スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thanks Giving Feast

11 29, 2008
今日の主役は七面鳥!Thanks Giving Dinnerをご紹介します。

同居人の料理は繊細さには欠けますが、肉塊料理はさすがに上手です。その上、結構うるさくて、私がレシピ本を持ち出して提案しても、己の本能と直感に妥協しません。

まずは、どかんと使用前(^^) 怖かったらスイマセン。
赤いぽっちにご注目!何のためか予想してみてください。これはプラスチックの釘みたいなものが刺さっています。

DSCN0131.jpg

そして早速、どかんと使用後(はやっ・笑) お皿の半分はある肉汁です(じゅる)。
5時間以上かけて焼きましたが、去年使った”ビニール袋”を使って焼かなかったので、ジューシーさが少し落ちました。これは透明の特殊なビニール袋でターキーを丸ごと入れて焼きます。とってもモイスチャーに焼けます。

DSCN0144.jpg

どうやって、焼けたか確かめるか知りたいと思いませんか?
赤いぽっちの姿に注目!

DSCN0147.jpg

そう、焼けてたら飛び出すんですね、簡単で便利だと思いませんか?
お肉を焼くときの温度には皆さん注意するみたいです。生焼けを食べて感染するのか、苦しんでいる人が時々います。

今回は、セロリと玉ねぎりんごを詰めました。本当はコニャックも使いたかったのですが、却下されてしまいました(T_T)

まだまだ熱いうちに、さっさと切り分けてしまいます。あっという間に残骸。もちろん私はやりません(笑)。

DSCN0150.jpg DSCN0151.jpg DSCN0152.jpg DSCN0155.jpg DSCN0149.jpg

最後の写真は両足です(うふ)。

肉汁の半分はスープストックに、半分はグレービーにします。この他、使わない首や肝臓、心臓もぐつぐつ煮てスープストックになりました(肉食・笑)。

グレービーはハンドブレンダーで肉汁と野菜をピューレにするだけで、とろみはつけませんでした。
下の写真は順に、グレービー、ドレッシング(スタッフィングとも呼ばれる、パンやコーンブレッドを使った詰め物にもなるものですが、詰めて焼かずそのまま焼いて食べることが多いみたいです。)、マッシュポテト(ハンドブレンダーでふわふわです。)、クランベリーソースです。

DSCN0156.jpg DSCN0140.jpg DSCN0137.jpg DSCN0158.jpg

さ、お皿に盛りました!頂きまーす(笑)。
どちらが、私のお皿で肉食獣のお皿でしょうか?え?ほとんど同じ?間違えた方は恨むかも(笑)

DSCN0161.jpg DSCN0163.jpg

彼のお皿は大好きなマッシュポテトで覆われています。
肉一色の記事になってしまいましたが、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

あ、クランベリーソース以外は彼が作りました(笑)。
スポンサーサイト

Snow Geese & Bald Eagles

11 26, 2008
ミッズーリ州のSquaw Creekという場所にSnow Geeseが飛来しているので見に行きました。ここは保護区になっていて、アメリカのシンボルであるBald Eagles(白頭ワシ)も多く見ることが出来ます。

まずは、Snow Geese。湖面に白い塊が出来てます。

DSC_4980.jpg

一斉に飛び立つ。

DSC_4993.jpg

空一面に広がる光景には息を呑みます。

DSC_5053.jpg

Snow Geeseは種としては1種になるのですが、遺伝子の違いから、灰色が混じったものと真白のものがあり、色の違うもの同士は決して交配しないそうです!人間も生物学的に同じ種を好む傾向があると何かで目にしたのを思い出してしまいました。

そして、Bald Eagles。白い頭と黄色いくちばしがはっきり認められますね。

DSC_4885.jpg

構えの姿勢に入りました。

DSC_4889.jpg

そして、獲物を狙って飛び立つ瞬間。

DSC_4890.jpg

この目つきと姿勢、カッコイイと思いませんか?王者の風格ですよね。
立つと70cm位、羽を伸ばすと2mにも渡るとのこと。
ちょっと遠かったので、シャープに取れませんでしたが、飛び立つ瞬間が撮れたので良かったです。

さて、お気づきかもしれないですが、このSnow GeeseとBald Eaglesは関係があります。
難しい話ではありませんが、残りは続きで!

