スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断

04 23, 2009
先日、ある個人クリニックが無料健康診断を実施するのを知り、行ってきました。
血液検査は有料でしたが25ドルで、その他の高額な検査がいくつか無料でした。
毎年、これを利用している常連がいて、無料の検査はあっという間に満席となり恩恵にあずかれませんでしたが。

保険に入れない、もしくは入っていても健康診断を補助してもらえないという人たちいるからこそ、こういうフェアを催したりするんだな、と納得しました。

なぜなら、しばらくアメリカ人の健康診断がどうなっているのだろうと不思議に思っていたのです。
当然ですが、日本のように市区町村から健康診断を促されたり、補助があったりなどということはありません。

私の加入している海外旅行傷害保険は健康診断費用をカバーしないし、日本では海外居住届けを出していて国民健康保険に加入しておらず、帰国時に健康診断を受けようと思っても全額自費なんですね。だから費用に大差がないのなら、アメリカで受けるほうが都合がいいと思ったのです。

日本にいた頃は1年に1回は健康診断を受けるのが常識だと思っていたので、こちらの病院に「人間ドック」的なプランがないのか色々と聞いて見ました。でも、周りの話を聞いてもなんだかはっきりしないんですよね。

結局、定期的に健康診断を受けるか受けないかは本人次第であり、何にどれだけ補助が出るのかは加入している保険次第のようです。また健康診断といっても、周囲のアメリカ人には日本のいわゆる人間ドックのような項目を年に1回受けている人は一人もおらず、血液検査くらいはするのでしょうが、高度な検査(肺や胃のレントゲンや腫瘍マーカーなど)はあまり身近でないように感じました。

病気になったり、女性特有の項目なども妊娠して初めて検査を始めたりするようでした。

ちなみに、最近収入の低い層や、健康保険に加入できない人のための医療センターやクリニックがあることを知りました。比較的安い診療費で見てもらえるそうです。保険に加入していないと全くお払い箱なのかと思っていたら、そういうわけではないのですね。

ネブラスカには春を通り越してすでに夏がやってきた模様ですが、なんだか気分が浮上しません。
週末はまたSandhillに行く予定ですが、ちょっとやる気が出ないのです。。。

皆さんも良い週末をお過ごしください。
-10 Comments
By さらさ04 23, 2009 - URLedit ]

こんにちは。
メギーさんのところでお名前を拝見してやってきました。ブログのタイトルからアメリカの広い広い大地をイメージします。
一つ前の記事にある野鳥の写真が素敵。鳥ってこんなにきれいだったんですね。鳥だけをテーマに作品を描く画家がいますが、その方の気持ちがわかるような気がします。
それからイースターエッグ、デザインが独特だと思ったらチェコのなんですね。ギリシャは近いですが、基本はシンプルに赤く染めるだけなんですよ。
ところ変わればで、面白いです。

By 04 24, 2009 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By Moko04 24, 2009 - URL [ edit ]

わたしたち夫婦も年に一度は日本でやってもらうような人間ドッグをアメリカでも受けたいと思ってファミリードクターのところへ行きましたが、やってほしい検査をこちらからひとつづ、リクエストしなけばいけなく、検査日も一部保険でカバーされましたが、高額でした。こちらでちょっとした病気にでもかかると、医者に支払う診療代、検査代、施設使用料などなど、複数の請求書がきてトータルすると恐ろしく高額金額が請求されました。日本の皆保険制度と診療報酬制度(国で検査代や診療費の金額が決められている)のすばらしさを実感しています。ということで、私は重い病気にかかったら、速攻、日本に帰国させていただきます宣言をしています。アリスさんも健康にはご留意くださいね。

By ぶく04 24, 2009 - URLedit ]

同じくスウェーデン(ちなみにスイス)でも定期健診などはありません。
スウェーデンではの子宮がん検診は住民登録していると自動的に呼び出しがかかりますが(費用2000円くらい)それ以外に何も無い様子。

こんなに健康診断とか病院に罹ったりとかが無い割りに、スウェーデン人男性の平均寿命は世界一です(女性も2位とかだったような)。

だから、逆に検査なんか必要ないのかも知れません・・・疫学的には。
手取り足取り腰とり(?)の日本と違って、個人で何とかしないといけないのでしょうね・・・

ちなみにスウェーデンでは健康保険料などというものは存在せず、すべて税金でまかなっています!ビバ!

By さらささんへ04 26, 2009 - URL [ edit ]

はじめまして、ブログにご訪問下さりありがとうございました♪
アメリカの広い大地はたっぷり味わえるネブラスカです(笑)。
山がないので観光地として人気があるような国立公園とは違いあまり変化には富みません。
さらささんはギリシャにお住まいですか?
後でブログに伺わせていただきますね。

By Mokoさんへ04 26, 2009 - URL [ edit ]

Mokoさんこんにちは!
私もMokoさんのコメントを拝見して、「思い病気になったら速攻日本に帰らせていただきます」と宣言しておきました(笑)。でも、こういう情報ありがたいです。パートナーを含め何人か周りのアメリカ人に聞いてみたんですが、彼らにとっては比較の対象がない(日本のような国を知らない)ので、どうも的を得なかったんです。健康診断なんて気にしない人が多いです。
やっぱり高額で今ひとつなんですね。。。
自費でも日本で受けたほうがいいですね。予約しなくちゃ。

By ぶくさんへ04 26, 2009 - URL [ edit ]

スウェーデンの人って寿命が長いんですね!意外でした。
気候が厳しいのにね?!

スウェーデンや日本のように小国で教育水準が比較的安定している国にとっては、個人の責任でも十分に健康水準が保てるのかもしれませんが、アメリカのように読み書きも満足に出来ず(移民ではありません)、糖尿病の家族にキャンディをあげるような人たちの居る国では予防医学、健康教育の医療費への効果は高いような気がします。

日本の医療水準は高位にあると思います。
チェコの医療は怖いですから。。。

By Megi04 26, 2009 - URLedit ]

こちらでも、促されてする健康診断はないです。
さすが、個人主義の国、健康管理の自らの責任で!ということなのでしょうか。
でも、恥ずかしながら、私、日本でも、一度しか健康診断なるもの受けたことないんですよ。
病院が嫌いで(笑)。
今まではよかったけど、さすがに年をとってくるとちょっと気になるので、行ってみたほうがいいかな(笑)。
あと、健康保険に入るのは、こちらは義務になっています。
移民とか、全く収入のない方はちょっと分からないのですが、それぞれの収入の高低に合わせて保険料が変わってきます。
保険に入っていなければ、こちらではビザなんかも取れないんですよ~!

おやおや、元気がないようですね。
また鳥が飛ぶ雄大な姿を見て、パワーをもらってきてね♪

By 04 26, 2009 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By Megiさんへ04 28, 2009 - URL [ edit ]

私の住んでいるところでは、任意で健康診断を受けたいと思っても血液検査くらいはできても人間ドッグのようなものはないんです。オーストリアはどうなんでしょうね?
毎年受けているとコメントを下さった方もおられるし、やはり人間ドック的なものは一般的ではないとおっしゃる方もおられるし、アメリカでも場所によっては違うのかもしれませんね。

私の友人にも健康診断嫌いで受けない人がいました。
病気がわかるのが怖いんですって。
確かに自分の健康や病気をどう扱いたいのか、これも個人の考え方ですものね。
個人主義って奥が深いですね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。