スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物腰の強い彼女

03 27, 2008
今期のクラスに中欧から来た女性が一人います。

初めの印象からアメリカ人と較べても「物腰が強い」なあ(←どう描写してよいかわからない)と思ったのですが、議論になるたびに母国とアメリカを比較して、母国の良さを主張しアメリカ社会を批判するのです。

昨日は同じ外国人の私が聞いていても不愉快に感じました。
「アメリカの個人主義が競争を助長し、国民が生活に安心感を得られない。」という短絡的な主張で、欧州で社会保障制度が充実していると言われる国々と比較していました。

彼女の主張は一理あるかもしれませんが、個人主義や競争を「悪」とするのは極論すぎるし、小国が発展している場合それぞれ特有の利点があるからではないかと思います。大国アメリカと違い、小国がゆえに発展できる条件もあるはずです。

また、個人主義や競争が助長されるのは、社会がそれを求める状況にあるからで、日本の加熱した受験戦争や、他のアジア諸国の先進都市部の状況を例に見れば、これらのCollectivistic(個人主義の反対語です)と言われる文化の中でも、親は子供に自立心と競争力を期待すると言う調査結果が出ています。アメリカだけが特別なわけではなく、どの国においても、多くの人が好むものに対して有効であれば個人主義的になる可能性はあるのではないでしょうか。

私だって、アメリカについてイヤだと思ったり変だと思うことは(とても&かなり)沢山ありますし、そういう話をすることもありますが、母国と比較してこっちが「優」でこっちが「劣」と言うようないい方はしたくないし、するべきじゃないと自分に言い聞かせています。

そんな自分の嫌な部分を見ているようで、なぜかこの時はスイッチが入ってしまい、星条旗を背負って(←星条旗も私に背負われたくないと思うけど)、上記のような意見をへなちょこ英語で(しかもボキャブラリーがないので短縮されてしまう悲しさ)訴えました。

同じようにブラジル出身の女性も「こういう小国は気に入らなければ外国人を制限するわけだし、最高の国なんてどこにもない。私はブラジルを愛しているけど、問題だって沢山ある。」というような事を言っていました。

「そんなにアメリカが嫌いなら、いつでも母国に帰って良いんだよ。」です。

彼女の状況からして、アメリカへ移住したのはグリーンカードを抽選で得たか、難民として申請したかどちらかのはずです。彼女の言う「社会保障制度の充実した欧州の国々」で、母国民と同様の生活水準を得られるような資質や条件を、彼女が持っていないことは明白です。

彼女の母国が、のんびり平和で競争がなく、日々家族・地域のつながりを大切にして暮らしているのは、旧共産主義下で第一次産業が主要の地域の特長とも言えると思います。そういう生活にはその良さがあるのは分かります。しかし、彼女がそれに満足だったならばどうしてアメリカに来たのでしょう。

激しい内戦で苦しみ、凄惨な浄化を免れるためにアメリカに来たのでは?そして受け入れてもらったのではないんでしょうか。

それにしても、アメリカ人クラスメイトの反応は興味深かったです。
湯気マークが立っている私と違い、みんなこういう状況(人?)に慣れているのかなんなのか、別に気を悪くする様子もなく、平静そのもの。彼女に対して、一人の女性はニヤニヤしながら「アンタ文句言う相手間違ってるわよ。」もう一人の男性は「キミが頭いいのはわかってますよ。」

一枚ウワテ?

Previous: Acorn Squash

Next: 春のパスタ
-4 Comments
By Ziggy03 27, 2008 - URL [ edit ]

きっとその彼女はアメリカに何かをとても期待して移民してきたのに、なんでもかんでも思い通りにならないのがきっと期待を裏切られたような気になったのかな?
どの国にもプラス、マイナスはあるんだから一概に非難ばっかりするのはどうかと言う感じですね。私もネガティブな言動ばっかりの人にはうんざりします。
実際に前の同僚でフィンランド出身の人がいて、ご主人がグリーンカードに当選して夫婦でUSに移民してきたんですが、アリスさんのクラスメイトの女性と似たような考えの持ち主で結局は引き上げて国に帰っていきました。

By アリス03 27, 2008 - URL [ edit ]

☆Ziggyさん
母国を愛する気持ちは誰にでもありますよね(そうじゃない人もいるかもしれませんが)。また外国で暮らしていれば誰だって嫌な事ぐらいありますよね。こういうタイプの人確かに時々聞きます。自分が損するだけでしょうね。

By panipopo03 28, 2008 - URLedit ]

私もZiggyさんが言っていることに一票。きっと期待し過ぎて、ガッカリしたことがあったんでしょうね。

アメリカ人は自国至上主義というか、愛国心が強いから、バッシングには慣れていて、してもらってこそなんぼ、って思ってますよ。されるということは、それだけよその国から期待されているということですものね。

By アリス03 28, 2008 - URLedit ]

☆Panipopoさん
なるほど、ということはアメリカはまだまだ期待される国って事なんですね。私自身は何の期待もなくやって来たので、不愉快なことがあっても「はー噂どうりだ!体験しちゃったよ」という感じでしたから。
アメリカ人ってそういう風に考えるんですね、参考になりました。建設的な意見ならまだしも、私なんかはつい他人の祖国をけなすなんてどうかと思ってしまいます。メンタリティの違いなんでしょうね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。