スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cinnamon Rolls

03 30, 2010
最近気に入っている、クックパッドからの菓子パンレシピです。
アメリカのスイートロールと較べると、低カロリーなのでありがたい。朝食にちょっぴり甘い日本のパンが恋しくなったときに良いです♪

るぱんに捏ねをまかせて、シナモンロールにしてみました。

cinnamon.jpg


cinnamon2.jpg



King ArthurのWhite Whole Wheat Flourはきめが細かくて、ブリーチされていないAll Purposeのような見た目です。今回は1/3をこの粉に置き換えてみました。ナッツ入りの食パンなどにも合いそう♪

るぱんに1次発酵までお願いして、ロール成型しオーブン焼成しました。
ちなみに、私は生地を切り分けるときに、ナイフではなく糸を使います。真ん中で糸が交差するような感じで切り離すとパンがつぶれなくて綺麗です。

2次発酵はふっくらするぐらいでも、このパンは釜伸びしますよ♪ 今回はWhole Wheatが入っていたせいか、いつもより釜伸びが少なめでした。

使わせていただいているレシピでは、100%強力粉版もあるのですが、成型したり、折込したりするときにはこちらのほうが扱いやすいです。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in Breads

ネブラスカの春とアジアンサルサ

03 29, 2010
週末に今年初めてスプリングクリーク(*)へ出かけました。

ついにネブラスカにも春がやってきました。
風の強いネブラスカでは、雲が吹き飛ばされて、真っ青な青空が広がります。
草原に石のベンチが一つ。

あおぞら


「ロォラァ~」(←大草原の小さな家)と呼ぶ声が聞こえてきそう。
実際に移住者の幌馬車隊が通ったtrail(トレイル)がありますよん。半端じゃなく大変だったことは、トレイルを見るだけでよーく分かります。肉食狩猟民族強し。

(*)National Audubon Society(全米野鳥協会)の保護prairie(プレーリー,草原)です。

続きを読む »

King Arthur's Oatmeal Bread

03 27, 2010
今日は衝撃の出来事がありました。
友人のCちゃんが使っているパナソニックのホームベーカリー(日本国内用)を見せてもらったんです。
今まで、アメリカの粉では無理だと信じて疑わず、実際にどうやっても焼くことの出来なかった、ふわふわの日本の食パンが見事に焼きあがっていました。もちろんアメリカの粉ですよ。。。

これは、日本が世界に誇るパナソニックの技術力のなせる業なのでしょうか?!

動揺が冷めません。。。アメリカのレシピがかすんできました。。。ホームベーカリー用の日本のレシピを試したことは1度しかないのだけど(撃沈した)、これはるぱんで挑戦しなくてはなりません。

さて、気を取り直して、今日はKing ArthurのBread Flourのパッケージに載っているレシピから。

oatmeal.jpg



アメリカのレシピでは、Oatmeal(オートミール)を使ったものをよく目にします。
オートミールを使うとパンがしっとりするんです。

King Arthurはアメリカの代表的な粉屋さんです。
ホームページにはレシピもたくさんあって、アメリカのレシピでパンを焼き始めたとき、ここで色々と勉強しました。材料や計量の話、粉の種類の違いなど勉強になる情報があります。

写真は、Bread Flourのパッケージにのっているレシピです。
調整することなく、るぱんで初めて上手に焼けたパンなのです。私は好みでクランベリーを入れましたが、しっとりして美味しかったですよ。ただ、日本のパン較べるとやはりどっしり感は否めませんね~。ちなみに、レシピではオーブン焼成となっていますが、私はそのままホームベーカリーで焼きました。全く問題なし♪

レシピはこちらからどうぞ→Oatmeal Bread
0 CommentsPosted in Breads

ナチュラルスキンケア

03 26, 2010
「お風呂の愉しみ」の著者である前田京子さんがリンスに使うというフランス産のビネガーをまねて買ってみたのがこちら。私もアメリカに来てからリンスはもっぱらビネガーなのです。知り合いのアメリカ人にもビネガーリンス愛好者がいて、髪が軽くなると言っています。私の住む地域は水の硬度が高いからかもしれないです。レモンもまた質感が変わって、いいですよ。

