スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go! Go! West! その5

05 11, 2008
まだまだしつこく続きます、鳥シリーズ。
今は鳥さんも春を謳歌して、結婚相手探しと子作り巣作りに忙しいので、Birderにはたまらない季節なんですね。

まずはBaltimore Oriole。
辞書を引くとボルティモア・ムクドリモドキ/米国メリーランド州の州鳥、とありました。
綺麗なオレンジですよね!

横顔。
DSC_1285.jpg

背中が見たかった!
DSC_1287.jpg

そして、これは野鳥ではありませんが、なんとエミュー牧場に遭遇!
食用だそう(@_@)。
しかしこの鳥、私達を見かけるとわらわらと寄ってきて、柵から覗く覗く(^◇^)
人懐っこいの?と思ったら、どうも反対らしい(^^)
かなり攻撃的らしく、くちばしでつつかれるか、足でキックされるそう。

「なんだなんだ~。」ドッドッドッドッド~。
DSC_1243.jpg

「つつくか?キックか?」
DSC_1244.jpg

こんなに親しげ(?)な鳥は初めて。
しかし、キックで鍛えたあんよも食べられちゃうのね(私、残酷?)
こんな生き物まで食べる必要あるのかなって気もするけど(@_@)

-7 Comments
By panipopo05 12, 2008 - URLedit ]

エミュって食用なの?
知らなかったよ~!ダチョウも食べるから、エミュも食べちゃうのね。。。(私は遠慮していくね~^^;)
ネブラスカにはカラフルな鳥が多いんだと思ったけれど、実際はどうなのかな~!?

By bbwan05 12, 2008 - URLedit ]

エミュの肉食べたことあります。 臭みがなくて柔らかかった記憶があります。 

日本でも鳥インフルエンザのこと騒いでますが、アメリカはどうですか?
私は3年前はタイ、バンコクにいたのでもう大騒ぎでした。 鶏肉が店頭から消え、ドッグフードもその影響がでて店頭から消えたことを思い出しました。
チェコやスロバキア、ハンガリーは羽毛布団用のグースがインフルエンザになったと聞きました。 

By アリス05 12, 2008 - URLedit ]

☆Panipopoちゃん
私も知らなかったけどそうらしいよ。高級肉でレストランとかで出されるんだって。
私も、カモくらいでいいよ、食べるのは(^^)
カラフルさは南の国にはかなわないと思う。南米旅行したいです(^◇^)

☆bbwanさん
お、さすが欧州。欧州の方が色んな鳥を食すようなイメージがあります。
エミュー生きてるお肉も柔らかそうでしたよ(^^)

アメリカでは鳥インフルエンザに関して一般的な関心は薄いと思います。まだ被害も発見されていないと思う。
でも、医療関係者の友人などは人対人の感染がはじまれば、今のアメリカの状況では一貫の終わりと言います。
bandingと言って鳥の生態を調査するために足に金属輪をはめるのですが、今年は州立大学の夏の鳥類学講座で、bandingが許可されなかったようです。政府の規制なのか、大学の自主規制なのかはわからないのですが。。。

By ロッキン05 12, 2008 - URLedit ]

うほっ、待っていたよん、第五弾!!

エミュのお肉、オーストラリアいった時に食べた記憶が・・・σ(^^) でも、そんなまた食べたいっては思わなかったっけ。あはは。

コメレスね。
ワッフル、これだけあったけど、一気に消えたよ。あはは。きっとアリスちゃんがいたら、取り合いになっていたかも!?(^◇^)
アリスちゃんのコメは私まで心ほんわかするよ。ありがとうね!

By クリスタル05 12, 2008 - URLedit ]

エミューって食べちゃうんですか?!!
美味しいのかなぁ・・・。
わざわざエミューなんて食べなくってもねぇって思うんだけど。^^;
ブルティモア・ムクドリモドキ、可愛いですね~♪この前の鳥さんの逆バージョンですね。
オレンジ系の鳥はこちらではほとんどみかけないんです。
とっても鮮やかでキレイですね~★

By cosdina05 12, 2008 - URLedit ]

人懐こいエミュー、食用なんですね…
人懐こいだけに、微妙な感じが^^;
でも食べちゃうんですね~。
ワタシはきっと無理ですぅ(≧д≦)

オレンジがキレイな鳥!
こういう鳥はこの辺りにいません~☆

By アリス05 12, 2008 - URL [ edit ]

☆ロッキンちゃん
エミューってダチョウに似てるよね?ダチョウファームが日本にあるって聞いた様な気がするんだけど。うーん、でも食べなくっていいや私も(^◇^)
なんだか髪の毛がダチョウヘアになりそう。。。
昔こういうはげ方の上司がいて、「ダチョウ」って呼ばれてたの。エミューを見て思い出したのは彼のことだったわ。

☆クリスタルさん
そうそう、卵も食されるそうですよ。写真は撮り忘れましたが、鳥舎の隣にお一人様1箱のプラスチックのおうちがずらーっとあって、巣(卵を産む場所?)だとか。。。
オレンジ系の鳥フロリダにいないですか?でもカラフルな鳥がいそうに思うんですけど。。。

☆cosdiaさん
人懐こいと私も勘違いしましたが、キックされたら骨折しそうですよね(^^)
食べたらたたられそう。。。
えー?えー?ドイツにはカラフルな鳥はいませんか??北米よりは種類が多そうなのに~。欧州のほうが鳥の調査に携わる人は多いように思います(違うかも)。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。