スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職

12 09, 2008
前回の記事で、研修先でのストレスについて皆さんに暖かく励ましていただいたのですが、結局大学の先生方と相談した結果、その研修先を去ることにしました。

担当である3人の先生方に相談したのですが、理由付けは微妙に違っても結論としては同じだったことが興味深いです。

彼らの判断がプロフェッショナルな視点によるものであることはもちろんですが、私の判断と違ったのはメンタリティの違いによるものもあるのではないでしょうか。

私の正直な心はこの研修先を去りたかったので、それをサポートしてくれたせいか、初めて「アメリカっていいな♪」と思いました(日和見)。 これが日本だったら「まあまあ、もう少し我慢してみて。」となりそうな気がします。

私は親の世代の日本人的考え方に強く影響されているせいか、どんなに辛くても、「辛さに耐えることに意味がある」とでもいうような心境にはまりこんでしまうことが多いような気がします。何事にも100%なものなどないのだし、誰もが我慢をして耐えている。どんなも経験も何かの役に立つ。。。などなど。

もう一つには他人の期待を意識してしまうんですね。
(今回の場合はごろう。なぜかどこでもいいから早く研修に行けとうるさい・怒)

そうして、自分を楽にしてあげる方向に流してあげることがなかなかできないのです。

でも、本当にそれって良いことでしょうか?

もちろん耐える必要がある時も必ずあるとは思います。でも、大切なのは「何のために、どうして?」という目的じゃないかと思うんですよね。私のような一般人でなく、やりたいことが明確で、ひいては自分がどのような人生を送りたいのか、ということがよくわかっている人はむやみに「我慢」しないでしょう。

どんな経験も何かの役に立つ?

何かの役には立つでしょうが、時間は寿命です。

結局、この研修先は今問題を抱えているのだと思います。だから、当初私の研修も放置した。その時点の失礼な対応で私は本能的に行きたくないとも思いました。ごり押しして、OKの返事が帰ってきたときにも行くべきか悩みました。嫌でたまらない気持ちを押して、「与えられた機会にトライしないのは怠慢だ」と自分に言い聞かせました。

先生方の意見は、インターンとして得るべき経験があり、その上司はその仕事をアサインできないだろう、またその仕事に対する指導もできないだろうというのが論拠でした。一人の先生はその上司のインターン指導者としての資質を問い、他に機会があるのだからそんな上司に自分の生徒をさらす気はないと言われました。

その上司は私の英語力を理由にして、彼女のプログラムでは私に「その仕事」に就く能力がないと主張したからです。これはね、偏見なんです。彼女自身が英語が完璧じゃない外国人(私)が嫌なのです。

それでも私は、「どうせ外国人だし、アメリカ人の学生と同じレベルの仕事は出来ないんだし、少し趣旨の違う仕事でも、外国人の私にはなんだって経験だから。」と考え、そう先生にも伝え、我慢しようかなと思ったわけです。

先生方はそんな「目的が満たされない状況」にも「自分を貶める状況」にも甘んじる必要なしとあっさり却下。

そう、努力は目標にあったものであるべきであり、目標にあっていたとしてもあるライン以上自分を苦しめるものであってはいけない。これが彼らの考え方のようです。
-13 Comments
By rudy-love-11112 10, 2008 - URLedit ]

おはようございます☆

退職されたのですね。
担当の先生の判断は流石アメリカだと思いました。
日本だったら、我慢して頑張りなさい、とかあなたに問題があるのでは?とか言われそうですね。
私も先生方の判断に賛成です。

人生は長くもあり、短くもあります。
焦る必要なないけど、でも無駄に過ごすわけにはいきません。そして時間はお金では買えない貴重なものですものね。
確かに直ぐにこれはダメだと投げ出してしまっては全てが中途半端になってしまいますが、何を求めているのかはっきりしている場合はその方向に向けて努力していきたいものですよね。
勿論今の職場で努力していけば何かしらは得られるとは思いますが、Opportunity costを考えるとね、、、

アメリカはもともと移民の国なんですから、外国人だからと意識する事はないと思いますよ。
ご自分に自信を持たれて進んで行って下さい!
チャンスは全ての人に平等にやってきますが、それを掴むも逃すのも本人次第だそうですよ。

By アリス→ルディママさん12 10, 2008 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。
ルディママさんは聡明な方だと拝察します。私が長々と書いた文章が短く凝縮されている!感動しました。私も100%賛成です。先生方のアドバイスがなかったら、「メインの仕事でなくても良いので経験を積ませてください。」と頭を下げに行くところでした。不思議なことに同居人の熊五郎もそうなんです。「差別に慣れろ」とか言って。敏感になる必要はないけれでも、間違ってるものは間違っている。良しとする必要はありません。

By ぶく12 10, 2008 - URLedit ]

大変だったでしょうが、方向転換できて良かったですね。
次の研修先が良いところだったらいいですね。頑張ってください。

By Moko12 10, 2008 - URL [ edit ]