Thanksgiving20091127 (7)


感想としては、自分で作ったハーブビネガーで十分だと思いました(笑)。フレーバーに魅かれたけど酢は酢。サラダに使ってもさほど風味豊かでもありません。

続きを読む »

アメリカの小麦粉など

03 26, 2010
今日は使っている粉類のお話です。

flours.jpg


写真は現在使用中の粉類。粉類はたいてい5lb.(2.27kg)入りです。

★いつもはGold MedalのBetter for Breadという粉を使っているのですが、今あるBread FlourはPillsburyのものです。ブリーチされているのかいないのかの表示がありません。

★King ArthurのWhite Whole Wheat Flourは、初めて買ってみましたが、今まで使った全粒粉の中では一番きめが細かいような気がします。これだけを使ってクッキーを焼いてみましたが、さくさくだし、香ばしくて良い感じでした。Whiteと言ってもブリーチはされていません。

★Ray Flour(ライ麦粉)は、スーパーで手に入るのがHodgson Millのものしかないので、これを使っています。かなりきめが粗く、本当はもっと細引きのものを使いたいのですが、お店では見かけません。

★All Purpose粉は近所のスーパーで安売りのときにまとめ買いをしていたのですが、今回はCostcoで20lb.入りのEagle MillsのUnbleachedを買ってみました。この粉で十分パンが焼けます(Osterでの焼成には向きません)。

★Gulten Powderは以前から使っていたのですが、ホームベーカリーを使い出して必須アイテムとなりました。Gluten Flourと間違えないようにと、Bread Machine Cookbookにも注意書きがあります。184gの小箱です。近所のスーパーで手に入るのはHodgson Millのものです。

Bread Machine Cookbookによると、粉類は製粉される段階ですでに各種保存料が添加されているとのことです。ブリーチされているものは、栄養価が落ちてしまって薬品処理されているというイメージがあったのですが、ブリーチされていないものも、粉が固まらないように、自然に酸化するように(!)薬品が添加されているそうです。

正確な情報かどうか自信がないのですが、ブリーチというからには漂白のことかと思っていたのに、どうも“熟成”させることらしいのです。この熟成を薬品を使わずに自然に行ったのがUnbleachedの粉で、薬品処理をしたのがBleachedらしいです。薬品処理をしないと、倉庫での維持にお金がかかるために、値段が高くなるということのようです。このブリーチの安全性については賛否両論があるらしく、欧州ではブリーチは行われていないようです。

また、最近は、Bromateという処理で発がん性が指摘されたらしく、パッケージに明記されているものもあります。アメリカでは禁止されておらず、表示の義務付けは州に任されているようです。これは製パン製を高める薬品とのこと。スーパーやベーカリーで売っているパンのパッケージを一度注意してみたほうが良さそうですね。King Arthurの粉には、Never Bromatedと表記してあります。Bromateされていないと表記されているものを買ったほうがより安心ですね。ちなみにこれも欧州では禁止されているらしいです。
0 CommentsPosted in Breads

Banana Sandwich Loaf

03 25, 2010
さて、Beth HenspergerのTHE BREAD LOVER'S Bread Machine Cookbookから、Banana Sandwich Loafを焼いてみました。

以前何度か、日本のレシピでバナナパンを焼いてみたことがあるのですが、うまく行きませんでした。ですから、このレシピを見たときに目が留まったんです。これは、スイート系のパンではなく、バナナの量も少なく、香りはほんのりで食パンに近いですが、焼きたてはバナナ効果で、しーっとりもーっちりでしたよ。

banana.jpgThe Bread Lover's Bread Machine Cookbook: A Master Baker's 300 Favorite Recipes for Perfect-Every-Time Bread from Every Kind of Machine

The Bread Lover's Bread Machine Cookbook: A Master Baker's 300 Favorite Recipes for Perfect-Every-Time Bread from Every Kind of Machine
(2000/09/01)
Beth Hensperger



