スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆手作りしませんか?

01 11, 2008
2006年10月にアメリカに来て以来試してみたかったこと、それは納豆の手作りです。
日本では毎日食べていた納豆が、アメリカでは食べられないというは悲しいことの一つでした。ところが、海外在住の方のHPを見ていて、手作りする方が多いことを知ったのです。

早速(とは言えない^^;)、半年ほど前にアジア食品店で冷凍の納豆を購入し、冷凍庫に放置してありました。1パックが$1もするから常食にする気にならないし、なんだか古そうだし。

なんと大豆(らしきもの)もベトナム食品店でたまたま発見!これも半年ほど放置してありました。2kgで2ドルくらい、これは安いかもしれません。

なかなか勇気がでないまま、冷凍納豆は乾燥していくし、大豆も虫やカビがついていないか心配しつつ今日まで来てしまいました。しかし、冬休みも終わりに近づいて、「今作らなきゃ、また1年経っちゃうかも」と意を決して作ってみました~。

”アリスブランドネブラスカ納豆” LOVE

今ひとつ大豆かどうか自信がなかった豆は、一晩水につけたら立派な大豆に変身し、「死滅しているかも」と不安だった納豆菌もちゃんと生きていましたにっこり あっけないほど簡単に1パックの納豆が大量増殖。電気パッドにくるんで24時間、大豆の味から納豆の味に変わる瞬間がありました!涙 なつかしい納豆の味。

大公開!(待ちきれずに既に食べた)

大豆600g分

ねばねばだしてみた。

ねばねば

しかし、お気づきになったあなた、そう糸の引きが甘いです。。。

問題は発酵中の保温管理。電気パッドは安全装置で電気が切れてしまうので、夜中に起きたし、それでも途中で冷えちゃったし。ネットで探してみてると、さすが、世界に誇る日本の家電メーカー様!納豆メーカーなるものがあります。ほ、ほ~し~い~。でもね、変圧器が必要なのでちょっと。。。

でも、色々調べた結果、ヨーグルトメーカーがどうも使えそうに思うので物色中です。アメリカの味噌屋も発見したし、味噌も作るつもり(買うと高いですし)。

Super Size Meという映画を見て、「たとえ地の果て(ネブラスカのことか?)に住んでも、私の基本は和食であるぞ」とますます強く心に誓いました。同居している肉食獣にもきっぱり宣言しました。

この映画の中で、Gastronomic Bypassという手術が出てくるのですが、これがどういう手術なのかご存知でしょうか?これ、決して映画の中の出来事ではありません。私のクラスメイトのうち2人が同じ手術を受けているのです。初めてクラスメイトが話しているのを聞いたときには、私の想像の域を超えていて、何を言っているのか分かりませんでした(もちろん英語力も。。。)。

太りすぎて巨体になってしまい、恐らく健康にも問題がある人が、なんと食事を減らすためにだけに胃を切り取るそうです。私のクラスメイトは1年後に後姿が3分の1になっていました。。。ただ、この手術とても費用がかかると聞きました。保険が使えるのかどうかもよく分かりません。

もう一つついでに。。

太りすぎてしまうと、出産した後にゆるんだ腹筋がその体を支えられず、背骨を痛めるので、腹筋を縫い縮める手術をするそうです。これも知り合いが何人か受けて居ますし、珍しい手術ではないそうです。
Posted in 和食修行
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。