アメリカ在住の方は、明日のThanksGivingなにかと楽しみな予定をされていることと思います。
私たちはThanksGiving的な予定はありませんが、”七面鳥的”にはやる気満々です。
性質は草食動物でも、”肉”に対しては肉食狩猟民族のDNAが騒ぐらしい同居人は数週間前からターキーのことを考えていますし、私も今年こそは試してみたい方法があって、数日前から2人で協議中です。

(なにかとヨレヨレでも)折角のアメリカ生活ブログなので、次回はぜひターキー主役の記事にしたいと思います。

それでは、Happy ThanksGiving to you all!

続きを読む »

パン色々

11 23, 2008
昨日は友人からのプレゼントでマッサージに行ってきました。学校が運営して、生徒さんが施術をしてくれるので、お安い。45分で$25。しかし、切れ目なく話し続ける20歳のギャル(死語?)に英語で対応せねばならず(あたりまえか。。。)、リラックスできなかった(-_-;) でも、日本人の先生がいて、面白い授業をしてくれたらしく、日本や東京に興味津々なようで可愛かったです。

部屋を出るときに壁を見ると「リラックス効果を高めるためにお喋りは最小限にしましょう。」との但し書きがっ。アメリカ人はお喋りしないと緊張しちゃうのよねと、笑ってしまいました。

今日は美味しく焼けたパンをまとめてご紹介!(おほほ)

まずはこれ。
こちらのレシピを応用して、缶詰のみかんをハンディブレンダーで完全にジュースにして、生姜の砂糖漬けを混ぜ込みました。大量にある缶詰(熊五郎の財産)の活用方法を見つけたかも。

DSCN0098.jpg DSCN0099.jpg

Chicoさんのサイトで紹介されていたKing's Hawaiian Breadとやらです。
面白くて、激しく何度もリピートしました。ふわふわ系です。パイナップルジュース(今回はみかんジュース)に含まれるビタミンCのせいかなと思うんですけど、嬉しく釜伸びするんですよ(うっとり)。味は普通の食パンです、まあまあかな(なんだよ)。生姜の砂糖漬けは自家製なんですが、どうも生姜の風味が強すぎてパンに入れるのは私はあまり好みじゃないんです。次回は他のものがいいですね。

そしてこれ!黒糖くるみパン~~~!

DSCN0112.jpg

写真はイマイチですが、とってもとってもとーってもおいしい。くるみはケチっちゃいけないことがわかりました(いつもついついケチってしまう)。2日で1斤食べちゃった(やばいーー;)。
♪秘密にしておきたいけど、優しいアナタだけにこっそりお伝えするレシピはこちら

そしてこれ!その名もGolden Honey Oat Bread
真ん中の空洞については空洞ではありません(暗示かけてます)。

DSCN0130.jpg

めずらしく気に入ったアメリカのレシピ。全粒粉やライ麦を使ったレシピは結構試したんですが、なんともどっしりしてしまうことも多いんですね。こちらは好みのふわふわ感としっとりもちもち感が良い具合。元レシピにひまわりの種やポピーシード、ゴマなども加えて、5 Grains Breadかな(えっへん)。スーパーで$4はしますからねっ。多分ポイントはWheat Glutenを加えてることだと思います。
♪秘密にしておきたいけど、親切なアナタだけにこっそりお伝えするレシピはこちら

ちなみに、やはり小麦粉の吸水量が違うせいか、日本のレシピだとうまく行かないこともあります。

成功の陰に(とってもたくさんの)失敗アリ。ベランダのリスとコンビを組んで頑張ってます。

映画色々

11 18, 2008
近所に新しく出来たスーパーにREDBOXという自動レンタルDVD機が置いてあり、1日$1でレンタルできます。タイトルの品揃えは”今”のものに限られるようですが、逆に最新作が手軽に見られるのがうれしいです。

