スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねばねば納豆丼

08 18, 2010
カリフォルニアのばあさんブログのChiblitsさんが、美味しそうとおっしゃっていたこのレシピ
簡単なのに、美味しい!美味しすぎる!

冷蔵庫に残っていた最後の納豆で、4回目?5回目?くらいかな(笑)。
お砂糖と醤油の甘辛さが納豆と意外にマッチします。私は甘めが好きです。相棒は納豆を食べられますが、好きというほどではありません。でもこれは絶対に受けると思う。

blog20100802 (33)


卵がもう一つの美味しさのポイントです。
その、卵を料理するときにいつも考えること。話が飛びますが、続きにて。

アメリカに来た当時不思議だったことの一つに、皆が、卵と肉類に完全に火が通っているかどうかとても神経質なことでした。

オムレツなどの卵料理って、ふわっとした半熟が美味しかったりしますよね。
私は、黄身が半熟の目玉焼きが大好き。

なのに、うちではサニーサイドアップはありえません。きっちり火を通すため、目玉焼きは両面焼き(/_;)

肉類も、料理の本などを見ると、中がピンク色のミディアムレアのステーキとか、ローストビーフなどのレシピがあるのに、アメリカ人の知り合いはピンクの部分が完全に消えるまでしっかり火をとおします。

一度、「こういう風に料理してみたいから、教えてよ。」と言ったら、「食中毒の危険があるから家では絶対にこういう料理はしない。」って言うんです。まあ、彼女達はローストビーフ、作れないんですけどね(笑)。

日本だと、生の黄身を乗せた丼だとか、普通に食卓に上りますし、卵協会(ほんとにあるかどうか知りませんよ)から禁止令も出てないし、肉の加熱についてもそれほど神経質ではないですよね。

色々調べましたが、はっきりした理由が分からないまま、アメリカでは日本より衛生管理に神経質なのかなぁというくらいに思って、たまにこっそり半熟の目玉焼きを食べたりしてました(笑)。

でも、確かに、こんなに神経質なのに、↑と言っていた知人の一人は肉にあたって食中毒を起こしたんですよね。

理由が分かったのは、映画「FOOD.INC」を観たときです。

アメリカの、牛、豚、鳥肉は抗生物質の使いすぎで、強い耐性菌が発生し、汚染されていることがあるんだとか。やっとなぞが解けました。一時期ピーナッツバターに混入して騒ぎになったサルモネラ菌も映画の中で関連性が言及されていました。

それ以来私も卵にはしっかり火を通すようになりました。半熟のオムレツは恋しいですが、サルモネラで病院に担ぎ込まれる危険を冒してまでは食べたくありません。

だから、上記レシピの玉子炒めも、ふっくらとろりが美味しいとは思いつつ、完全に火を通したのでした。
-4 Comments
By ぶく08 19, 2010 - URLedit ]

お久しぶりです。ネブラスカはまだ暑いですか?
こちらはもう雨が降って秋です。外に出るときにはジャケットが必要です。

さて納豆…私はあまり好きではないので、コメントするのも憚られるのですが。
海外に住んでいると高級品ですもんね(手作りされてるんですよね…すごい)。
納豆食いにはご飯がつき物ですが、こちらでも日本米は高級品…なんとも贅沢です。

さて、卵、アメリカでは鮮度の問題もありますね。
昔高校で授業をしていたとき(欧米の大学に進学する生徒が多い学校でしたので)卵はナマで食べるなと口を酸っぱくして指導していたのを思い出します。
食べ物ってどこで何を気をつけて良いのか・・・本当に難しいですよね。
興味を持って情報収集することは大切ですね。

By ぶくさんへ08 19, 2010 - URL [ edit ]

お久しぶりです!
ネブラスカはまだまだ暑いと思います。
まさか、もう秋の気配でしょうか?今年は夏が短かった?
欧州は猛暑のあと急に冷え込んだみたいですね。

スウェーデンでは日本米高級品なんですね。。。
アメリカにいて、日本の食材や、アジアの食材が気軽に手に入ることのありがたさを時々感じます。たぶんこれはアメリカだから。

アメリカの卵は鮮度が悪いんですか?
それは知らなかったです。
いやに長持ちするなぁとは思ってたんですけど。気のせいか日本の卵より長持ちするような気がします。気候のせいなのかなぁ。食べ物のこと注意していきたいですね。でもまあ、適度な量をなるべくおいしく食べるようにすれば、それでいいのかなぁって。アメリカの食品産業のあり方は特別ですよね。食品というより社会問題ですものね。

By hirochotto08 20, 2010 - URLedit ]

お久しぶりです!最近やっと復活して早速遊びにきました。
ねばねば納豆丼おいしそう…。急遽今日のお昼に決定です!

フランスではアメリカはお肉を焼き過ぎというイメージが強いらしく、旅行に行った時に「お肉をレアで頼んでミディアムが出てきてもまだラッキーだから!」とフランスの友人にアドバイスを受けました。。お肉を食べまくったわけではなく特に気にならなかったのですが、住んでいてもお肉はしっかり焼いていると感じるのですね。タルタルステーキとかあり得ないのかしら??

By hirochottoさんへ08 22, 2010 - URL [ edit ]

ご懐妊おめでとうございます☆
大変でしたねーでも、必ず復活しますものね(笑)。よかったよかった。納豆手軽に手に入りますか?これ本当に美味しかったです。私も明日また作ってみようかなと思ってます。クーラーと湿気のせいか私も体が辛いです~。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。