研修生の選定は1年前に行う。なぜ、今頃応募するのか?」と言うような対応でした。大体、夏場に翌年の研修生を決めるようでした。私は、過去の学生の研修先感想文(手書き!)のファイルを渡されて、ここから選ぶように言われていたので、比較的公的な大規模な施設を選んでいたんですね。もちろん、そういう施設で経験を積みたかったからでもあります。

 「これじゃ、暗中模索だな。施設自体をADに選んでもらおう。」と思って相談をするのですが、話をすればするほど、彼女には研修先に対する知識もコネクションもないことがだんだんとわかりました。コネが効くならその方がいい、外国人だからハンディがあるのかもしれないと、手当たり次第に、学外の友人や他の教官にも事情を説明してお願いをしました。(結局は、担当の指導教授が既知の施設にコンタクトを取ってくれることになります。)

 ところが、紹介で見込みがある施設に応募したところ、「州の管轄官庁の規制により、SSNのない人間は受け入れることができない。」と門前払いをされて、ひっくり返りました。SSNがない事を説明し、ビザの番号で対応可能だと説明しても、全く相手にされません。それが本当なら、どの施設であろうが私が研修できる可能性はありません。色々考えて、日本領事館に連絡し、特別にSSNを申請できる方法がないか尋ねて見ようと思いました。もし、私と同じ状況の学生が居れば問題になっていて、情報があるんじゃないかとも思いました。担当者の方のアドバイスは興味深く、「続き」に書きたいと思うのですが、要点としては「私と同じ専攻の学生はたくさん居るはずなので、まずは地元のSocial Security Officeに行って本当に発行できないのか確認してみては?その上で大学の留学生事務局とよく相談をするように。通常、留学生事務局は解決策を持っているはずです。」とのアドバイスを貰いました。翌日、早速Social Security Officeに出向きましたが、やはり絶対に発行できないとの事。

 その話を受けて、指導教授は「基準のゆるい施設を探す。」と言うのですが、「基準がゆるいってどういうこと?もぐりの施設しか行けないって事?これじゃ、就学の機会損失じゃないか。」と納得できない気持ちで一杯になり、「学位を取得させられない状況で留学生を受け入れているんだ。アメリカ人と同じ授業料を払ってるのに許せない。訴訟か?」とまで思いつめました。

 私がプログラムで初めての留学生なので、経験はないとわかっていても、とにかく、留学生事務局から交渉してもらうしかないと、何度も電話をするのですが、事情がこじれてくると、逃げるんでしょうね、お決まりの「無視」状態に。留学生事務局には以前から何度か同じ手を使われているので、今度は逃がすまいと、顔が利く人から交渉してもらうことにしました。

 私としては、応募できるだけ応募するしかないと思い、ふと思い出して、当初の研修先の人事部にも私の身辺調査はどうなっているのか電話をかけてみました。すると、「ああ、ビザの番号で各種機関は問い合わせを受けてくれたわよ。結果待ってんの~。」と言うのです!!!詳しく聞いてみると、留学生のIdentityはビザに記載の番号で州に管理されており、SSNの代わりにこの番号で州管轄の必要な情報にアクセスできるとのこと。(私の場合は、各種犯罪暦)

 ビザの番号で私の身辺調査が可能だと言う情報は一番の朗報でした。これで、SSNを理由とした門前払いに堂々と主張できます。実施、彼らがどういう機関に調査を依頼するのかを調べ、その機関に直接問い合わせをして確認をしようと調べていたところだったのです。

 上記の指導教官が問い合わせをしてくれた施設はアジア関連の団体で、研修の観点からは十分な状況ではないのですが、席を置かせてくれると言うので、感謝してお受けすることにしました。この施設のスーパーバイザーも他の施設での経験を勧めるので、続けて研修先を探すつもりです。

今回の教訓は。。。

提携したインターンシップ先があり、留学生の受け入れ経験のある大学を選ぶべきだった。
 そもそも論になってしまいますし、私には事情により選択の余地がありませんでしたが、授業の一環である研修なのですから、一般的には留学生にとって無用な苦労がさけられるかもしれません。もちろん、自分で研修先を探すのも良い経験ですが、他国の制度、土地柄、慣習にどうしても疎くなる留学生にとっては、不利な事や時間のロスはあるでしょう。大学の提携するインターンシップ先がある、もしくは少なくとも紹介をするシステムがあるということは、その大学のプログラムが良い物であるという証拠でもあると思います。
 また、留学生の受け入れ経験があれば、留学生に特有の問題(今回の私のSSNに関する問題)にも経験がある訳で、適切に対処できると思います。

外国人であることを理解し、自分のStatus(ビザなどの滞在資格のこと)の研修への影響、研修先自体について、もっと事前に良く調べ準備するべきだった。
 こちらの方が大事です。研修はカリキュラム内のものであり就職活動をする訳ではなかったので、外国人であるハンディについて深く考えなかったんですね。アメリカ人のクラスメイトと同じようなタイミングややり方で進めようとしていました。もっと、以前から研修先についてよく調べ、その内容をよく理解し、問い合わせをすべきだったと思います。応募のタイミングを逃した施設については「こういう情報を大学が用意すべきだ」と思ったりしましたが、ここでは何事も自分で確実に調べなければ誰も助けてはくれません。また、「外国人であるハンディ」については、研修先となるアジア系団体のスーパーバイザーの話に考えさせられましたので、「続き」でも書きたいと思います。

自分で選んで他国に来た以上、Disadvantageはあって当然です。不当に差別されることを良しとする必要はないけれど、認められるには、努力を重ねて認められるだけの能力を身につける以外ありません。言葉の障壁にしたって、自分で十分努力をしているとは自信を持って言えません。。