明るい気分になりたいときは、ちょっと笑えて、ちょっぴりジーンとくる、お決まりのラブコメディが私には合ってるみたいなので、今回適当に選んだのが、コレ。

ベガスの恋に勝つルール (完全版)ベガスの恋に勝つルール
(2008/12/05)
キャメロン・ディアス アシュトン・カッチャー

キャメロン・ディアスはこの手のラブコメディにハマりますよね。ストーリーの展開はお決まりのパターンだと思いますが、ちょっとお洒落でちょっぴりホロリです。深刻な結末が予想されないので、安心して見られます。

アシュトン・カッチャーは名前は聞いたことがありましたが、(若すぎて)興味がなかったし、これで興味が湧くほどのインパクトもなかったですが、若いって言うだけで可愛いものですね。隣の熊五郎と見比べてしまいました(-_-;)

今年の夏に劇場で見たくて見られなかったコレ。

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国

もちろん大好きだったインディシリーズ。
しかし、ハリソン・フォードもう60代なんですね。は、はやい。。。今回はそれが気になって、ついついハリソン・フォードの体つきや動きに注目してしまい、注意がそれてしまってストーリに入り込めない時が(笑)。ケイト・ブランシェットが好きなので、彼女の美しさに注目。制服姿がシャーロット・ランプリング(知っているあなたは同世代orマニア)を思い起こさせます。

と、ここまできて次は映画ではないのですが、熊五郎のコレクションから拝借したのがコレ。
ちょっと怪しげなイメージですが、別にいかがわしい映画ではありません。れっきとしたナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーです。

In the Womb
(2007/05/08)
National Geographic Channel

これは、驚きの事実!誕生までの胎児の成長をまとめたものなのですが、新しい技術によって胎児の成長に関する興味深い新事実がわかるようになったそうです。例えば、羊水を通して食べ物の味を感じたりするそう。”母の手料理”をすでに味わっているとか。白色人種の胎児は全て目が青いとか(これは、どうでもいいか。。。)。妊婦さん&お母さん必見?!
In the Womb: Multiples

お腹の中にいる間から、母親を通して胎児は驚くほど色々な影響を受けているんですね。後の性格形成につながるものもあるそうで。

余談ですが、義理の姉が妊娠中、兄がスナックで酔いつぶれて帰ってこれなくなったことがありました。兄がそのスナックのママをお気に入りであることを、義姉は知っていたので大激怒。興奮して、泣きながら私に電話してきたことがありました。電話でなだめた後、なんとその夜、彼女は不正出血してそのまま入院となりました(反省しろよ、兄)。ま、そんな彼も今はわき目もふらず、ひと目も気にせず、激しく娘マイラブですけどね(笑えるんだよ、兄)。

そんなことを思い出したドキュメンタリーでした(-_-;)

ラブコメディーとアドベンチャー物は、感情力と想像力の幅がちょっぴり限られている同居人が楽しめないジャンルのようです。転んだり、ぶつかったりしないと笑えないらしい。。。子供か(-_-;)
13 CommentsPosted in 映画

ハラマキ

11 17, 2008
ここのところ、朝晩は零下を下回る日もちらほらと出てきました。これが、零下を上回らない日に突入するその時が怖い(T_T)

最近、すっかり手放せなくなった愛用品をご紹介します。

じゃん!素晴らしい日本の知恵、ハラマキのマキコちゃん。
(こんな写真をアップしていいのか?!すでに働きすぎで疲労が見えるマキコちゃん)

DSCN0110.jpg

すでに、使い込んでももけた姿で申し訳ありませんが、これは日本を去るときに友人がお餞別にくれたものです(ありがとうねUちゃん)。

薄手のストレッチなので、外出するときもそのままはめてます。胸の下辺りから腰の下辺りまでをすっぽりカバーしてくれるので、ここから冷たい風が”ひょっ”と入ってくることがなく、効果絶大!一度慣れてしまうともうこれなしでは生活できません。

厳寒の生活にはちょっとした体温の逃げ場を防ぐと大きく違うんですよね。これほんと。Colombiaなどのアウトドア系洋服の真価は日本では感じられないよなと妙に納得。ジャケットなどの小さな防寒機能の有無で体感気温が左右されます。帽子をかぶって出ないと10分で後悔します。手袋は忘れたらアウトなので各ジャケットのポケットに配置。