レシピどおりの分量でBasicサイクルで回しましたが、水分量が多すぎました。
生地が一箇所に止まって、羽から竜巻が発生しているような(笑)状態だったので、粉を足しました。

粉を足すときは、大さじ1ほどつづ足して、しばらく様子を見ます。
吸収されるのにちょっと時間がかかりますから、一気にたくさん足してしまうと固くなってしまうことも。

写真をご覧いただくとわかると思いますが、粉を足してもちょっと緩めの生地で、微妙にトップがへこみました(笑)。

この本のレシピで焼いたのは3回目なのですが、レシピの分量で上手に焼けるものもあれば、激しく水分量が多すぎるものもありました。同じレシピで上手に焼いている人もいるようなので、疑問です。。。

続きを読む »

0 CommentsPosted in Breads

チェコのにんにくスープ

03 24, 2010
一昨日はまたもや雪に見舞われたネブラスカですが、1日中吹雪いた雪も、翌日にはほとんど溶けてしまいました。やっぱり春が近づいているようです。

記事にしようと思いながら、風邪の季節が終わってしまいそうですが、季節の変わり目の免疫向上ということで、白くまさん特製のにんにくスープをご紹介したいと思います。にんにく好きの方には、にんにくだけでこんなに美味しいの?!と、目からうろこ&驚きの美味しさと自信を持っておすすめします。期待はずれだった場合の抗議は彼までご遠慮なく。

にんにくすーぷ


風邪を引いたときや具合の悪いときなど、鍋一杯を独り占めしてしまう私です。

記事を書いているだけでにんにくの香りが漂ってくるようわ~と思ったら、後ろで白くまさんがにんにく料理に励んでおりました。チェコで食あたりを起こしたらしく、瀕死のお気の毒な状態です。ふらふらしながら料理しなくても。。。

なんと、本人いわくソーセージにあたったらしい(あくまでも推測です)。彼の家では、生のソーセージを瓶詰め煮沸して保存します。もちろん料理のときに完全過熱するんですけどねぇ。。。彼と友人があたって、彼の家族は大丈夫らしい。このお肉にあたるって話、時々聞くんですけど、なぜ?!肉料理怖し。。。

では、続きでレシピをご紹介します。

続きを読む »

ホームベーカリーでの過発酵問題

03 21, 2010
最初の何回かは過発酵に悩まされました。
sunken topなどと言うようで、二次発酵まではうまく行くのですが、焼成が始まるとどんどんと縮んでしまい、特に上部が凹型にへこんでしまうのです。

左上が、Oster付属のマニュアルに掲載されている、White Breadのレシピを最初に試したものです。右下は同じレシピに自分で水分量を少なめにして、グルテンパウダー(※)を追加したものです。

white.jpg



The Bread Lover's Bread Machine Cookbookによると、上がへこんだり、腰折れしたりするのを防ぐには、必ずBread Flourを使うことと、特にこの本ではグルテンパウダーの使用を推奨しています。

アメリカでは、小麦粉と言うと、All Purposeという粉が一般的で、イーストパンにも使われます。
でも、ホームベーカリーでの焼成には向かないようです。グルテンパウダーを多めに足せばよいのですが、グルテンパウダーは美味しいものではないので、足しすぎると味が落ちます。

この本によると、「手捏ねとホームベーカリーではグルテン膜の生成が異なり、たんぱく質量の低い粉でも、手捏ねならパンを形成するのに十分なグルテン膜が形成されるけれども、ホームベーカリーの場合は高いたんぱく質量が必要」とのことでした。

もう一点、私の使っているActive Dry Yeastは、Costcoで買ったRed Starというブランドのものなのですが、従来のものより粒子が細かく、必要量が少ないのだそう。イーストの量も、過発酵の原因になり得ます。

ホームベーカリーで1次発酵まで行い、以降の成型、二次発酵を自分で管理して、オーブンで焼くのであれば、All purposeでも立派なパンが焼けます。
0 CommentsPosted in Breads