そんなことを考えた出来事でした。

続きで、もう少しTouchyな話をどうぞ。

続きを読む »

World Travelerと私の一人ランチ

10 04, 2008
相棒が友達に会いに鉄砲玉のように出て行ってしまったので、土曜日ですが一人でランチです。 ランチには戻ってくると思ってたんだけど、どうも帰ってこないらしい。

さて、その友人と言うのがジャーナリスト、フォトグラファー、World Travelerというユニークな生き方をしている人です。今年の3月に8ヶ月間かけたアフリカ、ロシア、中央アジアの旅から帰国して、アメリカ国内で講演したりしていたようですが、またアフリカへ6ヶ月間出かけると言うことで、会いに出かけたようです。

実は私もファン♡

相棒よりも3つ年下で(お腹も出てないし)、ソフトな笑顔でウインクされるとドキドキ(♡♡)

独身で彼女も居ないそうです(家に居ないんじゃあね)。 相棒と二人でアメリカ女性の手酷い仕打ちについて傷を舐めあっていました。

でも、彼に会うときに、私を一緒に連れて行ってくれなくなったんですよね~(ーー;) 下心がバレるような気がして、「私も行きたい」とも言い出せず。残念!

次は会えるかしら。。。(会いたい♡)

いつも、横で猛獣がお腹を空かせているので、なかなか食事の写真を撮る機会がありません。なので、今日は一人ランチをご紹介します。

Flounderのムニエルとにんじんサラダです。

PA050006.jpg

Flounderを辞書で見ると、”ひらめ”とあるのですが、身がクリームのように柔らかくて平べったいままソテーしても、オーブンで焼いても今ひとつでどうやって食べてよいものやら思案していました。骨も皮も処分されているので、煮物にも出来ないし。混ぜ寿司にいいかもしれませんね。とにかく、特価で1箱買ったので冷凍庫に大量にあるのです。

クルクル巻き タルタルソース

そこで、レシピを探していたら、この”くるくる巻き”が目に留まりました。ちょっとコツはいりますけど、これならいい感じです。しかもタルタルソースと合う!

このタルタルソースは自家製のきゅうりのピクルス、玉ねぎ、ゆで卵、マヨネーズとレモン汁を混ぜただけなのですがおいしい♪ 本当はパセリも入ります。

にんじんサラダは、家にあるOriental料理の本からのレシピですが、まあまあです。にんじんが沢山食べられるのがメリットですが、もう一工夫必要かなぁ。

にんじんサラダ1 にんじんサラダ2

こちらは、William Sonomaのサイトからのレシピでパンを焼きました。
これはなかなか美味しかったです。

multi grain bread1 multi grain bread2

Bread Flour(強力粉)に全粒粉、ライ麦粉、Whear Bran、Oats、が加わり、甘みはハチミツとモラセスだけ。フットボールサイズの生地にハチミツもモラセスも大匙二杯つづですが結構甘みがあります。油脂は全く使用しないのに、しっとり。

しかし、実は。。。間違えて水を2倍入れてしまいましたー(^o^)/
本当はバゲットのレシピなのに、NK Bread状態。パイレックスのお世話になり、上手に焼けました。ですので、”あるべき姿”でクープを開かせてみたいのです。リベンジします(リベンジ多し)。

洋ナシの木

10 03, 2008
よく行くSpring Creekで季節柄めずらしいものを発見しました。
洋ナシと言えば、日本でもフレッシュなものが食べられるようになったのはここ最近じゃないでしょうか?そのせいか、私にはいかにも外国のフルーツと言う感じがして、今でもわくわくして食べるものの一つです。

その洋ナシが木になっているのを見たときの感動!お伝えしたいです。

いつものようにBandingをしていたら、相棒が洋ナシを二つ手にして戻ってきました。「誰かにもらったの?」と聞いたら、「あそこになってるよ」って。最初は冗談かと思って、双眼鏡で見たら、確かに何かがなっている!!

P9140026.jpg

40秒後にはその木の下にいました(笑)

P9140028.jpg

どれが、自然のものかお分かりになりますよね(笑)

P9170043.jpg



ここ数日は冷凍庫に大量にあるいちごをピューレにしてパンにしたいと思って、レシピを探したり、適当に試したりしています。

その中でも一押しの失敗が「いちごくるくるパン」とやら。。。メロンパンの変形のようなもので、クッキー生地をシナモンロールのように巻き込んで、モンキーブレッドのように型に入れて焼くというもの。巻き込んでしまうとクッキー生地から水分が飛ばないせいなのか、粘土の様なDoughの食感のまま。。。何とか処分しようと翌朝半斤食べたら、バターが多いせいか気持ちが悪くなりました(゜o゜) ちゃんと焼けば本当に美味しくできるのかな?

鳥のエサになりました(^◇^)

他のイチゴパンも試したんですけど、フルーツのピューレってどうもパンに入れるとうまく行かないです。水分量の調整が難しいのかな?

そして、もう一つ凝っているのがバナナブレッド。

色んなレシピをトライ中ですが、今日は激しく失敗しました(@_@) マクロビのレシピで作ってみたんですけど、今までのなかで最悪のバナナブレッド。踏み潰されたパンみたい\(^o^)/ かなりの激しさです。相棒に味見されたくないので奥にしまってありますが、小麦粉の高いこのご時世に材料費を無駄にした罪悪感を感じます(食べますよ)。

お友達がくれるかなりおいしいバナナブレッドは多分ミックス粉だと思う今日この頃。

最後にお口直しにプレーリーの写真を。

P9140025.jpg

Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。