違いがわかる土地に住む女。。。

靴下を二枚履いて(これも今年になってから思いついた)、マキコちゃんをして、足元にヒーターを使うと鼻炎が軽くなることに気がつきました。冬場は少し動くと汗ばむくらいの厚着が良いと読んだので、この冬はこれで挑戦してみます。

雪ダルマルックが続くと太ったのに気がつかないのが怖いですね。それに、ますます子供に見えてしまう。

次回帰国したときはマキコちゃん2号をゲットしたいと思います。毛糸のパンツより効果大でしょう。

Pumpkin Truffles

11 15, 2008
個人の方のブログやHPを拝見するようになったのは、アメリカに来てから。日本に居たときはお店で手軽に手に入ったものが手に入らないので、自分で作れるかなとネットでレシピを検索したのがきっかけだったと思います。そんな中で海外在住の方のブログを拝見するようになり、自分がブログを始めるきっかけにもなったのでした。

そんなアメリカに来た当初から拝見していたCalifornia KitchenのChicoさんのレシピ。どのレシピもおいしいですが、Butternut Squash SoupとCorn Chawderは大のお気に入りで、何度も作りました。

今回、Chicoさんお手製のPumpkin Truffleのプレゼント企画があり、飛び上がって応募(笑)。
この街では手に入らないので、いつか自分で作るしかない。。。と思っていたものの一つがトリュフなどの生チョコ類です。

信じられないことに、見事に当選しました~(ぴょんぴょん)。

PB160023.jpg

Chicoさん、ありがとうございました。
早速、黒糖ジンジャーティー(普通の紅茶に黒砂糖と生姜を入れただけです^^;)と一緒に味見させていただきました。

Pumpkin Trufflesも美味しかったですが、オレンジ風味のチョコレートも絶品!これはチョコレート本を入手して精進しなければと思いました(←やらない・笑)。でも、実は日本に帰省したときにチョコレートの型を買ってしまった私。いつか作れるようになりたいものです。

最近の入浴法

11 10, 2008
ここ最近鼻炎が悪化してたのですが、なんと昨日はくしゃみをしたはずみで腰を少し痛めてしまいました(*o*) 大したことはありませんが、運動不足の証拠だと思います(年だけじゃないぞ~)、ショック。。。車がないと何一つ出来ない生活って本当に不健康ですね~。散歩したいんだけど、実はこの辺りでもあまり安心して散歩出来ないんですよね、残念ながら場所が限られてしまいます。

さて、本題ですが(というかこんなことをお題にしていいのだろうか・笑)、アメリカ人の友人の家に行ってバスルームを見たときに不思議に思った事があります。

シャワーがない。バスタブだけが「でんっ」と置いてある。

一般的には、シャワーがついたタイプも多いと思いますが(うちもそうです)、浅いバスタブだし、蛇口の下に頭は入らなさそうだし、「どうやってシャンプーするんだろう。。。」と疑問に思いました。

そんな疑問が晴れる(?)日が来ました。

うちの熊五郎がその家でお風呂を借りたときに、何かを忘れたらしく、呼ばれてバスルームに入りました。そこには、浅いバスタブに10cm位のお湯を溜めてその中で全てを洗う(毛むくじゃらの)熊五郎の姿が!(私が見たときに彼がどんな体勢を取っていたかは想像しないほうが。。。)

見てはいけないものを見てしまったような気がして笑撃衝撃でしたが、確かに上を向いて寝そべれば、髪だってゆすげますよね。
(注・たった10cmのお湯で入浴するのがアメリカで一般的とは思いません)

お皿の洗剤さえゆすがない彼ですから、当然、石鹸で洗ったあとは「かかり湯」なしでそのままタオルで拭いていると思われますが。。。

石鹸シャンプーをトライしていた時に、私も使いにくいシャワーをやめて熊五郎方式を取ることにしました。うちのアパートのシャワーヘッドは壁に固定されていて、硬水で常に目詰まりもあって、髪がきれいにゆすげないんです。

石鹸シャンプーはあきらめましたが、市販のシャンプーを薄めて使うことにして、コンディショナーは止めて、手作りの酢リンスを使っています。

酢のリンスは単独で使っても、意外に使い心地が良い!

