スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでヘナ(3)

05 15, 2010
直近は、ebayで卸売りをしている業者から、100%ヘナ粉を1kg(約22ドル・送料込)買って大変満足しています。続きでご紹介する商品も、ここでは店頭で手に入らないので、ebayで買いましたが、送料もかかりますし、パッケージ商品はやはり高いです。

自家製の頭髪で見苦しく申し訳ないです。これが現在の色。
前回まで使用していた、Rainbow Henna(Burgandy)と Surya Henna(Burgandy)の色が混ざっているので、純粋なヘナ色ではないかもしれませんが、ほぼこれがヘナ100%の色だと思っていただいてよいと思います。

そまりかた


自然光の下で取っているので、室内だともう少し暗く見えるかもしれません。
日光の下に出ると、ひときわ明るくなります(汗)。
「こんなオレンジ嫌だ」と母には却下されましたが。

続きでは、私の経験した染め方などをご紹介します。

ヘナは熱湯で溶いたほうがいいとか、お湯で溶いた後、数時間から1日置いておいたほうが色素が抽出されるとか、色々あるようですが、私の経験からすると特に大差がないというのが感想です。だまが出来やすいので、このだまがなくなるぐらいまでは置いておいたほうがいいのかもしれません。つい面倒でそのまま使ってしまいます。あ、2日間放置したときはカビが生えましたから、ご注意を(笑)。

混ぜるものも、紅茶やコーヒー、ハーブ、酢、ヨーグルト、油と色々あるようですが、やはり目に見えるほどの差はないと感じます。私は気休めに、白髪が良く染まると言われた酢と、髪に良いだろうと思ってごま油を小さじ1ほど混ぜています。油やヨーグルトなどを混ぜると洗い落としやすくなるような気がします。気がする程度ですから(笑)。気が向くとハチミツを混ぜたり、髪に良いらしいモラセスを混ぜたりもします。ちなみにこういう混ぜものは、髪につける直前がよいそうです(混ぜた後放置しないこと)。

インディゴの混ぜてあるものは、粘度のあるヘナ粉と違って、ぼそぼそして髪に乗りにくいので、悩んだ挙句、糊状にしたコーンスターチを混ぜたら、少し扱いやすくなりました。でも、もしかするとコーンスターチが髪への色素吸着を妨げるのかもしれないと思っています。ま、いずれにしてもあまり染まらないので、大差はないのかも(^_^;)

ケチャップからマヨネーズぐらいのお好みの固さにして使います。毛先まで伸ばしたいときには、途中からお湯を加えてゆるめにしたほうが伸ばしやすいと思います。ただ、ヘナはゆるめにしてしまうと染まりも薄くなります。基本は髪が完全に隠れるぐらいどっちゃり乗せることだそうです。毛先まで染めるのはなかなか大変なので、私は伸びてきたところを染めるだけで、全体を自分で染めるのはあきらめています。そのうち勝手に染まるだろうと(笑)。

へな

普段は汚くなったプラスチックの容器を使っていますが、今回は写真撮影のためにグラス(笑)。プラスチックのスプーンで錬ります。金属はダメだとか。湯せんにして暖かくして髪に乗せていきます。使っているのは、ビゲンについていた毛染め用のブラシ。髪の毛を分ける櫛。その他クリップなど。後は、ラップを密着させて、その上からタオルかシャワーキャップのようなものをかぶります。ヘナはぱりぱりに乾燥してしまうと染まらないらしいので、乾燥しないようにするのが大切です。生え際は特に乾燥しがちなので、ヘナを厚めにのせて、コットンを切って少し湿らせて生え際に乗せてからラップを巻いています。ヘナがたっぷり乗っていれば十分かもしれないけど、タレ防止にもなりますし。

へな2

後は、そのまま最低2時間位はおきます(説明書によって違いますけど。。。)、時間の許す限り、と言うか自分が我慢できる限り、乗せておきます。「髪に良い、体に良い、美しくなれる(モニカ・・・しつこい・笑)」と念じながら(笑)。結構忍耐です。

