スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、世界の工場

06 30, 2010
今まで見たかった映画をまとめて見ています。
図書館のDVDがこれほど充実しているとはありがたいです。新作、旧作かなりのタイトルがそろっていると思われます。全部タダで見られるんですから、幸せ感倍増です。アメリカに払ったお金を回収しなくっちゃ。今、BBCとHBO合作のROMEを見ていて、完全にはまっています。これは、久々に私の心を揺さぶりました。なんと言っても主役の俳優さんが~(そこか)。私、ストイックな男性と制服(この場合は戦闘服^^;)姿に弱いということに気がついてしまったかも。

もとい(よだれを拭いて)、今のところ、一番考えさせられたのは、前から見たかったManufactured Landscape。世界の工場と化した、中国の姿です。どなたも一度見ていただきたいなぁと思いました。

Manufactured Landscapes (Ws Ac3 Dol) [DVD] [Import]



ドキュメンタリーですけれど、淡々と中国での製品生産の様子が映像で綴られます。こんな映像って今までメディアで目にしたことがないように思います。

私たちが日々手にしているありとあらゆる商品の多くが中国製ですよね。または、部品が中国製だったり。何気なく使っている便利なもの。楽しみのために、特に必要なくても買ったり、ちょっと不便だと文句を言ったり、製品の質にうるさかったり。

私が頭の中で勝手に想像していた、これらの商品が製造される工場は、ほぼ無人化されたオートメーションの工場でした。多分、子供のころに社会化見学した日本国内の工場の様子が記憶にあるからだと思います。

でも、このドキュメンタリーで紹介されるのは、女工哀史を髣髴とさせる世界。労働環境は劣悪には見えませんが、中国の人たちの手なんですね。一日中、5mmほどの小さなプラスチック部品の穴のみを検品し続ける女性。何年も何年も。小さなパーツに銅線を巻くだけの仕事。繰り返し繰り返し、一日中。

中国で、リサイクルを請け負っているってご存知でしたか?
巨大な廃棄物の山の中から、部品を手でより分ける女性たち。有害な重金属が雨で地中にしみこむそうです。

大量消費文化と、贅沢に慣れてしまった私たちの、便利で快適な生活の裏には、こういう現実があるんだということを映像で目にするとショックでした。安全性などの問題が続発して、Made in Chinaを目の敵にしがちですが、私たちの生活の中の便利はこういった労働と環境への犠牲で支えられているということなんですよね。

社会人になって、自分でお金を稼ぐようになり、楽しくって洋服や持ち物にお金を使いました。
流行がすたれて、着なくなった洋服を捨てたりしました。
贅沢品や要らないものもたくさん買いました。

祖母は村ではめずらしく羊を飼っていて、毛糸から紡いで母にセーターを編んでくれたそうです。
そんな母は、「あんたは贅沢すぎる。こんな立派な生地を作るのにどれだけ苦労がいると思うのか。もっとモノを大事にしなさい。」といつも言っていました。そう言われても、要らなくなったもの、使わなくなったものは、捨てるのが一番良いと思っていた私は、全く取り合いませんでした。

日本は技術立国ですし、それぞれの国が得意なものを商品として、他国に売ることが出来るのは、世界全体の経済の発展のために必要なことだと思います。でも、それが不公平で歪んだ形であれば、必ず付けを払うときが来る。

私に出来ることはそれほどありませんが、簡単に捨ててしまっているものでも、ひとつひとつが貴重な資源からできているということを忘れないようにして、本当に必要なのかどうかよく考えてみたり、日常生活の中で、不必要なものや余計なものをなるべく買わないように心がけたいと思います。使い方にも気をつけて、モノを大切にしていきたいですね。
11 CommentsPosted in 映画
-11 Comments
By yasukon07 01, 2010 - URLedit ]

こんばんは!
中国のことついに記事にされましたね(笑)
娘が中国にお世話になっていなければ 私はいつまでも偏見を持っていたと思います。
でも今は少し自分の中で変化してきていますよ。
実際行ってみると 目につき嫌なことも多々ですが でも一般に優しい人たち。
見る目が変わってきている自分を知って やはり生に外国人と接する大切さを学んでいます。
わぁ~^アリスさんの記事から外れてきたかも・・・(-_-;)
贅沢になりすぎた私たち。考え時でしょうね。

By ぶく07 01, 2010 - URLedit ]

私もこの本を読みたいと、アマゾンで買いかけたのですが、結局かわずじまいでした。
図書館のレンタルで探してみます(こちらの図書館のレンタルはあまり充実していませんが)。

先日スウェーデンの番組でスカンジナビアで消費されているオメガ3のタブレットの原料は西サハラ(モロッコと領地の取り合い・・というかモロッコが勝手に西サハラを自分の国と言い張っている)から来ていて、西サハラの人たちは飢えている目の前で魚がタブレットになっている(そしてお金はモロッコへ)というのを観ました。

