スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Banding at Spring Creek その1

05 18, 2008
みなさんBandingってご存知ですか?
簡単に言ってしまうと、鳥を捕まえては、データを取り、足に金属の輪をはめて放すことです。
もちろん目的は鳥の生態調査です。

日本のことは知らないのですが、欧州では広く行われていて、北米ではあまり実施されてないようです。政府の許可が必要で、勝手に野鳥を捕まえるとお巡りさんに逮捕されます。
また、アメリカンボールドイーグルなど特別な鳥を調査するにはまた特別の許可が要るそうです。

この日はアメリカの高校生(♡♡)が野外授業でSpring Creekという自然保護地区(アメリカの原始の草原が保存されています)にやって来たので、私の同居人が鳥の調査とBandingについて説明をしました。

右側に黒っぽいネットが見えますか?これが捕獲ネット。
奥の方では同居人が高校生とともに犠牲鳥を回収中。

DSC_1389.jpg

こんな感じで、鳥さん絡んじゃうんですね(^^) 怪我はしないのでご安心ください。
みんな「いや~ん♡」なポーズで回収を待ちます。

DSC_1381.jpg

こうやって体重測定されちゃったり(^◇^)

DSC_1378.jpg

握られちゃったり(^◇^)

DSC_1390.jpg

持つにはコツがあって、うまく持てば大抵大人しくなります。
これはWestern Kingbird。美しいです~。

DSC_1385.jpg


「はなせ~つっついてやる~~怒る」とご機嫌斜めの鳥さんも。
あ、これはWhite-Breasted Nuthatch(ナットハッチ)です。上とは別の鳥。

DSC_1416.jpg

ちなみに、すずめにつつかれるぐらいは平気ですが、ちょっと大きいこれくらいの鳥になると痛いです(^◇^)
きつつきにつつかれると血が出ちゃうこともあるらしいです(同居人いわく)。
同居人はきつつきにつつかれても平気です(つつかれ強いです)。

私も彼のBandingによくついていきます。
結構面白いんです。
野鳥って目の前でしげしげと見ることって難しいし、まして触ることは出来ないのでちょっと貴重な体験♪ 彼がBandingを終えたあと、しばらく手に持って眺めて、満足したら空に放つのが私の仕事。
重たい道具を担いだり、溝に入ってネットを張ったり、大変な仕事はしないの♪(←役立たずとも言う)

それにしても同居人のうれしそうなこと!
子供達は、鳥を初めて間近で見て、手に持ってみたりして、大喜びです。
同居人は子供が自然に興味を持つのがうれしいんですね。
久しぶりに、なんだかいい人みたいに見えました(おいおい^^;)。

次回は今回捕獲したその他の新種の鳥さんをUPしたいと思います。

現在sandhillで野鳥観察サバイバル旅行中です(^^)
コメント欄は閉じさせていただいています。
Profile

Author:アリス
北米アメリカ・ネブラスカな暮らしをいろいろ。チェコの人とのひぐらし。

Nebraska Time
Recent Entry
サイト内検索
Recent Comment
Stuff I'm liking

過去に記事にした本・私の好きなもの

アリスの部屋 by Amazon
Category
月別アーカイブ
08  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12 
Sites I like
Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ人気ブログランキングへ
RSSフィード
Thank you!
Since Dec 2007
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。