スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコ(10)~PotteryとChina~

01 21, 2009
チェコはボヘミアングラスが有名ですよね。

でも、私は一つも持っていません。。。
なんとなく普段使いできるものが目に付かないし、かといって陳列しておくスペースはないし、カラフルな伝統的なものは部屋に合わないし。

少しモダンな系統の美しい色つきグラス類は好きなので、お金持ちになったら集めたいと思います。

ボヘミアングラスに続いて、実はメジャーなのがチャイナです。
ティーセットやコーヒーセットをメインに色々なデザインがありますが、ピンク色と花柄と金装飾がトレードマークです。私がクリスマスプレゼントに頂いたものも定番のピンクのチャイナで、6客のコーヒーカップとシュガーポット。

DSC_5546.jpg


ちなみに以下はゴロウコレクションの一部で、チェコの実家のショーケースに眠っています。

DSC_5669.jpg DSC_5673.jpg
DSC_5674.jpg DSC_5677.jpg


こちらのブルーのものもピンクについで品揃えがあるのですが、今回はマグカップ1個を記念に買いました。ちがうデザインのマグカップで集めてもいいかなと思ってます。

DSC_5549.jpg


実はピンクのチャイナも美しいとは思うのですが、個人的にはこのプルーのカップにあるような図柄に惹かれます。この筆づかい、とってもチェコらしいと思うんですけど。

話は逸れますが、チェコは絵本が有名です。
ゴロウのお宝コレクションある古いチェコの絵本の挿絵は発想がユニークで可愛らしく美しい。

残念ながら、今回はお店に寄れなくて写真がないのですが、この地方の工芸品であるテラコッタ(素焼き)ベースの陶器類があって、図柄も明るい色使いのイタリアのデザインのような花柄が伝統的です。

そこから派生しているのか、一般のお店には現在の地元デザイナーの陶器類がいろいろとあります。
テラコッタベースのかわいいハンドペイントの陶器類や、粘土のものもたくさんあって、日本で言えば信楽焼のような渋いティーセットや、逆にポップなものも見かけます。

こんな雰囲気のものも多く、これはアロマオイルウォーマーです。

DSC_5688.jpg


上記のフォーマルなチャイナも美しいですが、実は私がいつも一目ぼれをしてしまうのは下の写真のような陶器類なんです。とにかくデザインが可愛らしい。チャイナと違って普段使い出来ますしね。

今回の一目ぼれ。1個500円です。

DSCN0514.jpg


実はセットでボウルもあったのですが、つい節約してマグカップだけにしてしまいました。買っておけばよかったと後悔しています。でもハンドキャリーが限界でした。

チャイナも陶器類も全てハンドペイントなので、売切れてしまえばそれまで。昔のデザインは二度と手に入りません。

さて、次回はチェコのクリスマスパンをご紹介して最後とさせていただきたいと思います。
-19 Comments
By 01 21, 2009 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By REI01 21, 2009 - URLedit ]

こんにちわ!ご無沙汰しています。
チェコ滞在記、楽しく拝見させていただいています。↑の陶器、とってもステキですね~。特にコレクションの中の左したのカップ2つ、私好みです(笑)
ブルーの絵付け、私も大好きなんですよ。シチリアでも昔(1600年代)は青か緑が多かったので、その頃のデザインが大好きです♪

By ぶく01 21, 2009 - URLedit ]

チェコの陶器といえばブルーオニオンですよね(たしか・・・)セットで欲しいと思っているのですが・・・無理です。(予算的に)
そして相方が柄物の食器があまり好きじゃないのです。以前ロイヤルコペンハーゲンのアウトレットで物色していると後ろからブツブツと「simple is the best」と繰り返し、結局無地の白皿ばかり買う羽目に・・・

By Megi01 21, 2009 - URLedit ]

チェコって、知れば知るほど、色んなものが充実しているんですね^^
陶器もすごく綺麗です!
アリスさんがいただいたセットは、本当に素敵です~!
ゴロウさんのコレクションもなかなかではないですか!
壊すのが怖くて使えませんね(あっ、それは私か(笑)!)
一番下のも可愛いです^^
アリスさんの帰りのスーツケースはどんな重さだったのだろうと思いますよ(笑)。
全部入ったのかなぁ・・・???

By Ziggy01 21, 2009 - URLedit ]

待ってました~。チェコの陶器!
伝統的なボーンチャイナの器ももちろんいいけど、普段使いには下の方の陶器は使いやすそうですね。
こうやって旅した場所で買ってきたカップを使っていろんな思い出に想いをはせるのもまた お土産の醍醐味ですね。

By きらり01 21, 2009 - URL [ edit ]

チェコに行かれていたんですね~。
私も以前、クリスマス時期に行きました*
かわいいものがたくさんでとっても大好きです♪

チャイナもとっても素敵ですね~。
でも普段使いできるカップも味があっていいですね☆
クリスマスのパン、楽しみにしています*

By REIさんへ01 21, 2009 - URL [ edit ]

こんにちは!お久しぶりです。
お忙しい中、ご訪問いただいてありがとうございます♪
それ!私も好みなんですよ!他にもいくつかマグのセットはあったんですけど、これが一番^^
ブルーの絵付けって、地味に見えるんだけど、飽きが来なくて、実は毎日使ってるんです。
見れば見るほど味がありますよね。
問題は保管スペースです^^;

By ぶくさんへ01 21, 2009 - URL [ edit ]

ほーブルーオニオンって言うんですね、全然知らなくって、ネットで見てみたら有名みたいですね。招き猫があるんですよ~お店でも見ました。
この地方(このcountyか?)ではピンクのものが断然メインなんですよ。

