スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネブラスカのサンドヒルクレイン

04 06, 2010
ここ数日、急に気温が上昇したかと思うと、また冷え込んだりして、春が近づいているのが感じられます。
ああ、サンドヒル(ネブラスカ西部の砂漠地帯)に行きたい、コロラドのロッキーに行きたい(笑)。

日本にいたころには想像もしなかった生活です。
初めてサンドヒルに連行されたときには、思考回路が配置を変えるまでに時間がかかりましたが、今では立派に我が家の隊長さんのアシスタントを務めています。

毎年3月になると、Snow GeeseとSandhill CranesがネブラスカのPlatte Riverに飛来するので見に行きます。

つる


サンドヒルクレインについてはこちら(過去記事)。
Spring Migration / Sandhill Crane(前編) / Sandhill Crane(その3) / Sandhill Crane 2009

アメリカ大陸野鳥紀行に写真を更新しました。
Sabdhill Cranes 2010 in the corn fields / Sandhill Cranes 2010 in the sky

とうもろこし畑に浮かぶ雲。
船団みたいじゃありませんか(笑)?

crane20100405 (2)


実は今年は、ピークの時期を逃してしまい、真っ赤な夕焼けの中、プラット川の上空を黒雲のように埋め尽くして旋回するサンドヒルクレインの姿を見ることが出来ませんでした。

ネブラスカ州内を西に進むとGrand Islandと言う町がありますが、その近辺のとうもろこし畑一体はCrane Meadowsと呼ばれ、アラスカに渡る鶴たちの餌場になっています。夕方になると、外敵から身を守るため、一斉にプラット川の中洲に終結して夜を越すんですね。その様子が圧巻なので、見に来る人がたくさんいます。なんと、はるばる日本から見に来られたグループもいるそう。

彼らが目指すのはアラスカです。
中央アメリカから北米大陸の北端までの長旅です。旅の間に若い鶴はお嫁さんを見つけ、アラスカで巣作り子作りとなります。

鶴は一生同じパートナーと過ごすそうですよ。
私の周りには、鶴にも劣るアメリカンピープルが多いので、あきれるばかり。よこしまな考えがない分だけ、野生の動物のほうが崇高でしょうね。彼らの美しい姿には癒されます。
-11 Comments
By Hiromi04 06, 2010 - URL [ edit ]

アリスさん、、こんばんは。

この景色に感動です。素晴らしい!!
私は自然大好きなもんで(虫は苦手なくせに)、心を打たれました。
鳥さんたちのお写真にも癒されますv-10
しかし砂漠地帯なんてあるのですね?!

過去記事も読ませていただきましたが…大自然は美しいけれど、怖いものでもあるんですよね。
そういう場所に行くと、いかに自分がちっぽけな人間かを知らせますが。。
今の私には、その場所が必要かも(笑)

By Hiromiさんへ04 07, 2010 - URL [ edit ]

コメントありがとう~☆
この鶴たち綺麗だよ。とうもろこし畑にいると、羽音と鳴き声で騒がしいの。
くーくーってね。

彼は近くに寄れる場所を押さえているので、よく見られるよ。
これから季節がいいから、カントリーサイドに出かけられる。
砂漠はね、砂漠なのよ(笑)。
牧場になってるけど。

きっと、Hiromiさんのお住まいのそばにも色んな鳥スポットがたくさんあると思うの。
近くに住んでたら一緒に見にいけるのにね。
ガイドがいないと難しいもん。

ウィスコンシンのほうがカナダに近くてネブラスカより森が多そうな気がするけど、どうなのかな。New Moon見た?あんな森。森があれば鳥も多いのよ。

自然もいいんだけど、自然が近くにある「街」がやっぱり恋しいわ。。。(/_;)

By ぶく04 07, 2010 - URLedit ]

景色が広大すぎます・・・怖いです。
でも、現実から遠ざかるのにぴったりの場所ですね。いかに自分がちっぽけで一人ぼっちかを確認するのもたまには良いですね・・
(数時間くらいなら・・・はい・・チキンです)

By momo04 07, 2010 - URL [ edit ]

おはようございます。ツルの写真、素晴らしいです!こんな写真を撮るのには、専門知識や忍耐力がかなり必要だと思います。ツルって優雅ですよね。夫に聞いてみると、この辺を通って、マニトバ湖で休息するそうです。今年は春が早かったので、もっと北のほうへ行ってしまったかもしれません。カナダ雁は一ヶ月ぐらい前に帰ってきました。

カナディアンロッキーもなかなか見応えがありましたよ。お尻の白い山ヤギが可愛かったです。残念ながら思ったより野生動物には出会えませんでした。ムースを見たかった。マニトバ州も自然がいっぱいです。幹線道路沿いでも鹿がよくたむろっています。飛び出してくることがあるので、厳重注意です。

自然もいいけど街も恋しいって、田舎に住んでいると思います。気楽にカフェで読書やおしゃべりができて、日本、アジアの食品も手に入りやすく、移民が多いので偏見もゆるく感じます。でもねー、田舎の家に帰ってくるとホッとします。静かで安全ですよ。

酢リンスにグリセリンのアドバイス、ありがとうございます。戸棚の奥から出てきたグリセリン、試用期間が1年前に切れていました(涙)。

By ぶくさんへ04 07, 2010 - URL [ edit ]

こんな場所って、アメリカ以外にあるんでしょうかね??
そりゃあ、もちろんシベリアや中国内陸などに行けばあるでしょうね。。。
同じ、森や畑でも、人家が視界に入るチェコならば安心感があるのだけど、ほんと怖いし、怖がったほうがいいです。事故起こしたりしたら発見されるかどうか不安ですよ。

