スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化と水不足について私ができること

04 11, 2008
日本に住んでいたときは水不足を身近に感じることはありませんでした。
地球温暖化や世界的な水不足が問題であることは知っていても、個人としてできることがそれほどあるわけではなく、「きっと世界の優秀な人たちが何とかしてくれるよね。」なんて(すごい他力本願!)漠然と思っていました。

でも、アメリカに来てから周囲の友人が理系ばかりなせいもあり、地球温暖化と水不足の話がよく話題にのぼるようになりました。彼らは州内の自然と接する機会が多いので、水資源の減少を痛感しているようです。

ネブラスカにはPlatte川という川が動脈のように流れていて、Marshと呼ばれる湿地や沼、湖が草原地帯に美しく散在しています。それらは、野鳥にとっても最高の生息地です。

ところが、この水辺が毎年毎年消えていくというのです。地図を頼りに車を走らせ、たどり着いても焼け跡のような草地があるだけ。友人達が、去年はあった湖が消えたとも言います。大きな湖も少しづつ縮小。

約50年前のPlatte川の写真を見て驚きました。川幅数百メートルはあるかと思われ、まるでアマゾン川のよう。開拓者が船で航行したのが納得できます。現在のPlatte川は歩いて渡れる程の浅瀬、中州が多く、草がぼうぼうに生えていて、Sandhill Craneの休息場所を奪っています。水源の水量減少や、上流地域の人口増加、灌漑などが減少の理由とされています。原始の湿原のうち75%は農業やその他の目的で消滅したそうです。

乾燥した地域に広大なとうもろこし畑。

巨大なピボットと呼ばれる散水機で、大量の水を散布しますが、夏季の灼熱時にはかなりの水が地面にたどり着くまでに蒸発するように見えます。

最近は、エスノという石油に代わる代替燃料の原料にとうもろこしが使用され、この辺りにも工場を見かけます。エスノについて詳しく知りませんが、世界には飢えに苦しむ人がいるのに、水不足で食物価格が高騰しているのに、その食物を自動車の燃料にするなんて。。。。天罰が下りそうに感じるの私だけでしょうか。

映画もあるので、アル・ゴアさんの活動については皆さん良くご存知だと思いますが、私などには彼の話はとても啓発になります。

これはTED conferenceという会議での世界をリードする人たちの講和がwebで見られるサイトなのですが、おすすめです。http://www.ted.com/index.php/



EQ(エモーショナルインテリジェンス)の著書で有名なダニエル・ゴールマン氏の講和のなかでも次のように述べられていました(正確に聞き取ったか自信がありませんのでその点はご容赦!!)。

「IQが高ければEQも高いと言うことはない。Compassionとは例えば、コンピュータースクリーンから目を離して、相手の話をきちんと聞けると言うこと。例えば、そのTシャツを中国の工場で製造してるメーカーが汚水をどう処理しているか、インターネットで調べて環境を汚染していると思ったらそのTシャツを買わないこと(繊維産業の汚水はその地域の子供の白血病と因果関係があるとのこと)。そうやって人の痛みを感じ取れること。」

同じような趣旨の話をロバート・ベイツマン氏も、ジェーン・グダール女史もしておられました。「商品を手にとって、なぜそれがそんなに安いのか考えて見ましょう。遠く異国の地で生産された商品がそんなに安く手にできることがおかしいのです。その商品が環境を破壊する状況で生産されていないか、適正な報酬が払われているのかを考えて見てください。少しお金を出して、商品を選ぶことが環境保護にもつながるのですよ。」と。

アメリカに来る前は、漠然と環境への意識はアメリカのほうが進んでいるのではないかと思っていました。でも、例えばネブラスカの私の住んでいるアパートには棟毎に3m四方ぐらいの巨大なゴミ箱が2つ設置してあり、ゴミはすべて一緒です。それこそ小型の家具が投げ込まれていることもしばしば。もちろん生ごみもビンも缶もペットボトルも一緒。リサイクルサイトがあるにはあるのですが、遠いし、忙しい人達が手じかに利用できる感じではありません。

私も、だんだん慣れてきて、「ふーん。まあ楽だね。」とゴミを捨てていました。
家計を考えたら安い商品に手が伸びるのも当然だと思います。

「日本はなんでも過剰包装で贅沢な国だ!資源の無駄遣いだ!」と思っていましたが、実は日本の省資源努力度はかなり高く、エネルギー効率度は限界値に近づいているという記事を目にしました。そもそも、日本のCO2排出量は数%に満たないので、量的には最大の排出国に負うところが多いとも聞きますが、問題はもちろんそれだけではないようです。

私ができること、スーパーの袋を使わない、できるだけ化学製品を使わない、いらないものは買わない、食べ物を無駄にしない、綺麗なパッケージ楽しいけど手土産は風呂敷方式で持っていく、環境意識の高い人(政治家?)を支持する、情報に注意を払う、 などなど大したことはできませんが心がけて行きたいなと思うのです。

私が感じたことや考えたことはあくまでも私個人の理解の範囲なので、誤った記述もあるかもしれません。長い文章になってしまいましたが、前から書きたかったことなのでうれしいです。
読んでくださってありがとう!
-8 Comments
By まーすぃ04 11, 2008 - URLedit ]

私もアルゴアさんの映画を見て結構衝撃をうけたの!!