楽しい一人暮らし

03 20, 2010
同居人がめずらしく母国へ出張帰国で、1週間一人暮らしでした。

最近、市内で押し込み強盗が増えているので、最初の一日は何となく落ち着きませんでしたが、ひとりの生活って、なんてすがすがしいんでしょう(笑)。何もかもを自分配列で行うと、時間が整理されて、とっても余裕な感じ。他人と合わせながら生活をしていると知らず知らずのうちに時間が消費されているんですね~。

私って、こうやって生活していたのよね~と感慨にふけってしまいました。

そして、一人の楽しみといったらこれなのです♪

おさけ

続きを読む »

Oster EXPRESSBAKE Breadmaker

03 19, 2010
今日はもう少し詳しく我が家のホームベーカリーをご紹介。
Oster EXPRESSBAKE Breadmaker モデルは5838。
Osterはアメリカではお馴染みの電化製品ですが、日本での販売はないようです。

oster.jpg



購入価格は60ドル。アメリカのスーパーで標準の食パンは、全粒粉や穀物入りだと通常4ドル近くしますから、あっという間に減価償却できそうですね。

oster2.jpg


容量は2lb.(2パウンド=約900g)。
小さな冊子のマニュアルがついていて、レシピも載っています。基本は1.5lb.のようですが、1lb.でも大丈夫です。

Settingは以下の8種類。
Basic、French、Sweet、EXPRESSBAKE setting 58min、EXPRESSBAKE setting 80min、Whole Wheat、Dough/Pasta、
Bake(Jams and Marmalades)

Basicセッティングで3時間、長めのFrench、Whole Wheatセッティングで3時間50分ですから、日本のホームベーカリーと較べると短時間仕様かと思います。
0 CommentsPosted in Breads

アメリカンホームベーカリー

03 17, 2010
本当に春らしくなってきました。
ぽかぽかと体に当たる日差しがとても気持ち良い。

るぱん



我が家のホームベーカリー「るぱん」です。
買う前に、インターネットで口コミをチェックしたところ、パナソニック製や象印製がダントツに評判が良かったのですが、やっぱり高価です。そこで、せっかくアメリカにいるのだしと、お手ごろ価格なアメリカンメーカーにしてみました。

わくわくしながら、マニュアルに載っているレシピで、まずはプレーンな食パンを焼いてみました。
捏ね上がりの生地は、手捏ねでは不可能だったもちもちつやつや感!ああ~ふくらむふくらむ!「これで3年間の手捏ね生活ともさよならね~。苦労したぶん喜びもひとしお~。」などと、るぱんの周りをうろうろしながら、感激しつつ、目にはハートマークが浮かんでいたと思います。

ところが!焼成が始まったとたん、悲劇が訪れました。

激しく上部陥没~~(号泣)。

手捏ねでさえ遭遇しなかった事態に、膨らんだ気持ちも一気にぺっちゃんこに。初夜は悲しみにくれながら眠りにつきましたよ。翌日、気を取り直して、今度はナショナルのホームベーカリーのサイトからレシピを試してみましたが、さらに激しく陥没。

暗い気持ちでインターネットで調べてみると、上部陥没はsunken topといって、よくあるトラブルのようでした。
原因は過発酵のようです。
アメリカのレシピ本を入手して勉強したり、友達の日本製ホームベーカリーと較べたりしたところによると、アメリカのブレッドメーカーはスピード重視設計なのか、発酵温度が高め。レシピに工夫が必要かもしれません。

それにしても、ホームベーカリー最高です~。

生地のなめらかさは、手捏ねとはくらべものにならないし、洗い物や、捏ねた後の掃除などにかかっていた手間が激減!パンケースをそのまま計りに乗せて材料を順番に入れていくだけ。すでにクネドリキ(チェコの茹でパン)作成にも大活躍、今までは、ピザ生地を作るのも、正直「ちょっと面倒だな~」と思っていたのですが、これで、ちょちょいのちょいです♪肉まんやあんまんや。。。お餅~(ですよねールディママさん!ありがとうございましたm(__)m)と、ロッキー山脈のように夢が広がっています。
6 CommentsPosted in Breads