洗濯物に酢を入れるとふんわりすると聞いたことがありましたが、髪の毛も柔らかくふんわりするみたいです。髪全体に行き渡るようにして、しばらくすると髪がふっと少し柔らかくなる(ような気がする)ので、そうしたらゆすぎます。濡れているときは少しきしみますが、乾くとふんわりすべすべ。私にはどの市販のコンディショナーより快適です。しかも、とってもエコノミー。

そこで、私の入浴法。

ぐるぐる 半身浴程度に浴槽にお湯を溜める。
ぐるぐる 寝そべって髪を濡らす(バスタブ長いので)。
ぐるぐる シャンプーをする→寝そべって髪をゆすぐ。
ぐるぐる 体を洗う。
ぐるぐる バスタブを掃除しながら、浴槽のお湯を抜く(私はお酢か重曹で掃除するので体にOK)。
ぐるぐる もう一度、お湯を少し溜める。
ぐるぐる 髪をもう一度きれいなお湯でゆすいで、酢リンスをする。
ぐるぐる 酢リンスをバスタブ内でゆすいで、バスタブをきれいにしながら、お湯を抜いて終了。

(※)順番を間違えて、ボディーソープや石鹸の混じった水でシャンプーすると髪がべとべとに。。(←やった・笑)。
(※)2度目にお湯を溜めたときに酢リンスをするわけですが、酢はお肌にも良いと信じて、入浴剤兼?!(笑)。
(※)酢は酢酸類(Vinegar類)を使えば揮発しますが、クエン酸は残留してべとつくと聞いたことがあります。

こちらが、今使っている酢リンス。ボール一杯に薄めて頭からかぶります。
買ってきたバラが萎れたときに、花びらをはがしてアップルサイダービネガーにつけて抽出し、グリセリン(←これが大切、威力絶大)とエッセンシャルオイルを混ぜたもの。

DSCN0104.jpg

ちなみに、このOXOのメジャーすごく便利です。1/4CUP=大さじ4杯まで計れます。

マニアックな話題にお付き合いいただきありがとうございました(^^)/~~~

Ecoなアリスの生ゴミ処理機

11 08, 2008
バルコニーの側の木にはベリーが一杯生っていてスズメやリスがたくさんやってきます。
こんなに器用なこの方。

DSC_4763.jpg

ある日ひらめきました!!そう、置いてみました、ベランダに生ゴミ。

食べる食べる。早い早い。
もう、慣れてるので、私を一瞥して、またかりかりぽりぽり。

DSC_4767.jpg

あっという間に次の一切れです。これは焦げた部分があるので。。。。

DSC_4777.jpg

「焦げたのなんか、食えるかいっ」で、ポイしてあります(お皿の左・笑)。
(かなり激しく焦げてますが、”熊五郎”のしわざであって私ではありません。念のため。)

ポーズをとって、最後の一切れ。

DSC_4779.jpg

このほか、スズメもたくさん来るようになりました。

アメリカ人の友人がくれる、私には極甘で食べられないクッキーやケーキ(ひゃー、失礼なんですが、捨てるのは悪くてなかなか捨てられなくて困ってました。)、かびの生えてしまったパン、失敗作でまずくて食べられないパン・お菓子、人からもらった体に悪そうな着色料の付いたジャンクフードなどは砕いて、差し上げることにしました。
(なんか、ひどい?・笑、悪人~)

フルーツの皮も刻んで入れてあげます(皮だけね)。
(ちょっと、ヘルシーなものもね、って皮か~)

残念なことに、野菜くずは食べてくれないので、ちょっと生ゴミ処理機としては欠陥が。。。(笑)
でも、電気代もゼロですし、私的にはかなり満足してます。

油脂について考える(3)

