スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Omaha散歩

05 28, 2010
今日はめずらしくお出かけの話題です(笑)。

先日、相棒の仕事にくっついて、ネブラスカで一番大きな街オマハに行って来ました。
オマハといっても、コスコには時折出向くのですが、壮大なスケールで構築された街なので、今回訪れたOld Market(古いダウンタウンの一角)は2度目です。

前回、来たときは真冬だったので、それと比べると緑に溢れる街角は全く違って見えました。
ダウンタウン自体も良く振り返ってみると巨大だなぁと思ったり。東京みたいに高層ビルはないけれども、横に広く巨大なので人間が虫みたいに見えます。次のビルにたどり着くまで長いです。改めて見てみると、私の住む街より随分大きいんだなと思いました。一軒の家も大きかったり、荒れ具合も激しかったり(笑)。

私が慣れないだけなのかもしれないけれど、やっぱり、小さいお店でいいので通りにずらーっと並んでいるほうが見やすいし便利な気がします。例えば、日本食品店に行ってしまうと、他の場所に行くのにまた2,30分は運転しないといけないので、なかなか寄れません。Whole Foodsもしかり。全ての移動が車なので、交通量もかなり多く、ロータリーやレーンも良く分かってないと大変な気がします(私たちも必ず別方面のレーンに入ってしまい戻る羽目に)。ロスなどもこんな感じなのでしょうか?私の住む街よりも「広がり」(うまく説明できませんが、全てが大きく広い)があるので、スーパーに行くのも不便なのでは?

omaha20100525.jpg


オールドマーケットを少しご紹介します。

続きを読む »

スポンサーサイト

あなたなーらどうする?

05 24, 2010
こういうコマーシャルソングありませんでしたっけ。
本日、衝撃の場面に出くわしてしまい、この歌が頭の中をまわっています。。。
アメリカに来て以来、5本の指に入るぐらいの衝撃だったやも知れません。

それは、近所の1ドルショップに行った時のこと。

ここ数日暑い日が続くので、皆さんあっという間にキャミソールと短パン姿です。店内をうろついていると、ふくよかなボディに、超ミニのスカートとキャミソールと言ういでたちの30代ぐらいの黒人女性が目に入りました。このあたりではラフな服装をしている人も多いですし、別に、特別だらしない格好というわけではありません。

探していたものを手にして、ぶらぶらとレジに向かうと、彼女もレジに向かうのが目に入りました。

なんとなく、彼女の買うものを眺めたりしながら、後ろに立っていると、商品をレジに置き終わった彼女はおもむろに私に対して横向きに立つ位置をとったのですね。それまでは背中を見ている格好だったわけです。

その時です!

何かが私の意識を捉えました。
ちょっとはばかられるので、その先は続きで(笑)。

続きを読む »

Cottage Cheese Dill Bread

05 23, 2010

cottagedill.jpg

Bread Machine Cookbookには、Cheese Breadsというカテゴリーがあります。これは、チーズを水分とみなして生地に練りこむ方法です。

チーズ文化にあまり馴染みがないものですから、「へーこんなレシピもあるのか。」と半信半疑でしたが、相棒がチーズ好きなこともあり、一つ試してみようとはじめて焼いてみたのがこちら。
冷蔵庫にコッテージチーズが余っていたのと、乾燥ディルが山ほどあるので。

結果は、るぱんで焼いた最高の作品といえるほど、ふんわりもちもちでした!

cottagedill2.jpg

ご覧の通り、コッテージチーズは跡形もありません。
2,3日はしっとり感が持ちます。
ちょっとパサついてきたら、トーストしてもこれまた香ばしい。
コッテージチーズは、チーズの風味が少ないほうだとおもうのですが、それでもやっぱり、チーズが苦手な人にはチーズくさいと思いますけど。

2次発酵が終わった時点で取り出し、成型して、またパンケースに戻します。焼き縮みすることもなく、釜伸びも良好です。30分位経ったら焼け具合を確認して(1lb.の場合はもっと早めに)、パンをパンケースから取り出します
0 CommentsPosted in Breads

チェコのスイートブレッドと徒然

05 19, 2010
世界中あちらこちらで、寒い初夏となっているような印象ですが、ここネブラスカの私の住む街も、毎日曇りがちで雨もぱらついたりして、なんだか梅雨のようです。

今日はつれづれと最近のことを。

ときどき参考にしているチェコの方のブログがあって、その方のレシピからBublanina(Bubbly Sweet Bread)という、“代表的”だと紹介されていたケーキを焼いてみました。

ちぇこけーき


うーん。。。失敗した蒸しパン?
彼に聞いたら、「これでよい。」と言うのだけど、ウソだと思います。
もしかして、ベーキングパウダーが古いのかもしれません。

続きを読む »

アメリカでヘナ(3)

