スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブアメリカンって?

01 31, 2008
インディアンという呼称は今は正しくないとされていて、彼らはネイティブアメリカンと呼ばれています。

全米の各地に保護居住区があり、一部カジノなどを運営して繁栄している場合もあるようですが、少なくとも私が訪れた、ネブラスカ州内の保護居住区は良い状態ではありませんでした。

州内の小さな街も、人口が100人にも満たない所がたくさんあり、開拓時代を彷彿とさせるような質素な雰囲気が残っていたりしますが、保護居住区の雰囲気は違います。

語弊があるかもしれませんが、突然最貧国へ足を踏み入れたかのようでした。人気がなく生気がなくそして停滞感がありました。

彼らの歴史がどのようなものだったのかは、教科書で習ったくらいの知識しかありませんでしたが、ここで初めて知って驚いた事があります。それは、彼らの多くがいまだに保護居住区という限られた場所で生活しているという事です。もちろん隔離ではないので、好きな街に住んでよいわけですが、文化や考え方の違いから、外の世界に馴染めない場合が多いと聞きました。

また、貧困はもちろんアルコール依存率と自殺率が高く大きな問題になっています。小さなコミュニティの中で仕事があるはずもなく閉塞感と無力感が大きいと聞きました。

授業で見たビデオで取り上げられていたのは、胎児性アルコール症候群の少女でした。妊娠中にアルコールを多量に摂取すると、胎児性アルコール症候群(顔に特有の変形が表れます)の子供が生まれるとの事ですが、その症状を持つ子供が、10代になり、自分も同じ症状を持つ子供を産んでしまいます。知識がないのです。教育が不十分だからです。

冬は-20度近くにもなるアメリカ大陸で独自に生活を築いてきた彼らは素晴らしい民族だと思います。なのに現代において私たちの住んでいる断熱効果の優れた暖かい家と保護居住区の粗末な家の差は何を意味するのでしょうか。冷え切った地中から伝わる冷気で融けない雪に覆われた平原に建つ家を見て身震いしました。
Posted in アメリカな話
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。