前にスティーブン・キング氏がカントリーサイドのディッチに放り出され体がねじれたままこのまま死ぬかと思ったとかいておられましたが、そういう怖さほんとにあります。
私ね~、とうもろこし畑に行く度に、彼の「とうもろこし畑の子供たち」が思い浮かんでしょうがないんですよ。読んだときはさほど怖いとも思わなかったのに、今はこういう場所に暮らすの人たちの生活やメンタリティを知ってしまったから、何か現実感を帯びてしまい。。。

キョワイんです(/_;)

By momoさんへ04 07, 2010 - URL [ edit ]

ありがとうございます☆
私の場合は、完全に親亀(彼)の背中に小亀状態で写真を撮ってますから。。。あまり威張れないのです。しかも、少し風が吹くと(ネブラスカ国の風は富士山の風ぐらい体力を奪います)すぐに飛び降りて、シェルター(車)に移動しますから。

今年はsnow geeseを完全に見逃してしまったのですが、snow geeseはそちらで休息するのでしょうか。カナダは森が深そうですね!ますます野鳥の宝庫ですよね~。私もムースは見ることが出来ませんでした。でもロッキーの野鳥はすごかったですよ。

>気楽にカフェで読書やおしゃべりができて、

そうですね。。。(/_;)手軽な気分転換が(特に女性にとっての)街には多いですもんね。気のせいかもしれないんですけど、チェコにいる間は、アメリカにいるときのような変な疎外感を感じないんです。アフリカの特定の国々から来る学生が多いらしいんですけど、彼も、チェコ人は特に何の感情もないと思うって言ってますし、そのまま就職する人も多いって言ってます。アメリカの白人ってどうして肌の色にこんなにこだわるんでしょうね。気が滅入ります。。。

グリセリン、食べるものじゃないから、大丈夫ですよ!

By yasukon04 07, 2010 - URLedit ]

おはようございます。
バタバタしていてご無沙汰してしまいました。
とっても綺麗な自然を見せていただいて ホッとします。
綺麗なツルの写真 お上手ですね。
以前お話しました村上春樹の「やがて哀しき外国語」をまだ読んでいますが
アメリカでの住宅街(日本の団地のような所でしょうか~)でも敷地が広大で門構えもなく 隣は何をする人ぞ的なこともあり・・・とか書いてあってアリスさんのお宅のことも思いながら読んでいます。
何も存じ上げませんが本に出てくるボストンとかNYとかとは違ってもっともっと広大な土地での生活なのですよね。
広い広いアメリカ 良いところも悪いところも全て受け入れての毎日でしょうか??
本を読みながらアリスさんの事 思っています。

By ワクワクドキドキ04 07, 2010 - URLedit ]

素晴らしい大自然ですね。私も一度地平線ッていうのを見てみたいのです。
大自然に囲まれる生活、,憧れます。
昔は都会大好きでしたが,今では本当に信じられないくらい自然派になってしまって,,ログキャピンで暮らしたいとか,裏庭が森のような生活を夢見ています。
空気も絶対にいいですもんね。癒されますね、、。

By yasukonさんへ04 08, 2010 - URL [ edit ]

おはようございます♪
色々とお忙しそうですね~。春になったから体も軽快に動くのでは(^^)

写真のことありがとうございます。
写真も撮り始めると楽しいですよね!

そう言えば一度もこの辺りの生活のことを書いたことがないかもしれませんね。
私の住んでいるところはネブラスカの中でも比較的大きな街なので、いわゆる街中があります。とは言っても日本よりはスペースに余裕がありますが、日本の一戸建てとそう変わらないですよ。私の住んでいるところはアパートですしね!

多分村上さんがお住まいになったような大都市郊外の町に似たようなリッチめの住宅街もありますし、邸宅の並ぶ地域もありますが、それは一部でお金持ちの住む場所です。一般的なアメリカ人の住む家は、日本のメディアには出てこないような、小さい家で、お隣との間も近いです。アメリカ映画をよく観察しているとわかりますよ。私の友人知人(アメリカ人)の家などもみな質素で、邸宅に住んでいる人は一人もいません。あ、日本人駐在員の方のお宅は立派ですね。

NYやボストンとはかなり違います(笑)。
やはり、色んな点で不便なので、大都市に電車でアクセスが出来る周辺都市って言うのが理想です。ボストン旅行楽しみですね♪NYは美術館と博物館が楽しくて、もう一度行きたいと思いました。でも大英博物館のほうが良かったです!

By ドキドキワクワクさんへ04 08, 2010 - URL [ edit ]

地平線見れますよ!
10年暮らした人が、見飽きたって言って出て行きましたが(-_-;)

私も田舎暮らし派です!
畑もしたいし、鶏を飼って、卵を産んでもらって、豚さんも飼って、育てて食べて(にやり)。アメリカの中西部は乾燥していて、本来、森がないんです。あることはあるんですが、森と言うよりも、ブッシュ?!時折ある森も、植えられて人工的に作られているので、木が枯れて死んでしまいます。やっぱり草原ですね。。。荒涼って言葉が。。。合う(-_-;)

いや、私も住むまで知らなかったんです。
学校で勉強してるはずだし、考えれば分かったはずなんだけど、人間の頭って不思議ですね。だから、とうもろこししか育たないんですよ。州によって緑の多い場所あると思います。デュークさんのご出身地もまた違った雰囲気なのでは。

By 04 12, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。