スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Graduation

05 23, 2009
   DSCN0646.jpg

先週の日曜日は卒業式でした。
自分が今年の卒業組みであることも気がつかず、さして興味もなかったのですが、卒業式はとても楽しかったです。研修がちょうど半ば弱なので遠い道のりを考えると達成感が鈍くなるのですが、当日だけは晴れやかな気分でした。

お天気に恵まれて、式典に参加していると、「アメリカの卒業式を体験しているのね~。」とわくわくしてきて辺りをきょろきょろ見回してばかりいました。

冒頭のケーキは前々日のレセプションで用意されたものです。
学生はそれぞれ家族やパートナーと出席し、ごろうも出席してくれたのですが、彼の天敵であるBMWばあちゃん(彼女は実はごろうの10年来の知人なのです。ごろうの知られたくない過去を握っているのも苦手な理由の一つでしょう。)に出くわし、彼女から逃れようと右往左往していました。彼女は同級生なのですが、今年卒業しそこねたにもかかわらず、なぜかレセプションに参加しており人々(私だけか?)を混乱させていました。


先生方が最初に入場し、

IMG_9609.jpg

学生が反対側から入場しました。

DSCN0672.jpg

式台の左側には「私の国旗」もあります♪

          IMG_5780.jpg

式台の隣が先生方の席です。

IMG_5776.jpg

右手が式台、奥が学生席、手前は家族です。

IMG_5779.jpg

まだ、学位の資格がないのです。
卒業式に出席してしまったからには何が何でも研修を終了させなければという気持ちになりました(笑)。良いモチベーションだったと思います。

私のわがままを許してくれて、送り出してくれた家族にはもちろん、折に触れ支えてくださった周りの方々すべてに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。本当にありがとうございました。

IMG_5813_convert_20090523121725.jpg IMG_9664_convert_20090523121657.jpg

Previous: NATURA SEMPER VIVA

Next: 妄想
-14 Comments
By Megi05 23, 2009 - URLedit ]

アリスさ~ん!
卒業おめでとうございます~v-424v-314
なんだか、私まで嬉しくってルンルンしてしまいました^^
素敵な式典ですね♪
こんな広いキャンバスで緑に囲まれて、そして私の憧れの帽子と衣装(?)!!!
本当にアメリカンの卒業式って感じで、写真を見ながらあまりに素敵でため息をついてしまいました~!
色々とご苦労もあったと思いますが、ここまで頑張ってこられて、感激もひとしおだったと思います。
本当に本当におめでとう~!

By Chaky05 23, 2009 - URL [ edit ]

素晴らしい卒業式ですね。
心から、おめでとうございます!
すごいねー、きちんと国旗まで用意してくれるなんて。 (持参じゃないよね? 幟みたいなのも立ってるねー?)
外国の大学でMasterを修めたのだから、もっと威張ってくださいな。 誰もが出来ることではありません。

BMWばあちゃんって、同級生だったの?

By rudy-love-11105 24, 2009 - URLedit ]

こんにちは☆

このケーキ、、懐かしいです、、、
いかにもこれぞアメリカンって感じですね。

卒業式、お天気が良くて良かったですね。
私も、屋外での卒業式でした。

ところで、「BMWばあちゃん」の過去記事を読ませていただいたのですが、、
ビックリです~~
そのお歳でまだまだ学業を~!!
人生いくつになってもその気になれば学べると言いますが、その環境があるのは流石アメリカですね。

適齢期はそれぞれですね、、
そしてライフスタイルも、、、
どんな生き方が自分に合っているのか、
一番大事なのは同じ方向を見つめながら歩んでいける事なのではないかと思う今日この頃です(*^^)

By Megiさんへ05 24, 2009 - URL [ edit ]

Megiさん、ありがとうございます♪
なんでもそうですが、こういう区切りっていいですよね。
Megiさんも熱心に日本語を教えておられるから、学期の終わりは達成感があるのではないでしょうか。

当日はお天気に恵まれて幸運でした!
この季節は例年、極寒だったり、灼熱だったり、雨だったりもするので。
この日も午後の部は灼熱だったと思います。

良い記念になりました~。
マスターとドクターでマントの豪華さが違い、密かにきっちりとランク付けするところがアメリカンです(笑)。

By Chakyさんへ05 24, 2009 - URL [ edit ]

Chakyさん、ありがとうございます♪
Chakyさんにも随分支えていただきました!

まだ半分残っている研修を甘えた状態でやり過ごそうとしていることが指導教授にばれないかどうかがポイントです(笑)。

スウェーデンの大学も日本とシステムが似通っているのではないかと想像しているのですが、アメリカの教育システムの大きく違うとことは、Graduate Schoolが日本で言う大学院と一致しないところだと思うんです。学究的なプログラムに加えてMBAなどのProfessional SchoolもGraduate Schoolとなり、終了すればMaster保持者になり、Professionalな系統のDoctorateプログラムもある。
Professional系は専門や目指すところによって大きく内容が違い、研究者を育てることにのみ重点をおくわけではないので、キャリアの一部として学校に戻る人も多いのだと思います(だから年齢層も幅がある)。対照的に学究的なプログラムであれば、アメリカであっても日本と同じように基本的に若い学生を取り、門も狭いのではないかと思っています。