アリスさん、思い切ってやめられてよかったと思います。私は日本で仕事をしていたとき、120%がんばってるつもりだったのですが、上司には認められずつらい思いをしていた時期がありました。そのとき、友人からは「そんなにストレス溜め込んでまでがんばって今の仕事を続けなくてももっと楽な道もあるんだから。。。」とよく言われました。でも、結局辞めなかったのはその仕事がとても好きだったからです。それに言葉の不自由もなくほかにサポートをしてくれる人もいたからもしれません。
アリスさんの場合はご自身の目的に合わない研修内容+イヤな上司だったのですから、潔い決断をされてよかったと思います。

私もあと1年後にはインターンシップor就職の壁がドーンと待っています。学校のグループワークでさえ人間関係におびえている状態なのに、アリスさんのようにちゃんと自分の判断力をもって行動できるか今から不安です。(その前にアメリカ人の5歳児ぐらいしかない会話力をなんとかしなければ。。。)
ストレスは自覚している以上にとてつもない強力な悪影響を体に及ぼすようです。できるだけ早く対処して開放してあげなければ。。。アリスさんもいったん、小休止してパワーをためてから再起動してくださいね。

By きらり12 10, 2008 - URL [ edit ]

いろいろと大変でしたね。
外国人とお仕事をするというのは、国や習慣のちがいなど、難しいですよね。
私も何も無駄なことはないと思っていますが、本当にそこに自分がいる必要がない場合は、自然とそこから遠ざかるように流れるものだと思います。
いまこの瞬間を大切に生きていければいいですよね。
がんばってくださいね*

By yasukon12 10, 2008 - URLedit ]

わぁ~大変だったのですね。
まだ私はよくアリスさんのこと分かっていないのですが 外国で暮らしておられるだけでも尊敬していますが お仕事もですから色々ありますね。
きっとまた素敵な道が準備されていると思います。
少し休憩されて また新しいことを始めてくださいね。
リンクいただきますね。

By プリン12 11, 2008 - URLedit ]

アリスさん、指導教官が良い方たちでよかったですね。
自分が楽になれるなら、それが一番!
状況がよくわかっていないのに、変にコメントしてしまって、ごめんなさい。

アリスさんの記事を読んで、考えさせられました。
メンタリティの違い、本当に大きいんですね。
でも、こういう合理的な考え方、好きです!
日本人的部分が多すぎて、自分ではなかなかできないけど、
そういう社会にいるアリスさんが考え込んで
しまって、
より良い環境に行けるのを我慢することないですね。

目的をはっきりさせて、それに合わなければ軌道修正をする。
楽になれる道があるのに、無理に我慢することはない。

わたしもこのことを忘れないようにしたいと思いました。

By アリス→ぶくさん12 11, 2008 - URL [ edit ]

次の研修先でも揉めたらやっぱりまずいですものね(笑)。次はそれも目標の一つとして入れましょう!

By アリス→Mokoさん12 11, 2008 - URL [ edit ]

上司に恵まれなくても、仕事が好きだった!素晴らしいです。仕事が自分にとって価値のあるものならば、辛くても耐えられますよね。私もそういう仕事に就くようにしなくっちゃ。
5歳児なみの会話力。。。
決してそんなことはないと思いますが、そのお気持ちよーーーく分かります。赤ん坊になったような気になるんですよね。
入学が認められた以上、卑下する必要のない語学力をお持ちだと思いますが、コミュニケーションスタイルの違いや外国にいる緊張感もあって、なかなか大変ですものね。
時間が解決すると思ってお互いに切り抜けましょう!アメリカ人中身のないことをとうとうとしゃべる人もいますよね。

By アリス→きらりさん12 11, 2008 - URL [ edit ]

ありがとうございます。
幸せは伝染するらしいので、私もきらりさんのブログのように優しさ漂うブログにせねば!
その施設を去って、私はとってもハッピーです。
私の後ろには素敵な道が出来ている、そんな女性を目指して精進します(ほんとか?!)。

By アリス→Yasukonさん12 11, 2008 - URL [ edit ]

Yasukonさんの暖かいコメント嬉しいです。
大変なときこそ、気持ちの持ちようですものね。
無理するのも良くないけれども、自分を常に良いステージに乗せてあげるよう見方を変えるのも一つかなと思います。
人間の可能性は一つではありませんよね。人間は今ある状況にしがみつきがちですが、よりよい選択肢を花開かせるのも努力の仕方。
そんなことを教えられました。

By アリス→プリンさん12 11, 2008 - URL [ edit ]

変なコメントなんてこと全くないです。
親身に考えていただいて、とても嬉しく思います。
物事なんて考えようであって、決して一つの答えなんてないと思います。そして10人10色。
大切なのは、自分で決めたことなら後悔しない、反省はいいかもしれませんが、自分の求めるものに近づけるよう、先に進む努力をする。
確かに、あれもダメ、これもダメではいけませんよね。今回のことはもちろん私の側にも反省すべき点はあると思います。
でも、もう終わったこと。次!

By 12 12, 2008 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。