スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カントリーサイドへのデイトリップ2

05 01, 2010
早速ですが、今回のお惣菜パン(笑)。
記事の題と合ってない~。

そうざいぱん2

前回作ったツナポテトが好きではなかったので、今回はコーン系に趣旨がえしました。でも、缶詰のコーンは美味しくないですね~(^_^;)
せっかく、仲良くしていただいている、ぶくさんにアドバイスをいただいて、水分量を増やしてみたのに、副材料を変えたために、またしてもしっかり目の生地になってしまった。

殿は、惣菜パンもなかなか気に入ったようですが、所詮は肉食獣。基本はハムとチーズのサンドイッチが一番好きなようです。

今回は、サンドイッチ用に珍しいハムペーストを作ってくれました。
これが、うまいっっ!

しろくまはむぺ

サンドイッチもいいですが、ディップやカナッペにしても良さそう。
私には肉肉しかったので、玉ねぎのみじん切りを入れてみたところ、ますますグー。

材料も、分量も全てお好みで良いと思います。
今回はブロックハムを使いました(お買い得だったからね^^;)。こちらでクッションと呼ばれる、ミンチされた肉のハムがあるのですが、それを使いました。良いハムはもったいないでしょう。脂肪の乗り具合はお好みで。多少脂肪分があったほうが美味しいと思います。ハムによって塩加減が違うでしょうから、お好みで調味してくださいね。アメリカにはレリッシュトピクルスと言ってあらかじめ粉砕されたピクルスがありますので、あれば便利です。

めちゃくちゃ簡単です(^^)
私は絶対に合う!と思って、玉ねぎのみじん切りを入れましたが、お好みでセロリやピーマン、パプリカなどを入れても美味しそう。お野菜は適度なつぶつぶ感があったほうが良いと思います。

さて、本題ですが、今回はなかなか良い写真が撮れました。
今回は水鳥たちが飛来していて、ウィルソンズファロップがくるくると回転しながら食事中でした。先週と同じ、とうもろこし畑に散在する湿地をまわったのですが、やはりもう少し人気がない場所に行かないと、なかなか近くに寄るのは厳しいですね。車が多いこともあるのでしょうが、ここはハンティングが許されているので(鳥の種類は決まりがあります)、鳥達は人間の動向に敏感なようです。

waco20100501 (8)

バードウォッチングと言うと、日本では、双眼鏡を持って森をハイキングというようなイメージがあったのですが、ここでは、車が基本です。アフリカのサファリのように車でとうもろこし畑を徘徊し、窓から眺めるのです。最初は情緒がなくてがっかりしたものです。
-6 Comments
By 05 01, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By ワクワクドキドキ05 02, 2010 - URLedit ]

なるほど~。マヨネーズッて使えますよね。今度やってみようと思います。
そうそう、イチゴ、アメリカのイチゴはお野菜のようですよね。日本のは、本当にデザートというなんとも甘い贅沢な味がします。
同じイチゴなのに、不思議ですね。

By 05 03, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By hirochotto05 04, 2010 - URLedit ]

パン焼き器を使いこなしてますね!一昨年にロンドンに移った時に「あの地のパンは…」ということで彼の家族からパン焼き器をプレゼントしてもらったのですが、なんだか機械で焼く方が生地の調合が難しそうで手捏ねばかりでした…。でも先日からのお惣菜パンの話を読んでいると挑戦したくなります。地下にしまいこんだパン焼き器、探してこようかな~。
そして水鳥、可愛いですね~。パリ近郊でも少し車を走らせると畑が広がっているのですが、狩りの季節になると綺麗なキジのつがいが道端をテクテク歩いていることがあります。野生の動物が少なく、わざわざ飼育した動物を放して狩る為なのですが、人間に懐いている動物を狩るって残酷な話ですよね…。

By ワクワクドキドキさんへ05 05, 2010 - URL [ edit ]

お返事が遅くなり申し訳ありません。

アメリカのいちごご存知ですか?水っぽいですよね。
地質のせいなんでしょうか??
うれるとなかなか甘くなるんですけど、日本のいちごには及びませんよ~。

By hirochottoさんへ05 05, 2010 - URL [ edit ]

うちのHBも、これで焼こうと思うと四苦八苦ですよ!
アメリカのレシピなら結構うまく焼けるんですけど、日本のパンは水分が多いから難しいです~。捏ねだけだと心配せずになんでも作れますから、ついつい生地だけ作ってしまいます。手捏ねには戻れません(笑)、激しく便利ですよ!ぜひぜひ。

きじって綺麗ですよね~私も大好きなんですけど、逃げ足が速くてなかなか写真に取れないんですよ。走る姿が笑えます。このあたりでもやっぱり、狩のために放たれたものが勝手に野生化して増えてるみたいですけど、ハンティングの時期にだけ放されるってことはないと思います。でも、そんなに簡単に枯れるものをわざわざ殺して楽しむなんて残酷ですよね。他国の文化だから口出しできないけど、鯨にはあんなにうるさいくせしてですよね!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。