とまあ、こんなところです。
色々苦労しましたが、最初から100%ヘナ粉を使っていればここまで苦労しなかったような気もします。

ちなみに、手軽に生え際だけを染めたいと思って、買ったのがこちらです。
これは日本にいたときに、Loftで買って使っていたことがあります。ヘナを成分に利用したヘアマニキュアのようなものかな。化学成分フリーではないのですが、髪を傷める度合いが少ないようです。ただ、数週間で退色しますし、染める時間もそこそこかかりますし、ヘナ同様乾燥すると染まらないようなので、キャップをかぶらないといけません。洗い落としやすいのはメリットですが、私にとってはヘナと対して手間が変わらないかもしれません。
SURYA HENNA スーリヤ ヘナクリーム/バーガンディ(レッド)SURYA HENNA
スーリヤ ヘナクリーム/バーガンディ(レッド)
Rainbow Hennaも日本で目にしたことがあったのと、こちらでよくネット販売されているので使ってみました。
日本のアマゾンでは見当たりませんでしたが、Loftかソニープラザで目にしたような記憶があります。色の品揃えが多くて楽しいのですが、ヘナ100%の粉がやはり一番良く染まるというのが感想です。それにこの量(4oz)だと、あっという間になくなってしまい、送料を考えると高価すぎて常用できません。。。
31ZbuOANe5L__SL160_AA160_.jpg Rainbow Research Inc.

実は、2つほどよく見ているオンラインショップがあります。
手作り化粧品の材料や、エッセンシャルオイル、ハーブなどを取り扱っているお店です。アメリカではハーブを抽出したサプリメントならどこででも手に入りますが、ハーブそのものとなると取り扱いが少ないです。オーガニックショップや健康食品店でも品揃えは限られていますから。

大袋で買えますし、値段も悪くないのですが、結局、こういうオンラインショップは、参考のために見るだけで終わってしまいます。今までに、実際、どこでヘナを買ったかというと、ebayです。見比べてここに落ち着いてしまうんですね。エッセンシャルオイルやその他の素材も、1度だけですが、実際に買ったことがあるのは、Puritan Prideというサプリメントのオンラインショップです。彼が会員になっているので、セールのときに一緒に買いました。手作り化粧品に使うハーブも、ハーブティを使ったり、大抵の素材はスーパーで手に入るもので間に合ってしまうんですよね。

オンラインショッピングは便利ですが、こういうものはディスプレイを見て、手に取る楽しみもあるので、やっぱり、センスの良いお店で眺めたいなぁと思います。日本にいたときは、WELEDAやNealsyardなどのショップに行くのが楽しみでした。こういう綺麗なもの、可愛いもの、気持ちのいいもの、洗練されたもの、美しいもの、が自然と目に入る範囲にあり、知らず知らずのうちに五感が刺激されているのといないのとでは、感性や情緒に差が出てくるんじゃないかなぁと思います。ジャージを着てスーパーしか行くところがないと、だんだんと脳のしわが少なくなってくる気がして。。。生まれたときからこういう場所しか知らないと、感性って違ってくるのかなと思ったり。もちろん、物質的な豊かさだけが、人間の豊かさではないとは思うのだけど。

日本にいるときは、「日本人は贅沢すぎる!」と思うこともありましたが、最近は、「日本人って工夫するのが好きで、より良いものを求めてしまうのかも。」と思ったりします。良いモノ・コトが好き、新しいものにも興味津々。これって実は文化向上にとても大切な要素なのかも。なんてったって2600年の歴史がある国ですものね。誇りに思う今日この頃です。
-6 Comments
By ぶく05 16, 2010 - URLedit ]

初めてスイスへ行ったときスーパーの品揃えを見て「ココは物資統制の国?」と思わせられるくらい品揃えが悪かったのを思い出します。(その割りに品物の値段が日本の2倍はしました。物によってはもっと・・・)
スイスに慣れた頃、スウェーデンへ来て「なんてものがない国なんだ!」と驚きました。(そして物価がスイスと同じくらい・・・消費税25%)
どちらも世界に名だたる高所得国なのに・・・