私の場合もそうですが、Professional系であれば誰にでも門が開かれているし、要するに難しくないんです(笑)。場合によっては楽勝なことも(私?)。それにアメリカの平均的な大学の平均的な学生の学力レベルと言うのは、日本で受験勉強を経験した人にから見ると驚くほど楽勝かもしれません。アメリカの大学院は非常に厳しいと言われることがありますが、プログラムによって大差があるし、平均的なアメリカ人にとっては初めて机に向かって一人でテキストを読み勉強するからチャレンジングに感じられるのではないでしょうか。Master保持者は掃いて捨てるほどいて、2,3保持している人も多いし、Doctorate保持者も多いです。それでも満足な収入を得るためには苦労されています。

なんて、長くなってしまいましたが、国立大学が主体となる国ではおいそれと大学に戻れないですよね。

国旗は私も驚きました!Graduate Programでは日本人私一人でしたし。Undergraduateにも卒業生がいるのかもしれません。

> BMWばあちゃんって、同級生だったの?

そうなの(笑)。この人もねマスター3っつもってて、ドクターも持ってるんだけどねぇ。。。。算数できないよ。調査のクラスで自分のドクター論文のテキストまで持ってきて先生に抗議ばっかりしてた。

By ルディママさんへ05 24, 2009 - URL [ edit ]

うふふ~アメリカンなケーキですよね(笑)。
これくらいなら食べられる色ですね。

アメリカのキャンパスは広くて芝生だから様になりますよね。
屋外、お天気がよければ最高です!

BMWコンパティブルかっこいいですよ。自慢したくなる気持ちはよく分かります(笑)。
アメリカには様々なプログラムがあるから、キャリアの一貫としてスクーリングする人が多いですよね。私のいたところも、メインは30代、加えて40代、50代の方が多くいます。

まあ、人生100年の時代では自分の健康のためにも一生勉強を続けることが大切だと言われますから、その環境があると言う意味でアメリカの学校は良いですね!

> そしてライフスタイルも、、、
> どんな生き方が自分に合っているのか、
> 一番大事なのは同じ方向を見つめながら歩んでいける事なのではないかと思う今日この頃です(*^^)

うーん、考えさせられるお言葉です。その通りですね。
現代人は子供がいても、子供が去った後の人生の方が長いんですよね。その意味で、パートナーとの関係はとても重要ですよね。

By プリン05 25, 2009 - URLedit ]

アリスさん、すっかりご無沙汰でごめんなさい。
そして、ご卒業おめでとうございま~す!!!
アメリカの卒業式っていう感じで、日本から見ると映画の中の世界です(*^_^*)

これで一区切りついて、また次のステップに進む気持ちになれますね~。
無理せず、頑張ってくださいね!

By ぶく05 26, 2009 - URLedit ]

おめでとうございます。
外国で学位を収めるのはすごく大変だったと思います。環境や経済的なものや諸々・・(そしてなんといっても外国語で勉強するのですから!!←語学オンチの短絡思考?)

残りの研修頑張ってくださいね!

By 05 26, 2009 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By Moko05 26, 2009 - URL [ edit ]

アリスさん、

ご卒業、おめでとうございます。
フツーのアメリカ人学生に比べて数倍の価値と重みがある卒業証書を手にされたのですね。
ガウンとキャップとアリスさんの笑顔がとても素敵です。

私も憧れのガウンとキャップを夢見てあと半年がんばります。

By プリンさんへ05 27, 2009 - URL [ edit ]

お久しぶりです♪
ありがとうございます。
こちらこそご無沙汰ですいません。

アメリカの卒業式、映画の中で見ているほうが良いでしょう(笑)。

次のステップ、快い響きです~進みたいものです(汗)。

By ぶくさんへ05 27, 2009 - URL [ edit ]

ありがとうございます♪

大変なことなんですよね!まだ修めきれていないところに不安が。。。
「あなたの学位はペンディングです」という紙切れをもらっておののきました。

ひえ~。

By 鍵コメ1号さんへ05 27, 2009 - URL [ edit ]

ううう。。。鍵コメ1号さんのお言葉に涙が~。
日の丸とか日本のものにも反応してしまいます。きっと外国に住んでるからです。
○のせいではありませんよ、きっと。

何となく写真を載せたい気分になってしまい、頑張って紗をかけてみたのですが、私の場合はここまで紗をかけないと厳しいと言う事実にちょっと悲しくなりました(笑)。

By Mokoさんへ05 27, 2009 - URL [ edit ]

ありがとうございます。

> フツーのアメリカ人学生に比べて数倍の価値と重みがある卒業証書を手にされたのですね。

「価値と重み」=「苦悩と涙」と言う意味ではかなり重いです。。。重石です(汗)。

最近、渡米前に読んだ大学院留学に関する本を読みかえしているのですが、そうそうたる名門大学に留学された方も、私と同じような気持ちを体験されていると改めて知り、やっぱり日本人にしか分からない苦労があるんだよな~と感慨にふけっています。

私のような人間はサポートしてくれた相手が居たからこそ、ここまでほふく前進できたのだなと、改めて感じています。

> 私も憧れのガウンとキャップを夢見てあと半年がんばります。

後半年とは私とほぼ同じですよ!ぜひ写真を送ってくださいまし♪

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。