ホームベーカリー到着

03 17, 2010
日本のパンが食べたくて、相棒の故郷チェコのパンが作りたくて、パン作りをはじめました。
アメリカでは、日本で見たことのなかった粉が沢山スーパーに並んでいます。
日本のレシピと、アメリカのレシピを見比べ、試行錯誤。

そして、2010年2月14日ついに買いました、Bread Maker!
ホームベーカリーは英語でBread MakerとかBread Machineと呼びます。

ホームベーカリーでますますパン作りにはまりましたよ。

使用機種は Oster 2lb. EXPRESSBAKE製。るぱんと命名。

<虎の巻>
The Bread Lover's Bread Machine Cookbook: A Master Baker's 300 Favorite Recipes for Perfect-Every-Time Bread from Every Kind of MachineThe Bread Lover's Bread Machine Cookbook: A Master Baker's 300 Favorite Recipes for Perfect-Every-Time Bread from Every Kind of Machine
(2000/09/01)
Beth Hensperger

0 CommentsPosted in Breads

男の事情

03 14, 2010
最近、我が家の珍獣の話題が続いておりますが、お付き合いいただいている方ありがとうございます♪
他に観察するものがありませんので。

こちらの記事を拝読して、ふと考えました。
うちの白くまさんは、一緒に暮らしだして変わったのだろうかと。

もちろん変わりましたよ。いつも彼にもぶつぶつ言ってます。「付き合ってたいたころのアナタはどこに行ったの?」と。

しかし、私の考えが誤っていたことに気がついたんです。

一緒に暮らしだして変わったのではなく、付き合っていた間が別人だったのです。目的が遂げられた後は、素に戻っただけの話です。まさに野生の本能の見本みたいな人ですね。

そこで、今回は白くまさんにこう言ってみました。本日は英語バージョンです。

"Now I understand. When we were dating, you were modified to function better for fishing, fishing me, just for a short period of time. That was quite short. So, you I was dating was not you. Then you were reset and back to your defult setting. I have to realize you are not romantic in nature. Well, even birds will do that every year. They display to attract female. You were displaying at that time, but you do that just once in your life time. Hahaha~."

Kuma "That's not true!!! I am very romantic!"

"Oh, I am sorry. Maybe I am wrong. You do that just once for a woman. Hihihi~. Well, then, oooooone, twooooooo, threeeeee....."

Kuma "No, No,"

"Hihihi~. You are good at fishing, though."

Kuma "......."

嫌な女ですね~(笑)。

続きを読む »

女は火星からやってくる

03 13, 2010
最近はもっぱら、同居人が仕事をする横に寝そべり、絡むのが唯一の気晴らしとなっています。

疲れたと言う同居人が、人手不足で仕事を減らせないと言います。

「そりゃそうよ。STEMっていう制度を作ってまで、外国人学生が欲しいんだから。自然科学・工学・理科系の学生が不足してるもんねぇ(恨みも入る)。でもさ、あんな学力じゃ理科系に進めないのあたりまえだと思うのよ。~中略、ひとしきり自分の高校時代の自慢~ だいたいさ、ここじゃ躾ってものがなってないと思うのよね。誉めて育てるって耳障りはいいけど、どの親も、この親も、“My kids are so smart.”とか、“She is excellent in Spanish.”とか言っちゃってさ、何言ってんの、あの人たちの言うエクセレントなんて、並じゃない、並!特上でも上でもない並だっての。必要以上に誉めてないで、もっと勉強させたらどうなの。あんたの子供は飛びぬけてスマートでもエクセレントでもなくって、オーデナリーだっつうの。ただの人なのよっ。出来てないものは出来てないって言ってやらないと、ぼくもわたしも「これで~いいのだ~♪」って安心しちゃうじゃない。だからあんなに怠け者になっちゃうんでしょ。叩かれ弱いんでしょ。ポジティブな見方と甘やかしは違うのよっ。」

(偏見に満ち満ちているかもしれませんが、素通り願います)