お金の豊かさを物質的な豊かさは違うのですね。
お金持ちはケチだといわれますが、そういうことかもしれません。
(使わないからお金があるのです・・・私にはむり)
ヘナとは関係ない話になってしまいましたが、ヨーロッパ人は質実剛健です。

100%ヘナ、こちらで見つかるかは不明ですが、ちょっと探してみようと思います。

By ぶくさんへ05 16, 2010 - URL [ edit ]

もし、近くにインドか中近東の食品店があれば、置いてあるかもしれません。
私は最初そう聞いて、でも実際にはおいてなかったですが(-_-;)
スイスとスウェーデン、そうなんですね。。。旅行したことがあるのは欧州の先進国ではロンドンとイタリアですが、必ずスーパーに行きました。質までは分からないけど、それほど品揃えが少ないとは感じませんでした。チェコもドイツ資本のスーパーが進出していますが、品揃えはそれほど悪くないように感じました。もちろん日本のスーパーにはかなわないんでしょうけど。
でも、いわゆる贅沢品というか、+α品というか、お楽しみのためのお店類が外国は圧倒的に少ないですよね。この街にもゼロといっていいかもしれません。アメリカはモールですかね。しかし、日本のデパートその他と比較すると、足元にも及ばないですよね。
まあ、人間それほど多くのものを必要としないけれど、きちんとした格好で通りを歩くと言う行為自体が懐かしいです。

By momo05 16, 2010 - URL [ edit ]

最近、日本に一時帰国してスーパーなどでの接客サービスのよさに逆カルチャーショックでした。生鮮食品のための氷やドライアイスのサービス、丁寧な対応など、多分日本に住んでいたら当たり前のことなのでしょうが。こちらのファースト・フード店などでは、アルバイトの若い子が友達と喋りながら、おつりを差し出したりということもあり、社員教育どうなっとるの(怒)。何かこういう小さいストレスが、塵のように心の隅にたまっていくのです。自己防衛のためにも、自然や美しいもので和みたいです。

ヘナの詳しい情報ありがとうございました。スプリング・クリーク楽しまれましたか。お天気がよかったらいいのですね!

By ワクワクドキドキ05 16, 2010 - URLedit ]

確かに日本のデパートに行くと目がくらくらするほど色々な素敵なものが売っていますよね。なるほど,ヘナは結構時間がかかるのですね。今使っているのは30分なのですが、体に悪そうなので,長く使えないなと思っています。部分染めなので体の為より楽を選んでしまったいけない私。これから先どのくらい染め続けるのか未定ですが,何年もとなると確実に体にいいものを使わなくては,せっかく食べ物に注意をしていても意味がないなと思うこの頃です。情報ありがとうございます!

By momoさんへ05 18, 2010 - URL [ edit ]

そうなんですよね。。。日本って本当に丁寧。
単純に較べてしまうと、カルチャーショックで具合が悪くなりますよね。私もホームシックというよりも、こういう差に対する不快感がまさに「塵のように心の隅にたまっていく」んですよね。。。とってもよく分かるかも。
20代初めならまだしも、30過ぎてほぼ人格が出来上がってから外国に来てしまうと、この「単純に較べない」ことを自分の中でどう処理すればいいのか悩みますよ。しかし、一生ついてまわる問題だし、具合が悪くなっていたら自分が損だし。でも、ああいう文化って日本の美徳だとも思うし。。。
実は日曜日、彼が具合が悪くって、キャンセルしたんですよ。私も風邪を引いてしまった。なんだか寒い春みたいですね、世界的に。

By ワクワクドキドキさんへ05 18, 2010 - URL [ edit ]

ヘナは面倒です!(笑)
しかし、毛染めの化学臭やら、色んなことを考えると、そう不快でもないかもしれませんね。いくらでも好きなだけ、やればやるほど体にも効用があるらしいですよ。この本によれば。効用があるハーブらしいので。また、良いアイデアをゲットしたらご案内したいです。
とりあえず、これで禿げることはないかと(笑)。
気のせいか、常に染め続けている、前髪の辺りが。。。不安(笑)。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。