スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉肉しいハム

01 18, 2008
時々買うのが、肉の塊の形をしたハムです(多分名前があったと思います。はい)。塩分がきいていて、半生っぽくって、煮たり焼いたりしてから食します。

今回の塊は多分3~4kgでした。

これをクロックポットに入れて、低温で一晩置くと、ポットはハムから出た肉汁で一杯になり、肉はとろとろになります。

分解したハム

そう、おいしいのです~~ 。もちろん、我が家の肉食獣さまの得意料理です。

クロックポットというのは、低温調理鍋です。
初めて彼の肉料理を見たときは、なんと便利な、おいしいな~と感心しましたが、料理を選ぶと思うので、日本に住んで居ると使用頻度が低いかもしれませんね。

初めの頃、ハムの違いがよく分かっていなかった私は、日本でよく目にするタイプのハムを一晩クロックポットに漬け込んで、ぶよぶよに水ぶくれした溺死体を作ってしまいました。

知人がネブラスカにハムの買い付けに来る日本人ビジネスマンの話をしていました。

ネブラスカはBeef Stateと呼ばれるくらい、牛肉が主要農産物なのですが、ネブラスカで最高品質の肉は日本に行ってしまうそう。

日本人ビジネスマンは品質に厳しく、製造過程まで細かく指示するそうです。

日本に居た時に、アメリカのハムが高級品だったイメージはないし、一体何に使うハムなのでしょうか。ここで食べるハムは日本のスーパーで売ってるハムよりおいしくて安い。最高品質の肉を買っていく意味があるのでしょうか。だから消費者価格があがるのでは?高級品指向に便乗した商社の陰謀かしらと思ったりします。
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。