で、自分で身の回りで努力できることをやらねば、地球は大変なことになる!!って思ってる。

理系の人だともっとデータとか身近にあるから色々理解が深いんだろうな。

新燃料にとうもろこし。。。、ピンとこないけど、とうもろこし最近高いよ~どうしてかな~~コーン大好きな我が家、コーンの高騰は悲しいかも・汗。

でもね、とうもろこしの燃料VS太陽とか風パワーVS原子力発電だったら、やっぱり、原子力発電と違う道を模索してもらいたい、っていう気持ちもあるんだよね。原子力発電が危険ではないかもしれないけど、やっぱり自然が一番かな、って。

応援ポチポチ

By アリス04 11, 2008 - URLedit ]

☆まーすぃさん
エスノの話はニュースで聞いてたけど、エスノの工場がネブラスカの郊外に出来ているのを見てショックでした(T_T)
ブッシュがこの方針を発表して、南米のオレンジ農家がコーン栽培に転換したため、日本でもオレンジジュースの値段が上がったし、コーンの投機的価値が上昇して値段が上がっていると聞きました。
外国に住んでいる私たちにはそのうち日本米なんて高価で口に入らなくなるかも。現にヨーロッパでは米の値段が上昇しているそう。
日本の技術力をこういう分野で生かして欲しいです!!!とっても期待。

By ロッキン04 11, 2008 - URLedit ]

う~ん、考えさせられる問題だね~ 
地球の温暖化って、エコ問題が大きく関わってきてると思うし、まずは、自分たちでできることからしようって私も思ってる。

今の時代、ものがありあまって過ぎちゃってるから、そのありがたみも感じないんだよね・・・ で、でたゴミはぽいっだもんね。

科学的なことは私はよくわからないけど、こういうことを1人1人が考える、これがまず大きな一歩なんだよね~

今日のブログは、ほんと考えさせられる内容で、応援ぽちぽちだよ~ 
世界にもっともっとお友達つくろうぜ~!!

By Ziggy04 11, 2008 - URLedit ]

実は夫が水資源の研究所にいるんですが、アリスさんの仰るとおり、かなり深刻のようです。
本当に会社が利益ばかりを考えるだけでなく、生産にかかわってくる汚染問題をも深刻に考えて、そして個人がそれぞれ気をつけないと解決できない問題ですよね。
今いるアパートもゴミは燃えるゴミと燃えないゴミにわけるコンテナがあるだけで、日本で6種類のゴミに分けるのに慣れてしまった今は こういうふうに2種類に分けるだけなのはなんだか罪の意識さえ感じます。
話はそれますが、サテライトとかで地球を見たとき、夜中にきらびやかに見えるのが日本らしいです。 夜も遅くまでオフィスで仕事をしてるって事もあると思うんですけど これも考えものですよね。
自分達が住む地球なんだから 自分で出来る範囲で貢献したいですね。

By アリス04 11, 2008 - URL [ edit ]

☆ロッキンさん
そうそう、個人として出来る事ってそうないかもしれないけど、宇宙船地球号(ってこの表現かなり古いような。。)の行く先を見て進みたいですよね!ブラックホールに向かっているとしても(^◇^)
アル・ゴアさんも言っていたと思うのですが、知ることが変える力につながると思いたい!現にロッキンさんのそういう気持ちもお嬢さん達にだって伝わるはずだし。

By アリス04 11, 2008 - URL [ edit ]

☆Ziggyさん
ゴミの分別私も罪悪感を感じてたんですよ!でもペットボトルのリサイクルなんかは消費エネルギーが高いと聞いたこともありますし、なにが正しいのか知るのって本当に難しいと思いませんか?CNNなどを見ていてもメディアの取り上げ方一つで事実と違う(または一面だけを強調する)印象を簡単に作り上げることが出来るのを実感します。
私も話はそれますが、サテライトで感知されてしまうほど働いている日本人って働く分だけ報われているのだろうかと最近思うことがあります。世界に名だたる長時間労働国なのに、トヨタの社長さんの年収予想をみて「へ?」と思いました。日本の社長は世界の社長の中でも低所得だという記事を目にしましたが、それもどうなんでしょうね。

By panipopo04 12, 2008 - URLedit ]

アメリカって案外と問題ありですよね、まだまだ。。。豊かな国+広大な国ほど、国民を啓蒙するのはものすごく努力がいると思いますよ。日本はニュースで見る限り、企業が頑張っていると思います。この間も2つのコンビニチェーンがやはり省エネ+資源節約のためにやることを説明してました。そして確かライトの節約のために違うタイプを導入したらしいです。

これからの地球、たぶんどうなるかは不明だけれど、長く存続はしてもらいたいですね~!これって、1国が頑張っても全然ダメだから。。。せめて各国がヨーロッパ諸国ぐらいに啓蒙されるといいですね。

By アリス04 12, 2008 - URL [ edit ]

☆Panipopoさん
いらっしゃいませ!そうそう、さすがpanipopoさん、同感です。日本人ってメディアや旅行産業のせいか、事実以上にアメリカを良く思っている人多くないですか?
いきなりアメリカの中西部、しかも最も保守的と言われるネブラスカに来て、一般的なアメリカ人の生態(?)が、今まで情報として得ていたアメリカ人の姿とかなり違うことに驚きました。
でもこういう人たちが大多数であって、アメリカ人らしいアメリカ人なんだろうなと思うようになりました。
アメリカって「大いなる田舎」「大いなる島国」中西部などは「世界から最も遠い場所」と言われる所以に同感です。
ヨーロッパも諸問題を抱えていると思いますが、彼が同じことでも欧州のニュースで報道される内容とアメリカ国内で報道される内容が違う、と言っています。国民を盲目にしないで欲しいです。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

アリス

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。