05 15, 2010
直近は、ebayで卸売りをしている業者から、100%ヘナ粉を1kg(約22ドル・送料込)買って大変満足しています。続きでご紹介する商品も、ここでは店頭で手に入らないので、ebayで買いましたが、送料もかかりますし、パッケージ商品はやはり高いです。

自家製の頭髪で見苦しく申し訳ないです。これが現在の色。
前回まで使用していた、Rainbow Henna(Burgandy)と Surya Henna(Burgandy)の色が混ざっているので、純粋なヘナ色ではないかもしれませんが、ほぼこれがヘナ100%の色だと思っていただいてよいと思います。

そまりかた


自然光の下で取っているので、室内だともう少し暗く見えるかもしれません。
日光の下に出ると、ひときわ明るくなります(汗)。
「こんなオレンジ嫌だ」と母には却下されましたが。

続きでは、私の経験した染め方などをご紹介します。

続きを読む »

Spring Creek Bird Bandingのお知らせ

05 12, 2010
今週の日曜日、スプリングクリークで鳥のバンディングをします。
お近くにお住まいの方(おられるのでしょうか・笑)はぜひ続きをご覧ください。

lincoln20100510 (12)


スプリングクリークではようやく、少しずつ野草が咲き始めました。
たんぽぽが綿毛になり、カントリーサイドでは、今この花が満開です。

続きを読む »

薔薇のリンスなど

05 10, 2010
今日は、お気に入りのリンスをご紹介したいと思います。
以前から、酢でリンス!とうるさい私ですが(笑)、手作りのリンスなら、なんでもかんでも好き勝手に調合できるところがまた楽しいですよね。

ばらぺたる


続きを読む »

アメリカ製ホームベーカリーで日本のパンを焼く(2)

05 09, 2010
前回、友達が使っていたレシピで、全く違う質感のパンが焼けたことを記事にしましたが、実はもう一度同じレシピでオーブン焼成にしてみて、違いを見ようと思っていました。

なんと、あっさり焼けました(゜o゜)
友達が焼いてくれたものと同じ、しっとりふわふわの日本パンが~。

japanese5.jpg


腰折れするほどふわふわ、味見と言い訳をして、あっという間に半斤食してしまった(^_^;)

しかし。。。
ホームベーカリーではこねるだけにして、発酵や、成型を自分でやっていたのでは、ホームベーカリーの意味が。。。
2 CommentsPosted in Breads

アメリカでヘナ(2)

05 07, 2010
映画で、最近のモニカ・ベルッチを見たところ長い黒髪が美しかったので、胸を打ちぬかれて、彼女にあやかろうと前髪をばっさり切ってみましたが、違う生き物が鏡に映っていました。

ああ、剛毛でさえなかったら!
(間違ってます。素材が違いますから)

さて、日本から持ってきたヘナがなくなった後に使ったのはこれ、ライトマウンテンシリーズ。

らいとまうんてんまほがにamazon.com 商品詳細

なぜかと言うと、街に1軒あるオーガニック食品店に置いてあったからです。
今は取り扱いがないのですが(泣)。

これは、ナイアードヘナよりも少し粒子が粗い気がしましたが、よく染まりました。

続きを読む »

カントリーサイドへのデイトリップ2

05 01, 2010
早速ですが、今回のお惣菜パン(笑)。
記事の題と合ってない~。

そうざいぱん2

前回作ったツナポテトが好きではなかったので、今回はコーン系に趣旨がえしました。でも、缶詰のコーンは美味しくないですね~(^_^;)
せっかく、仲良くしていただいている、ぶくさんにアドバイスをいただいて、水分量を増やしてみたのに、副材料を変えたために、またしてもしっかり目の生地になってしまった。

続きを読む »

続・惣菜パン

05 01, 2010
週末のお弁当用です。

meal.jpg


左上から時計回りに、コーンを巻き込んだ生地に、ソーセージを載せたものと、玉ねぎとマヨネーズを載せたもの。ハムを巻き込んだ生地に玉ねぎとマヨネーズと卵とチーズを乗せたもの。ベーコンとチーズを巻いたものを3分割してくっつけて焼いたものです。

相棒が惣菜パンを気に入ったようで、毎週末の小旅行のお弁当に作っています。
このごろ気になるのが、本当に焼きたてでないとあっという間にパサついてしまうこと(悲)。

今回は少し考えて、オートミールを粉砕した粉を強力粉に置き換えてみました。オートミールを入れると保水力が高まるのか、パンがしっとりするような気がするんです。

水分量も多目にしてみたんですが、それでもしっかり目の生地なってしまいました。
Bread Machine Cookbookを読んでいたら、全粒粉に含まれるbran(小麦の皮)が尖がっていてグルテン膜を断ち切ってしまうらしく、きめが粗くなるのはそういう理由だそうです。

他にも、パンがパサつく理由として、水の高度が高すぎる(硬度120以上)場合、という説明を目にしました。ネブラスカはまさに120以上の範囲に入っています。
2 CommentsPosted in Breads
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。