スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Calamus Lake

04 17, 2009
今回、私の中で一番の収穫だったのはPheasant(きじ)の写真が撮れたことなんです。
有刺鉄線が手前にあるショットなので、本来は失格なのですが、これが一番クリアな写真でした。

     DSC_6807.jpg

Pheasantは北米原産ではないし、とても身近な鳥で郊外に出ればあちこちで見かけます。ですが、とても怖がりで、人前になかなか全貌を現してくれません。逃げ足も速い速い!今回は多分メスか他のオスに気を取られていたようで、ぼっ~としていたらしく、この上ないラッキーでした。こんなに近くに寄れたのは多分初めてです。

私は大きくて見つけやすく、かつ彩りの良い鳥が好みです・笑。
逆に専門家は見分けのしずらい種を見分けることに喜びを感じるようです。

ご興味のある方は続きもどうぞ。

Pelicanが飛来する時期なようで、湖面にぷかぷか浮いていました。
ごろうとごろう師匠はこのPelicanフライトに狂喜乱舞していました。私はあまり興味がわかなかったのですが、隣で良いショットを盗もうとついて歩いていました。良い練習になるのです。

DSC_7149.jpg

DSC_7168.jpg

DSC_7176.jpg

DSC_6951.jpg

それよりも、嬉しかったのはキルディアの写真が撮れたこと!
この鳥も街中にも郊外にもたくさんいるのですが、鳴き声は聞こえてもなかなか近寄れないんです。

DSC_6837.jpg

Calamus Lakeの朝焼けです。

DSC_6940.jpg

この湖面の静謐さには思わず後ずさりしそうになります。この辺りでは水面が鏡のように静かになるんですね。そして夕焼けも刻一刻と色合いを変えて、同じ空は二度とありません。

DSC_6956.jpg

Previous: 健康診断

Next: Prairie Chicken
-11 Comments
By Megi04 18, 2009 - URLedit ]

アリスさんも、だんだんと野鳥の専門家のようになってきましたね~^^
確かに、鳴き声は聞こえていても、なかなか近くで見たことのない鳥ってたくさんいますよね。
私は、はじめてきつつきを見たときに、あまりに美しくってびっくりしてしまいました!

キジやペリカンも、動物園じゃなく、こんな広大な大自然の中で野鳥としてみられるなんて、なんともいえない感動なんだろうなぁって思います。
ごろうさんのお陰で、素敵な体験がいっぱいできて、本当に羨ましい♪
やはり、空を飛んでいる鳥は大らかで自由でいいなぁ~!
キルディアって鳥、聞くのも見るのも初めてですが、すっごく可愛いですね^^
こんな近くで見られるなんて滅多にないでしょう?
思わず連れて帰りたくなっちゃう(笑)。

最後の夕焼けは息を呑むほど美しいです。
たくさんの聖霊が宿っているような大自然です!
この場所が侵されることがありませんように・・・。

By Megiさん04 19, 2009 - URLedit ]

折角恵まれた環境にいるので、鳥のことは勉強しようと思ってるんです^^
でも、鳥を見分けるのって(見つけるのも)結構難しい!
教えてもらわないとなかなかですね~。あと英語名もハードル。

きつつき、この辺りにも綺麗なのいますよ。
私も意外でした!

キルディアも首のところのラインが目印で見分けやすいから好きです^^
確かに、他にも家でカゴに入れて飼ってみたいと思う鳥もいますよ。
でも、おっしゃるように彼らにとってもやっぱり自然が一番ですものね。

By rudy-love-11104 19, 2009 - URLedit ]

こんばんは☆

アリスさん、凄く素敵な写真ばかりです~!!
1枚目のキジも綺麗だと見ていたら、、
ペリカンが飛び立とうとする瞬間!!
決定的瞬間ですよね!!
野鳥を撮るのは難しいのに、とても綺麗に撮れていますね。
朝焼けもとても美しく、
こんな美しい光景を実際に見られてアリスさん、ごろうさんとお師匠さんに感謝ですね。
こうゆう自然を目の前にすると、人間なんて本当にちっぽけなものだと思ってしまいませんか?

そうそう、獰猛なライオンやヒョウだって、、お腹が空いていない時にはハンティングはしませんよね。
人間がやはり一番野蛮でしょうかね(~_~;)

By Chaky04 20, 2009 - URLedit ]

「同じ空は二度とありません」
なんだか人生のようではないですか。
厳粛な風景と共に、アリスさんの言葉が、私の心に沁みます。

PS このPheasant(きじ)は、食べられるのかしら?

By 04 20, 2009 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By Ziggy04 20, 2009 - URLedit ]

全部の写真にうっとりです。一番上のきじのしゃしんだって しっかりとピントが鳥にあってて 有刺鉄線なんて気になりませんよ~。
近所の公園で喜んでた私ですが、こうやって大自然を目にすると やっぱり素晴らしいなぁって思いますね。
素敵な写真をシェアしてくれて ありがと~!

By ルディママさんへ04 21, 2009 - URL [ edit ]

ありがとうございます☆
シャッターチャンスにはどの辺りにどの鳥が出現するかということを知っているのも大切なんです。だから、一人でふら~っと出かけてもまず無理。
そして、場所を教えてもらったとしても、鳥によっては見つけるのが難しい!
キルディアなどはカモがいる水辺でちょこちょこ歩いていたりするので、実は見過ごしている水鳥は多いのではないかと思います。

本当、こういう自然を見ていると、日頃のごたごたに戻るのが嫌になります。。。
人間はハンティングの必要がない安定した食糧供給が得られるようになったけど、本能だけが残っているのでは?男性が主ですしね~。

By Chakyさんへ04 22, 2009 - URL [ edit ]

アパートの窓彼見える夕焼けも、毎日違います。
ここの夕焼け綺麗なんですよ~。

きじは食べられると思うし、ハンターが狙うものの一つらしいです。。。
美味しいらしいです。
欧州でもよく狩猟されるんじゃないでしょうか(想像です)。

By Ziggyさんへ04 22, 2009 - URL [ edit ]

誉めていただいてありがとうございます!
有刺鉄線をすでに超えて撤退していたきじさんですが、ラッキーにピントが合ったので良かったです。
大自然は良いのですが、どこへ行っても同じ景色なのが「飽きる」原因?!
ロッキー地帯(山)の美しさにはかなわないのではと思いますよ~。
彼が去年行って感激したらしく、今年も行きたいみたいです。

By yasukon04 22, 2009 - URLedit ]

アリスさん
素晴らしいお写真 うっとりしてしまいました。
私も時間が取れるようになったら 野鳥を追っかけてみたいと最近思うようになりました。
鳥の名前も全然知らないのですが・・・(笑)
可愛いですよね。
最近「ツグミ」を一枚撮りましたよ。
やみ付きになりそうです(^^ゞ

とっても見れない風景ともども有難うございました。

By yasukonさんへ04 26, 2009 - URL [ edit ]

>時間が取れるようになったら。。。

yasukonさんの一言が胸に重たいです。。。
でも、野鳥癒されますよね!
ご興味があれば、Bird Feederをお庭の片隅にでも置かれるととても楽しいと思います。
日本なら季節によってうぐいすなども来てくれるかも♪
私も実家におきたいなぁ。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。