同居人:「ゆ、ゆーあーらいと」(怖いから反論しないぞ)

「あなたもね、私が何を言っても“ゆーあーらいと”としか言わないわよね。そーゆーのが私の言う甘やかしなのよ。私が間違ったことを言ってたら、間違ってるって言うの!」

同居人:「(きたっやぶへびだ~)そ、そうなの?えーっとえーっと。じゃあ!どうやって躾けるのがいいの?」

「ふ、叩けばいいのよ 。勉強できなきゃ、しばくのよっ!ばっしーんってねっ!(ゼスチャーつき)
↑ 冗談です

同居人:「(うへえ~)そ、そうなんだ~へ~なるほど~。」(好きにして~あっち行って~)

そして話は飛びます。

続きを読む »

アメリカの食品産業 映画「FOOD,INC.」

03 12, 2010
昨日は、参考になる映画を見ましたので、ぜひご紹介したいと思います。
アメリカの食品産業と、それが私達の食生活とどう関係しているのかという話です。

Food Inc (Ws Dub Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]Food Inc [DVD] [Import]
(2009/11/03)
Michael PollanEric Schlosser

アメリカの食品産業は数社の超巨大企業に寡占された状態であり、私たちの州の近所の農家も、地元のブランド名をつけていても、実は多くはこれらの企業の傘下のもと、画一化されたシステム的な方法で経営されているそうです。私の住むネブラスカの牧場も、現在多くは大手企業によって運営されていると言う話は聞いていましたので、本当だったのですね。こういった企業の経営方式は、もちろんお金になりますし、いったんその経営方式を受け入れると、後は設備投資回収のために、そう簡単にはやめられなくなります。しばらくして、彼らのやり方に疑問を持つようになっても、なかなか抜け出すことは出来ないそうです。

精肉工場での労働力確保のため、こういった企業は一時期メキシコから多くの農民をリクルートしました。結果、多くの違法労働者がアメリカ国内に流れ込みますが、それを当時政府は黙認したそうです。現在は違法就労者に対して、摘発が厳しくなりましたが、そういった企業は処罰されることなく、違法労働者だけが摘発されると言う状況だそうです。しかし、こういった企業の“工場生産”方式と、劣悪な環境で働く違法労働者もしくは貧困層の人々のおかげで、私たちは安価なターキーをホリデーにつつくことが出来るそうです。本来、人の手で育てられたお肉がこんなに安く手に入るわけがないのですね。

この国の食品産業は、この数十年でこのような形に大きく変化を遂げたそうです。

これらの企業は政府のトップと強い結びつきがあり、食品成分の表示などで不都合なものは保護されますし、こういった企業を批判すると報復があるそうです。有名人のオプラ・ウィンフリーさんが提訴された件が例として紹介されていましたが、こういった著名人だけでなく、一般の農家も“見せしめ”にされることがあるそうです。

知らなかったことが多く、とても勉強になりました。

続きを読む »

10 CommentsPosted in 映画

男は金星からやってくる

03 10, 2010
体は忙しくないのですが、心は疲弊しているので、最近は家事も完全に放棄して、同居人が帰宅すると彼の机の横にあるソファーに寝転んで、脈絡のない話を延々と続けてしまいます。たいした反応も返ってこないので、さほど楽しくもないのですが、何かをする気にもならないので。

本がありましたよね。女は火星から男は金星から?逆だったかしら、忘れてしまいました。

「あのさ~白くまさんは落ち込む(feel depressed)ってことあるの?」

白くま:「ふっ(偉そう)、一切全くないね。生まれてから一度もね。」(俺は男だぞ~えへんって感じ?)