11 06, 2008
今日、外から帰ってきた時に雨があられに変わりました。
今年初めての雪です。州内ではすでに積雪がありましたけど。

何かにアレルギーがあるみたいで、ここ数日鼻水とくしゃみが悪化しています。鼻炎に効くハーブティってなんでしょうね?ツボは押しても効きません。。。

随分間が開いてしまいましたが、毎日の食事で心がけると良い油脂の摂り方について引用してみました。日本人の食生活だと当てはまらないというか、あえて気をつけなくても大丈夫だと思うのですが、うちの”熊五郎”(=同居人のことです。念のため)の食生活改善には実際に役に立つポイントだと思いました。

「油脂は大切な栄養素でもあるので、全く摂らないのはいけませんが、摂取量を制限しましょう(1日に70g以上の油脂を摂らないこと)。飽和脂肪酸、トランス脂肪酸とコレステロール(コレステロールの1日の摂取量は300mg以下)を多く含む食品をなるべく摂らないようにして、不飽和脂肪酸の多い食品を選ぶようにしましょう。オメガ3系脂肪酸は体に良いので積極的に摂りましょう。」

千里の道も1歩から。。。って使い方違うかな(汗)
でも、できることから少しずつ実践していければいいなと思ってます。

■体に優しい油脂の選び方 MayoClinic:Dietary fats: Know which types to choose

1.炒め物にはバターの代わりにオリーブ油を使いましょう。
2.サラダドレッシングにはサラダ油よりオリーブ油を、お菓子やパンを焼く時にはキャノーラ油。
3.サラダにはベーコンビッツの代わりにナッツやひまわりの種をトッピングに。
4.おやつはポテトチップスや加工品のクラッカーをやめて、ナッツにしましょう。
  セロリやRice/Popcorn Cakeにピーナッツバターか他のナッツバターをつけて食べましょう。
  (※)ナッツバターは部分水素化(Partially Hydrogenated)処理されていないもの。
     ナッツバター類は色々あって楽しいですが、ちょっとお高いかな。
5.サンドイッチにはチーズの代わりにアボガドを。
6.お肉の代えて、単価不飽和脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の豊富な鮭や鯖を週に1、2回食べよう。

一概には言えませんが、周囲のアメリカ人の食生活を見ていると、これだけ気をつけても随分変わるような気がします。友人の料理を見ていても、炒め物にはバターですし(風味が好きなんでしょうね)、サンドイッチを食べる機会が多いので自然にチーズの摂取量も増えますし、クラッカーは何かと食卓に登場します。

お肉を食べる量も人によって違うとは思いますが、一番手近に使えるメインの食材ですからね。友人が5歳の子供に与えた朝食が生ソーセージをフライパンでハンバーグのように焼いたものだけだったのには驚きました。この辺りは内陸だし、ビーフステートと呼ばれるだけあって牛肉が主要産業品なので、「魚は大嫌い!絶対に食べたくない!」と言ってる人よくいます。まあ、おいしいと思える魚は手に入らないので、嫌いになるのもわかる気がします。

この他にも、例えばどうしてもパンにスプレッドが欲しい場合、バターよりはトランス脂肪酸の含まれていないマーガリンを勧めていて、飽和脂肪含有量のなるべく少ないSoftタイプのTubに入ったものを選ぶように言っています。バターは風味づけのみに使うとか。

飽和脂肪酸は、バターだけでなく、肉類、牛乳、生クリーム、サワークリーム、チーズ類に多く含まれています。チーズもメインの食材としてではなく、クセのあるもの(Aged、ブルーチーズ、パルメザンなど)を風味づけに使うよう勧めています。

例えば100g中の飽和脂肪量、コレステロール量、カロリーはこんな感じでした。
生クリーム   23g 137mg 345kcl
クリームチーズ 19g 110mg 342kcl
サワークリーム 11g  52mg 193kcl
ヨーグルト     2g 0.1mg  56kcl (Plain Skim)(USDAより)

使用頻度にもよると思いますけど、代替できる場合は低数値の食材を利用したいですね。

熊五郎は職業柄こういう情報は良く知っています。

では、どうして彼はハム・ソーセージ類やチーズ控えられないんでしょうね。育ちの味覚は一生のものって言いますよね。Super Size Meでは、「アメリカ人は子供の頃から親しんだファーストフードの味が好き。」と言っていました。それで育った味覚がCrazeするんでしょうか。