そんなに高かったですか?多分、セットだと6客ティーセットでも日本円にして2万円も行かないと思うんです(違ったらごめん)。確か、1万5千円前後。
プラハは物価も高いらしいし、外国人値段もあると聞きましたけど。
ちょっと周辺の小さな町に行かれてはどうでしょう。品揃えは落ちると思いますが。

By Megiさんへ01 21, 2009 - URL [ edit ]

チェコのデザインに対するセンスは私は大好きです。
絵本なんかも本当に可愛い。
この手のものは、「可愛い~」と叫ぶことが多いです。プラハに行った時はお店が一杯あるので目がちかちか。
それに、こんな田舎にも地元の芸術家がたくさんいるのが良いですよね。

陶器類はとっても軽いんですよ!
家族がアメリカの食器は重いって文句を言っていました。全てハンドキャリーにしたんですけど、実はクリスマスギフトのコーヒーセットは2客残してきたんです(涙)入りきらなくて。

By Ziggyさんへ01 21, 2009 - URL [ edit ]

お待たせしました^^
マグカップって手頃だし、いくつあっても良いので、これから集めてしまいそう。。。特にブルーのものは気に入りました~。

段々現実に引き戻されて、思いを馳せるのも難しくなってきましたが^^;

By きらりさんへ01 21, 2009 - URL [ edit ]

クリスマスの時期ですか!
それはきっとプラハに行かれたのですよね。
うらやましい~~。
ちょっとの寒波でチェコの列車はダイヤががたがた。さすが旧共産国です。ロシア製かな(汗)。

陶器類味がありますよね!

By yasukon01 21, 2009 - URLedit ]

わぁ~~・・・といつも言っていますね、私!
チェコって本当に知らなくてアリスさんによって
少し知識人になってきそうです(爆)
私も結婚のお祝いでチャイナのティカップを貰いました。
あまり大切に使ってなくて(よく使った証拠ですよね・・笑)今はソ-サ-のみ残っています。
ブル-のも・・いやいや全部珍しくて欲しいぐらいです。
ハンドメイド 可愛いですよね♪ 

By yasukonさんへ01 22, 2009 - URL [ edit ]

私もチェコの事ほとんど知らなかったんです。
それに、勉強嫌いだから日本の旅行好きのみなさんのほうが有名な場所とか物とかご存知みたい。
都会嫌いな同居人にプラハはブロックされてますし^^;
彼のお母さんはプラハがお好きだそうですが、目的は教会参りないので、これまた違う~。

こういうチャイナ難しいですよね!
使うためのものなのに、はっきり言って使えない。二度と手に入らないかも知れないと思うともうだめ~。

By どくとるくま01 22, 2009 - URLedit ]

私もブルーオニオン大好きです。
実はマイセンじゃなくて、このカールスバードのが本家本元。
ユーロが導入される前は、本当に安かったのですが・・・。

因みに、何故オニオンかというと、
中国の陶器の石榴模様を見て、そんな植物が当時のヨーロッパにある訳がなく、何だかわからなくてオニオンになったのだそうです。

By どくとるくまさんへ01 23, 2009 - URLedit ]

これ、カールスバードって言うんですか?裏を見たら違う名前がありました。私、ブランド物に詳しくないので。。。

なるほど、そんな由来があるんですね。勉強になりました♪

By Chaky01 27, 2009 - URLedit ]

ゴロウコレクション、素晴らしい~。
アンティークなティーサロンでアフタヌーンティーしたら、このような背の高いティーポートで入れてくれたの。 素敵だなぁ、と憧れていたのですが、チェコでは一般的なのでしょうか!?
このアロマオイルウォーマーも、いいなぁ。 アロマオイルウォーマー欲しいと思っているのですが、ヒーリングのお店とかでは、水晶が付いた怪しいものしかなくって・・・ この素朴さが、たまらない♪

By くま01 28, 2009 - URLedit ]

多分裏に「ボヘミア」って書いてあると思います。プリントじゃなくて、全部手描きの模様です。

カールスバードは都市名で、この陶器の原産である温泉保養地です。ちなみに日本でカルルスせんべいっていうのも、確かそこから。
あ、この都市、チェコ語ではカルロヴィヴァリと言います。

同じ模様をマイセンが出していて、「あ、マイセン?じゃないんだ・・・」と、本家の方が偽物扱いされているのが可哀想なのです。

By Chakyさんへ01 28, 2009 - URL [ edit ]

こういうティーポットはね、すごく一般的だと思うよ、お家でフルーツティを飲むことが多いみたいで。
ただね、家で普段使いするものはもっとお安いもの^^ プリント物の大量生産品だったりする。
そりゃそうだよねーちょっと欠けちゃったら残念だものね^^;
大抵のお宅では、きれいに飾ってあるだけ♪
そして、Chakyさんの行かれた様なハイソなティーサロンはないかも。。。
オイルウォーマー可愛いでしょう?キャンドルスタンドもね、いいんだよ~。
地方都市に行ったときに、その街の陶器屋さんを覗くと、それぞれに違うものがあるんじゃないかと思うのよ。全国旅してみたいよね♪
腰が曲がる前に一緒に行きたいね^^

By どくとるくまさんへ01 28, 2009 - URL [ edit ]

♪どくとるくまさん
お詳しいんですね。いつも色々とご指摘ありがとうございます♪

彼本人に聞けばよく知っているはずと思うのですが、私は物を見て気に入ればそれで満足してしまう方で、それきりにしていました。

私の記事に「プリント」と誤解されるような表現がありましたら申し訳ありません。写真の陶器類は全て手書きとのつもりでご案内しています。

カルロヴィヴァッリ有名ですよね。
チェコは各地にスパがあると思いますが、最寄のスパでは「カルルスせんべい」が巨大化したようなウェイファーが数え切れないほどのフレーバーで売られています。私達のお土産の定番です^^

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。