そんなことはありません。私は知っている。この人の場合、自分が落ち込んでいることが認識できないんですね。

「ふーん。男の人はね、落ち込んだり悲しかったりすると、怒ったりいらいらしたりするんだって。表現力に乏しいからさ。」(適度に嫌味たらしい・私)

白くま:「・・・・・」

さらに、意味のない会話が続きます。

続きを読む »

叫ぶアメリカ白人

03 06, 2010
今朝、Yahoo!(もちろん日本の)のヘッドラインを見ていたら、ネット上での医師の書き込みが問題になっていました。個人のブログだからと言って、何でも書いていいわけではないのは当たり前なのですが、意外と意識していなかったことなどもあって、あー気をつけなければいけないなぁと思いました。念のため私は医師ではアリマセン。

最近は、写真もないつぶやき記事で彩りに欠けますが、お付き合いくださっている方々ありがとうございます。

さて、本題です。

さきほど印刷したいものがあったので、向かいの大学まで出かけてきました。私は、自分の通っていた大学の道を隔てて向かいにすんでいるので、もっぱら、そこで必要な書類を印刷します。家にプリンターアリマセン(ボンヴィー)。道を隔てて向かいと言っても、ゆうに500mはあるのですが。

天気も良くて、車の行きかいも多かったので、道路を横断しようと道端にしばし立っていたところ、車の窓から若い白人のアメリカ人男性に何かを叫ばれました。

続きを読む »

男と女

03 04, 2010
ここのところ気持ちの落ち着かない毎日を過ごしていますが、うちの白くまの落ち着きぶりは一体何なんでしょう。

この人はちょうど30歳のときにアメリカに来ましたから、ほぼ人格形成の終わったあとですよね。日々、やっぱりアメリカ人とは違うと思うことが募ります。

私など、法律は法律だと思うし、規制は規制だと思うのですが、この「なんとでもなる」スタイルはどこから来るのでしょうか。旧共産国で培われた姿勢でしょうか?!私が、「こういう規則になっている」というと、「弁護士に頼めば通らないものも通るのさ~」などと言い続け、それが間違いだったことがわかると、「信じられないな~」。当たり前です!弁護士にだって法律が曲げられるわけないじゃないですか。ここはチェコじゃない!(チェコがどうなのかは知らないのですが)

昨日は、数日前に提出しているはずだった書類を、まだぐずぐずと手元に持っていることが判明し、私の怒りはMaxに。

「やる気あるのか?!」

私が、隅から隅まで目を通し、準備してあげたにもかかわらず、「だって、質問があったからさぁ~」と間違ったあて先にめくらで質問を送り、「答え待ってるからさ~」ですって(怒)。

私は、事務処理に強く、正確迅速な日本人。白くまは生まれてこのかた、限られた時間内、プレッシャーの下、完璧な仕事を求められると言う状況など経験したことのない(世界の)田舎からきた中年。

全身の毛を猫のように逆立てて、説教をさせていただきました。

続きを読む »

アメリカビザの仕組み

03 02, 2010
ビザの情報を色々見ていて気がついたことがあります。

私はOPTの身分ですが、このOPTには追加された特別枠があります。
それはSTEMと言う枠。
STEMとはScience,Technology,Engineering,Mathmaticsの略(確か)。1年半のOPTが可能です。

何のため?

これらの学生を欲しい会社が、発行数に制限のある就労ビザを申請できるようにとの特別措置です。
業界からの嘆願があったようですね。
この分野で活躍できるアメリカ人学生が激減しているためです。

欲しい移民だけをより分けるうまいやり方ですね。
このほか、不足している医師や看護婦などには優遇枠があります。

逆に、メキシコなどから違法に入国しアメリカに長期滞留している人たちに対する規制は、徐々に確実に厳しくなっています。たとえアメリカ市民と結婚していようと、彼らが永住権や市民権を持つ道は閉ざされています。

違法な低賃金で使えるだけ使ったブルーカラー層は、老後の面倒を見る必要がないように追い払うと言ったところでしょうか。

なんだか、会社の経営みたいだなと思いました。

でも、こういう会社経営の仕方ってどうなんでしょう。
自由と移民の国とは耳障りのいいフレーズに過ぎず、クイックフィクスと実利主義をまさに体現してるよなぁと思いました。

根拠のない私の勝手なつぶやきですから、言っていることがおかしいと思われた方は、ただ素通りでオネガイシマス(笑)。

続きを読む »

Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。