今はまだ年齢的に何とか大丈夫だとしても、病気になって好きなものも一切食べられなくなるよりは、今少し我慢をしてもずーっと時々は美味しいものを楽しめる健康体でいたいなあと思います。
そんなに都合よく行くかどうか。。。(笑)

バナナタルト

11 02, 2008
彼の親友の女性が、親しい友人だけを集めて彼のために夕食会を開くというので、何を持って行こうか考えたのですが、パンと、何か小ぶりのお菓子を持っていくことにしました。

Panipopoさんのタルトを見ていつも憧れていたので、バナナタルトを参考にさせていただいて初めて作ってみることにしました。それと、失敗したときのためにクッキーと(笑)。

DSCN0089.jpg

残念ながら断面がないのですが、生チョコの上にクレーム・レジュール(カスタードにホイップした生クリームを混ぜたもの)を重ねて、カットしたバナナを並べナパージュでコーティングしました。
ナパージュしたのも初めて!うまくタイミングが計れず暖めなおしたりしました。

タルト生地を扱うのに慣れていないので、ちょっと厚めになってしまったことと、さくさく感が少し落ちてしまったことが残念でしたが、自分で自分に感激するぐらい満足の出来で嬉しかったです。フレッシュ感のあるタルトは自分にとっても久しぶりなので、感激もひとしおでした。

レシピを事前に確認するのももちろんだけど、きちんと準備したりタイミングを計ったり丁寧に手順を踏むことの大切さを改めて感じました(T_T)

皆さん美味しいと言ってくれましたが、実際のところはどうなんでしょうね。アメリカのレシピを見るとフロスティングもバターたっぷりですし、カスタードも全く違った味ですから、こういう味に慣れ親しんでいると、やっぱり慣れ親しんだ味が好きなんじゃないかなと思います。タルトのクラストが一体何で出来ているのかも想像がつかないようでした。

パンの方は、何を焼こうか随分迷ったんですが(最近ソフト系のパンで奇妙な失敗が続いたので)、ぎりぎりになってバケット・フリュイを焼くことに決めました。彼女がチーズの盛り合わせを用意したいと言っていたので、ワインもあればバケット・フリュイぴったりですよね!

クランベリーとアプリコット、アーモンドと刻んだものを混ぜ込みました。

写真は綺麗に撮れなかったので、また次回に焼いたときに載せたいと思います。「少しのイーストでゆっくり発酵パン」からのレシピですが、びっくりするほど美味しく焼けました!自分でも止まらないくらい(笑)。この本からのレシピには本当にお世話になっていて、どれも上手に焼けるのが不思議です。バケット1本があっという間になくなりました。私が焼いたこと皆さん気がつかなかったみたい。

以前、彼女が私のサラダを食べて、おいしいととても驚いて、レシピを聞かれました。「市販のドレッシングを使わずに、オリーブオイル、お酢とハーブをベースにしてサラダを作るけど、別にこれと言って特別なものは使わないよ。」と言ったことがあります。彼女は今回、市販のドレッシングを使わずに私のドレッシングのレシピでサラダを用意したらしいのですが、アメリカ人には物足りないのではないかと思っていたのに、これが全員に大好評でした。彼らにとっても、ちょっと考えるだけで、おいしくて体にもお財布にも良い食事が作れるんじゃないかな、と改めて思いました。

Spring Creekの秋(2)

11 01, 2008
この日は、朝7時ぐらいにスプリングクリークに着きました。着いたときにはまだ月が明るくてとても綺麗でした。

DSC_4647.jpg

DSC_4651.jpg

この時はBanding(鳥を捕まえて、足に金属の識別輪をつけて放します。)が目的で、スズメがたくさん。全部種類が違います。なんとなくわかりますでしょうか(笑)?

DSC_4656.jpg

DSC_4660.jpg

DSC_4662.jpg

実を言うと、こういう場所に来て綺麗だと思えるようになったのは最近かもしれません。最初は「草むらで何するの?」ぐらいの感じだったように思います。

載せたい写真が多くて選べないので、続きにさせていただきますね。お時間のある方はお付き合いください♪

続きを読む »

Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。