私たちの安くて便利で楽な暮らしはこういうことの上に成り立っているのだな・・と中国のことにも思いをはせて居るところでした。

ちなみにスカンジナビアの人たちはこのテレビ番組を観て西サハラからのオメガ3を買わなくなったそうです。フェアな人たちが多いなあと思いました。

By yasukonさんへ07 01, 2010 - URLedit ]

こんにちは♪
中国だからというわけではないんですけど、本当に世界の工場と化している中国がどのように生産を運営しているのかとっても興味がありました。図書館にあってラッキーでした。
中国の人、一般に親切ですよね。私も義理姉が中国の人なので、彼女の「熱さ」を知っています(笑)。その一方で、例の小脳の話じゃないですけど、考え方が根本的に違うと、そこをどう折り合っていけばいいのか、難しい部分もありますよね。どこの国の誰ということではなく、例えばもし、物を盗むことを良しとする文化があったとしたら、こちらの倫理を押し付けても平行線かもしれませんね。

By ぶくさんへ07 01, 2010 - URLedit ]

ぶくさん、

このドキュメンタリー映画は特に挑戦的な感じでもなく、淡々と映像で綴られていて、分かりやすかったです。

そのオメガ3の話、考えさせられますね。
きっと、私たちの身近にある、ありとあらゆる製品が、誰かの犠牲の上に提供されているのかもしれない。というか、そうでない物のほうが少ないのかもしれませんね。私たちの世代のように、生まれたときからそこにあるのが当たり前の生活をしていると、一体どこからどうやって供給されているのかなんて考えることもないですよね。なんて多くのことを知らないんでしょうね。

うちに水資源に関するBlue Goldというドキュメンタリーがあるのですが、アフリカのことに触れられていて、やはり欧州の国際企業がアフリカの水資源をタダ同様で搾取しているという内容でした。欧州で出回っている紅茶に対して適正な値段が支払われていれば、アフリカは今頃、世界で一番裕福な国々だって。その搾取は今でも巧妙な形で続いているそうです。

Romeを見ていて思いますが、いつの時代もどの国においても、欲しい物は力で強奪するというのが人間の性なんですよね。悲しいけれど。

By 07 01, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By ワクワクドキドキ07 02, 2010 - URLedit ]

確かにそうですね.安いから,良いやではなくて,本当に必要なものを大事に長く使う,,勿体無いという精神大事にしたいと思います。
話しはそれますが食事も,バイキングで沢山取って残す人をたまに見ると悲しくなってしまいますから。。

By yasukon07 02, 2010 - URLedit ]

こちらに書いてもいいですか?
バジルの虫退治は??って コメントに書いてくださったので、
それを読まれたkeiさんが教えてくださいました。
ハ-ブ教室で習われたそうです。
牛乳を薄めて霧吹きでかけるといいらしいです。
試したことはありませんが・・・との事ですが お試しください。

By Chiblits07 02, 2010 - URLedit ]

このドキュメンタリー是非みたいです。 
最近中国産中国産と一方的に中国産を非難できなくなってきました。 私もアメリカの塵収集の会社が違法で中国に塵を買わせているってドキュメンタリーで見て、アメリカの塵の為に中国人が酷い事になっているのを知り唖然としました。 被害者は中国人でもあるんですね。 儲けだけを考える中国の会社とお役人とアメリカの会社。 犠牲者は中国人。 政治が悪い典型ですね。 私も使い捨てなるべくしないようにしています。

By ワクワクドキドキさんへ07 02, 2010 - URL [ edit ]

ワクワクドキドキさん、

アメリカは資源が豊富で、農作物も豊富なせいなのか、私の母くらいの世代の方でも、結構残り物の食品などぽんぽんとくずかごに入れる人を目にします。私の周りだけなのかもしれないのですが。もったいないって尊敬の言葉ですよね。ありがたいと言う気持ち、忘れないようにしたいですね。

By yasukonさんへ07 02, 2010 - URL [ edit ]

yasukonさん、

わざわざありがとうございました。私がおたけびをぽろっと漏らしてしまったばかりに(笑)。毛虫系など捕まえるときには涙モノです。牛乳試してみますね。お酢や、唐辛子、にんにくスプレーも良いらしいです。がんばります!

By Chiblitsさんへ07 02, 2010 - URL [ edit ]

Chiblitsさん、

私も、以前は、中国は危険な薬剤を使ったりすることに無頓着なんだという様な考え方でいたのですが、兄から、環境汚染や公害で一番被害を受けているのは一般の中国の人々なんだといわれて、遅いのですが、気がつきました。特定の地域では癌の疾患率がとても高かったりするそうですが、医療へのアクセスも限られているような地域では、ただただ亡くなるだけということもあるとか。ちなみにネブラスカでも子供の白血病が多い地域があるのに特に調査もされていないとか。
日本も、発展時期には公害の問題ありましたよね。過渡期なのか、これからどうなるのか、回復不能な状態になるようなことがないように祈りますよね。中国の自然は素晴らしいと、義理姉がいつも言っているのです。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。